SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

小樽運河やおたる水族館、人気のお寿司屋さん…日本のみならず、世界中から観光客が訪れる人気の観光地、北海道・小樽市には魅力的なスポットがたくさんあります。

そんな小樽市内にある消火栓がカラフルなのはご存じでしょうか。

小樽市は、全国的に見ても珍しい消火栓の色分けを行っており、赤・青・黄を組み合わせた5つの消火栓があります。数年前、小樽市で街歩きイベントに参加したときに初めて知り、当初は「観光地だから特色を出しているのかな?」と思っていました。

励ましの坂に地獄坂…「坂のまち」小樽

小樽市は市街地の方まで山が迫っており、「坂のまち」とも呼ばれています。街を車で走ると、住宅街も高低差のある場所にあることが感じられます。

市の公式ホームページを見ると、地元でも勾配がきつく有名な坂道が紹介されています。「励ましの坂」という名の坂は坂下から頂上まで904メートルあり、標高差は83メートル、最大斜度は24パーセント(22パーセントという説もあります)。徒歩では約20分かかるという、ちょっとした登山の心構えで挑まなければならない難所です。このほか、地元校・小樽商科大学の学生にはおなじみの「地獄坂」という何とも恐ろしい名前の坂もあります。

地獄坂

東京で過ごしていた大学生時代、小樽市出身の同級生が「坂が多いから自転車を持っていないし、ほとんど乗らない」と言っていたのですが、北海道に住んで小樽に行ったときに、ようやくその言葉が理解できました。

天狗山から見下ろす小樽市内

このような地理的条件から、市では安定した水を市民に供給するために配水池などを設置。40もの配水の系統から延びる配水管に消火栓が接続されています。

船見坂。看板に傾斜が描かれています
次のページ
なぜ?カラフル消火栓誕生のきっかけ...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…