MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
源五郎(日本料理/大沼)|大沼牛にわかさぎ地のものを肴に一杯

源五郎(日本料理/大沼)|大沼牛にわかさぎ地のものを肴に一杯

創業約50年。大沼公園を訪れる人に、界隈でも昔から愛されている郷土の味を楽しめる店。

perm_media 《画像ギャラリー》源五郎(日本料理/大沼)|大沼牛にわかさぎ地のものを肴に一杯の画像をチェック! navigate_next

源五郎(最寄駅:大沼公園駅)

緻密な肉質と適度な甘みを感じさせる「大沼牛の陶板焼き」や「わかさぎの筏焼」は必食。大沼公園散策を充分に楽しんだあとに、遅めの昼食でゆっくり楽しんでもいい

大沼牛陶板焼き
1300円

陶板焼きは、玉ねぎやかぼちゃ、ピーマン、シメジなど、野菜にも旨みがしみて美味! じっくり火の通った大沼牛は柔らか

大沼ビール<ケルシュ>
780円(各種とも)

わかさぎ筏焼、じゅんさいの酢の物
380円、650円

軽く甘辛い味の付いたわかさぎの筏焼といい、とろっとした独特の口当たりのじゅんさい酢の物といい、思わずビールが進む

じゅんさいそば
900円

えび天も入った「じゅんさいそば」。すきっとダシの利いたツユにじゅんさいともずくの食感が合わさって美味しい

源五郎

北海道亀田郡七飯町大沼町145 [TEL]0138-67-2005 [営業時間]11時~15時 ※ランチタイム有   [休日]水 [席]テーブル16席、座敷12席 全28席/原則禁煙(他に客がいなければOK)/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]JR函館本線大沼公園駅から徒歩1分

電話番号 0138-67-2005
2017年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
日光連山の雪解け水で仕込む“日光豆冨”が主役のとうふ料理専門店。定番人気「青竹膳」の初見の感想は、「この量で足りるかな?」。
ミシュランで一ツ星を獲得している高級割烹。2代目・中嶋貞治氏が継いだときに、市場での長年の付き合いから通年新鮮なものを提供できるということで、イワシを使ったランチを始めたという。
曲げわっぱの蓋を開けた途端、湯気と共に磯の香りが立ち上る。これが大正13年に創業した老舗の自慢の深川めしだ。
東京が誇る江戸料理のひとつがねぎま鍋。7年前の開店当初から、この鍋を看板に据えたのが荒木町の路地裏にあるこちらの名割烹だ。
ひとり用の釜に入れたご飯を供する、いわゆる「釜めし」の元祖。大正15年(1926)、初代・矢野テルが関東大震災の被災経験から炊きたてのご飯をふるまうことを思いつき、小さな釜を特注して生まれた。
最新記事
端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカレーが美味しいお店をご紹介します。
創業昭和25年の老舗。メニューにレシピはなく、先代の仕事ぶりを見て覚えた味を提供している。
「鯖街道」を有する福井県若狭地方で新たなブランドサバが誕生していました。こだわりと愛情がたっぷり詰まった「よっぱらいサバ」に出合うため、サバジェンヌが福井県までやってきました。
端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカツ丼が美味しいお店をご紹介します。
東京・表参道にある新潟県のアンテナショップで、食欲がそそられる一品を見つけました。老舗蒲鉾店「竹徳かまぼこ」の人気ナンバーワン「煮玉子しんじょう」です。丸いしんじょうをふたつに割ると、とろとろの半熟玉子が現れました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル