MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
裏馬場(串焼き/北品川)|北品川でジビエも扱う串焼き、炭火焼き料理専門店

裏馬場(串焼き/北品川)|北品川でジビエも扱う串焼き、炭火焼き料理専門店

北品川にある、串焼き、炭火焼き料理専門で、焼鳥や干物のほかにシカ、キジ、イノシシといったジビエ肉や、ウサギ肉も安価で楽しめる珍しいお店。ジビエというと少しクセが強い肉を想像しがちだが、意外なほど口になじむ。

perm_media 《画像ギャラリー》裏馬場(串焼き/北品川)|北品川でジビエも扱う串焼き、炭火焼き料理専門店の画像をチェック! navigate_next

裏馬場(最寄駅:新馬場駅)

特にシカ、イノシシは、和歌山県の古座川から届くもの。牛や豚とはまったく異なる風味が味わい深いので、ぜひお試しあれ。

ジビエ串(シカ)
各種250円~

奥からシカのレバー(280円)、ハツ(250円)、タン(250円)、モモ(280円)。コクがあるのに臭みを感じず美味。レバーは希少で、無い日も多いとか

(左から)ウサギ、イノシシ、キジ
各280円~

左、「月とうさぎ」という名の串(290円)。ウサギは鳥肉のような味と食感。中央、イノシシのバラ(320円)。脂が一切くどくなく、豚よりも上品で驚き! 右はキジもも(250円)。肉の風味が濃く、ネギがさらに引き立つ

裏馬場

■裏馬場
[住所]東京都品川区北品川2-4-17
[TEL]03-6433-2655
[営業時間]月~金 11時半~14時半LO、月~木 17時~24時(23時LO)、金17時~翌3時(2時LO) ※ランチタイム有
[休日]日
[席]1階/カウンター9席、テーブル12席 2階/完全個室のお座敷2部屋(1部屋15席)計51席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通290円
[アクセス]京急本線新馬場駅北口から徒歩3分

電話番号 03-6433-2655
2017年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ときおり串を返しながら、店主の児玉昌彦さんが熟練の手つきで焼き上げていく。枝ものの備長炭を使い、いい加減に煙をまとわせる。
総ひのき造りのコの字カウンターの中央には、ねじり鉢巻をキリリとしめた若き大将が。席はすべて焼き場から目の届く距離にあり、大将自らが熱々の串を供してもてなす。
「アイドルに会える串カツ田中」がアキバ(東京・秋葉原)にオープンしたらしい……!噂を聞きつけ、『おとなの週末』編集・武内、ライター・カーツが早速行ってきました。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
L字形の重厚な一枚板カウンターに、棚に並ぶグラスが暗闇の中で浮かび上がるような照明。2019年8月14日に開店したこの店では、そんなドラマチックな空間の中で焼鳥コースを楽しめる。
最新記事
香ばしくローストした国産鶏のガラやモミジでとった塩スープのラーメン&つけ麺が看板。餃子類は2人前をテイクアウトすると1人前がサービスになる。
焼きとんを楽しむうえで、安く手軽なチェーン店もまた選択肢のひとつ。ここでは関東で人気の焼きとんチェーン3つを徹底比較。調査の結果、それぞれの色が見えてきました。
サラリーマンで賑わう新橋の駅ビル地下街にあって、店の風貌もいかにもザ・居酒屋。なのに、日本ワインの専門店というギャップがイイ!
焼きとんの店は数あれど、ホントに美味しい店はどこにあるのか。都内各地のやきとんが食べられるお店を調査。安くて美味しい、コスパ抜群の間違いない名店を集めました!
「マッコリがすすむ韓国のおつまみ」をテーマに、「チェユッ(茹で豚)」や「チャルラ(牛ホルモンやスジ)」など現地の居酒屋の定番が揃う。韓国の食文化を受け継ぐ「ジャン 焼肉の生だれ」でおなじみの『モランボン』が展開する。
get_app
ダウンロードする
キャンセル