MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
CAFÉ 横濱屋(喫茶店/神谷町)|文豪も愛した店でいただく手間ひまかけたハヤシライス

CAFÉ 横濱屋(喫茶店/神谷町)|文豪も愛した店でいただく手間ひまかけたハヤシライス

昭和57年に飯倉交差点の角にオープンして以来、35年。フードメニューはハヤシライスの1種類のみで、じっくり炒めた玉ネギを主役とし、上質な国産牛と共に長時間煮込んでいる。

CAFÉ 横濱屋(最寄駅:神谷町駅)

手間ひまかけたその味は、深いコクと旨みがたっぷり。粗挽きの粉でドリップするコーヒーは香りが鮮烈で雑味がない。コーヒー党だった池波正太郎が生前よく通った店でもあり、カウンターの一番奥の指定席で、名物のタルトタタンに舌鼓を打ちながら、ゆったり紫煙をくゆらせていたという。

ハヤシライス
1200円(平日の11時~14時は950円)

玉ネギの甘みと牛肉のコクがぎゅっと凝縮した、まさに逸品だ。コーヒーor紅茶付き

タルトタタン
500円

バターが香る自家製生地に焦がしリンゴをのせたタルトタタン

オリジナルブレンド
650円

注文の度に挽いて淹れてくれる熟成コーヒー

CAFÉ 横濱屋

東京都港区麻布台1-11-2 星野ビル地下1階 [TEL]03-3586-7486 [営業時間]10時~19時、土・日・祝12時~18時頃 ※ランチタイム有   [休日]祝(不定休) [席]カウンター6席、テーブル14席 計20席/14時までは禁煙。それ以降は全席喫煙可/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄日比谷線神谷町駅2番出口から徒歩4分

電話番号 03-3586-7486
2017年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ソフトクリームには、静岡県産の本山茶の玉露をほうじて粉末状にし、練り込んでいる。そのため、ほうじ茶の香ばしさが生きている。
作り手から直接買い付けた紅茶に特化し、紅茶の普及に貢献してきた「ジークレフ」。だからこそ「他にはない紅茶スイーツを提案したい」と、喫茶オープン時から新メニューの開発に取り組んできた。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt