MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
肉料理 それがし|牛肉はA5ランクの黒毛和牛が中心!日本酒に合う肉料理(肉料理/五反田)

肉料理 それがし|牛肉はA5ランクの黒毛和牛が中心!日本酒に合う肉料理(肉料理/五反田)

酒場、鶏料理など五反田、恵比寿で展開する人気店『それがし』が、5軒目となる店舗を5月8日に開店。ビルの2階にあるが、一見どこにあるか迷う。

肉料理 それがし(最寄駅:五反田駅)

ふと見上げれば、縄で結ばれたロゴの看板が見える。これが目印。細い階段を上がった左手にあり、隠れ家とはまさにこのこと。 こちらでいただけるのは、A5ランクの黒毛和牛を中心とした肉料理。希少部位を惜しげなく使い、山椒醤油や牛ダシなどを用いて和に仕上げる。 肉料理に合わせるのは、日本酒。酒屋出身で蔵元に精通する“飲まし手”の山本貴文さんが厳選。料理の味を引き立てるよう、提供時の温度にこだわる。常温以上がオススメだ。 店内はカウンターから半個室まで配した落ち着いた雰囲気。デートや接待で使えば一目置かれることだろう。

黒毛和牛のしゃぶすき
四枚3600円

肉はザブトンを使用。風味が香るダシにサッとくぐらせ、黄身と混ぜる濃いめのタレにつければ、肉の上品な旨みがジュワリ

ローストビーフ 卵黄ダレ
1200円

内モモを使用し、生ハム用のスライサーでカット。極薄ゆえ醤油ベースの卵黄ダレによく絡み、見た目以上にペロリと食べられる

黒毛和牛 カイノミ 泡醤油と粒マスタード
3400円

厚さ約2.5cmのカイノミに、酸味とコクが絶妙なバランスの泡醤油が口中で広がる。そのあとをマスタードの香りが抜けていく

日本酒
グラス800円、1合1300円~

常時50種以上を揃える。白いボトルの「英雄(ひでお)」は『それがし』プロデュースの純米にごり酒。酸味が強すぎず、あと口スッキリ

肉料理 それがし

東京都品川区西五反田1-4-8 202 [TEL]03-6420-3092 [営業時間]18時~翌1時 [休日]日・祝(9月より無休) [交通アクセス]JR山手線五反田駅西口から徒歩1分

電話番号 03-6420-3092
2017年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
客はそれをネギのタワーともチョモランマとも呼ぶ。看板「葱豚しゃぶしゃぶ」のネギのことである。
牛タンの花に心も浮き立つ。均一の見事な薄さに手切りした"花びら"は1頭からわずかしか取れないタン元を使う贅沢なひと皿だ。
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
世界700店以上で愛されている「本格薬膳蒙古火鍋しゃぶしゃぶ」が楽しめる。スープがとにかく秀逸で、看板メニューでもある「麻辣紅湯」は花椒が利いていて、旨みが深くクセになる味。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt