MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
池袋で指折りの老舗喫茶店で食す素朴なウマさのナポリタン|フラミンゴ(喫茶店/池袋)

池袋で指折りの老舗喫茶店で食す素朴なウマさのナポリタン|フラミンゴ(喫茶店/池袋)

池袋駅西口を出てすぐの好立地で、半世紀も前から営業を続けるこの街でも指折りの老舗喫茶店だ。店内に入ると、そこにはビルの地下とは思えないほど広々とした空間が広がっている。

perm_media 《画像ギャラリー》池袋で指折りの老舗喫茶店で食す素朴なウマさのナポリタン|フラミンゴ(喫茶店/池袋)の画像をチェック! navigate_next

フラミンゴ(最寄駅:池袋駅)

熱帯魚が泳ぐ老舗で食す素朴なウマさのナポリタン

まず目に飛び込んでくるのが、店内の中央に設置された巨大な水槽。優雅に泳ぐ熱帯魚を愛でながら、ゆったりと過ごす時間は格別だ。食事メニューも超充実。定番のオムライスやカレーをはじめ、喫茶店としては珍しい中華丼や麻婆茄子丼も用意しており、これらはなんとワンコイン! 一番人気がナポリタンで、ホールトマトやトマトジュースを煮詰めた自家製ソースで、ソーセージやピーマンなどの具材と共に茹でたての麺を炒めていく。あっさりとした素朴な味わいが後をひき、フォークを口に運ぶ手が止まらなくなること間違いナシ!

ナポリタン
700円

ミックスチーズも一緒に炒めて、あっさりとしたなかにもコクや香ばしさを生んでいる。最後にフレッシュトマトをトッピング。大盛りも無料だ。15時までのランチタイムはドリンク付き(15時以降はアイスコーヒー500円)

サンドセット
750円

写真の玉子&野菜の他にも、ハム、ツナの4種類から2種類を選べる。玉子は注文を受けてから焼くオムレツスタイル(15時以降はブレンド500円、サンドウィッチ550円)

フラミンゴ

■『フラミンゴ』
[住所]東京都豊島区西池袋1-15-9 地下2階
[TEL]03-3986-0988
[営業時間]10時~21時(20時半LO)※ランチタイム有
[休日]年末年始
[座席]テーブル125席/分煙/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし
[アクセス]JR山手線ほか池袋駅西口から徒歩1分

電話番号 03-3986-0988
2017年7月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
築地市場駅から朝日新聞本社の表玄関から裏へ通り抜けると、新館(築地浜離宮ビル)が見えてくる。新聞社や市場で働く築地の人々に40年間、愛され続けている老舗で、開店時から変わらぬ味のナポリタンはファンも多い。
喫茶店で欠かせないフードメニューといえば、トーストやサンドなどのパンもの。朝はもちろん、昼でも、店によっては夜でも食べられる”がっつり系”をご紹介!
プリンアラモードやパフェ、オムライスにハンバーグ……昭和を感じさせる昔ながらの喫茶店でありながら、美味しい食事も多彩とあって、何を楽しむか迷ってしまう。が、ここに来たら、やっぱりこれ、ナポリタン!
何でもない風貌なのにやたらと人気を集めちゃうやつ、学生時代のクラスにもいませんでした?それがこの店のナポリタン。
使い込まれたカウンター。40~50回は出かけたという海外旅行で購入したお土産などが所狭しと飾られ、JBLのスピーカーから心地いい音圧でジャズが流れる。
最新記事
昭和22年創業の餅菓子店の店内でいただけるのは、抹茶が主役のかき氷だ。メニューは抹茶のグレードにより普通・特選・極上に分かれ、氷は山梨県の天然氷・蔵元八義を使用。
「山」という象意を持つ八白土星が司る8月は、私たちの前に突如「山」が立ちはだかる。「山」は「目標」や「夢」「理想」の象徴だ。山を見上げワクワクする人、ビビる人、登っていくのはあなた自身! 「山登り」パワーをくれるのは、八白土星食材の「牛肉」。夏真っ盛りの8月、「牛肉」を食して目の前の山を越えていこう!
サバジェンヌお気に入りのサバ料理店のひとつ『ごっつり』グループ。その理由は、八戸前沖さばを知り尽くしたオーナーが考案した珠玉のサバメニューに心を奪われているから。2021年4月にオープンした浅草橋のお店もまた至極の逸品揃い。その数々をお届けします。
コンベクションオーブンでふわっふわに焼き上げられた、ほかほかのチョコレート生地のスフレパンケーキにたっぷりのるのは、口溶けがなめらかなチョコレートクリーム。風味と硬さが異なるカカオ67%と70%のチョコチップを入れて、食感も絶妙にコントロールしている。
創業元禄3(1690)年の老舗『山本山』が、4月26日にお茶専門店『山本山 フジヱラボ』を新宿髙島屋の地下1階デイリーマートにオープン。単なる専門店ではなく、抹茶、煎茶、ほうじ茶を使ったドリンクやスイーツを提供しています。一体どんな味なのか伺いました。
get_app
ダウンロードする
キャンセル