MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
黒猫舎(喫茶店/町屋)|猫好きならずとも訪れたい料理はどれもボリューム満点!

黒猫舎(喫茶店/町屋)|猫好きならずとも訪れたい料理はどれもボリューム満点!

ペーパークラフトや書籍に雑貨……店に入ると大量の猫グッズがお出迎え。ここは料理好きの店主が3年前に一念発起して開いた店で、もちろん超が付くほど猫も好き。

perm_media 《画像ギャラリー》黒猫舎(喫茶店/町屋)|猫好きならずとも訪れたい料理はどれもボリューム満点!の画像をチェック! navigate_next

黒猫舎(最寄駅:町屋駅)

 看板にもなっているハチワレちゃんは自らデザインしたもので、店のいたるところで目に入る。料理を注文すると、なんとおむすびまで!? お客が食べるのをためらわないよう、ちょっと視線をハズしているのもポイントなのだとか。これがセットになった「猫むすび御膳」は、焼き魚、鳥の唐揚げ、炒め物などたっぷりのおかずがワンプレートに盛り込まれている。お腹いっぱい食べて欲しいと、料理はどれもボリューム満点!

 手作り感たっぷりの優しい味でもてなしてくれるのが、これまたたまらないんだニャ~。

猫むすび御膳
750円

プレートに山盛りにされたこの日のおかずはホッケの干物、肉野菜炒め、鶏ムネ肉とカボチャの唐揚げ、オムレツ、サラダと栄養もボリュームも満点! 豆腐とキノコの味噌汁付きで、おむすびの具は鮭フレーク。ちなみに、この猫むすびはテイクアウトも可能なので、猫好きの人への手土産にも打ってつけ。2個セットは360円

特製ビーフシチュー
1200円

5時間かけてじっくり煮込み、牛肉もホロホロになるまで柔らかく仕上げている。オープン時から継ぎ足し作っているデミグラスソースは奥深いコクがたっぷりだ。ご飯orパンとサラダが付く

看板猫のラベルを張った自家製梅酒。他にもビール、焼酎、ウィスキーなどアルコールも豊富に揃えている

黒猫舎

写真:黒猫舎の店内写真

[住所]東京都荒川区荒川6-30-1 [TEL]03-3892-2701 [営業時間]9時~19時 ※ランチタイム有   [休日]水 [席]テーブル4席×4卓、5席×1卓 計21席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄千代田線町屋駅3番出口から徒歩3分

電話番号 03-3892-2701
2017年7月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
喫茶店で欠かせないフードメニューといえば、トーストやサンドなどのパンもの。朝はもちろん、昼でも、店によっては夜でも食べられる”がっつり系”をご紹介!
プリンアラモードやパフェ、オムライスにハンバーグ……昭和を感じさせる昔ながらの喫茶店でありながら、美味しい食事も多彩とあって、何を楽しむか迷ってしまう。が、ここに来たら、やっぱりこれ、ナポリタン!
何でもない風貌なのにやたらと人気を集めちゃうやつ、学生時代のクラスにもいませんでした?それがこの店のナポリタン。
使い込まれたカウンター。40~50回は出かけたという海外旅行で購入したお土産などが所狭しと飾られ、JBLのスピーカーから心地いい音圧でジャズが流れる。
誕生したのは日本。食べられるのはイタリア料理店ではなく、喫茶店。しかし頬張ればたちまちイタリアンな気分になれる魔法の美味“ナポリタン”の傑作集だ!
最新記事
店主・岸本香奈子さんが以前働いていたイタリアンレストランのデザートで人気だったチーズケーキ。レストラン閉店に伴い、岸本さんはこのケーキを引き継ぎたい、とこの店をオープンした。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
1977年開業のカジュアルイタリアン。一度聞いたら忘れられない店名は、オランダにある実在の地名である。
5回に渡って愛知からお伝えしてきた、この夏おすすめの極上の“冷んやり体験”。最後は、豊田市の山間部、旭地区に位置する『カントリーレストラン 渓流荘』を紹介しよう。
名古屋めしで欠かせないもののひとつといえば、きしめん。中でも暑い夏には、地元の人が“きしころ”と呼ぶ、冷やしきしめんがおすすめだ。大正12年創業。数々ある店の中でも美味しさに定評のある『宮きしめん』で味わうべく、店舗のある熱田神宮を訪れた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル