MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
職人のこだわりコーヒーと隠れ人気のパンメニュー|カフェ・ラパン(喫茶店/上野広小路)

職人のこだわりコーヒーと隠れ人気のパンメニュー|カフェ・ラパン(喫茶店/上野広小路)

「人生の記憶に残る一杯」を目指し、自家焙煎のコーヒー専門店を開いた高野さん。毎朝巨大な焙煎機と向き合い、選び抜いた生豆をローストする。

カフェ・ラパン(最寄駅:上野広小路駅)

店の主役はもちろん本格コーヒーだが、こちらのトーストやサンドイッチも隠れた人気メニュー。モーニングのタマゴトーストは「食パンに、ゆで卵のマヨネーズ和えをのせて焼いただけです」と言うが、普通にみえて、これがやたらと旨い。タマゴとトマト、ハムとレタスを挟んだ「ミックスサンド」(600円)もみずみずしい美味しさ。至高のコーヒーと供に、ゆっくりとお楽しみを。

モーニング・セット(コーヒーor紅茶、タマゴトースト・サラダ付き)
600円

生でも焼いても食感がよく、飽きのこない食パンを厳選。バタートースト、チーズトーストも選べる

ラパン・ブレンド
500円

人気No.1のオリジナルブレンドは濃いめの深煎り。重厚な苦味がありながら、ふくよかな旨みも感じる。

バナナのシフォンケーキ
450円

自家製スイーツも手抜きなしの本格味。ほぼ日替わりで1~2種類用意する

カフェ・ラパン

東京都台東区上野3-15-7 [TEL]03-3832-7605 [営業時間]7時~18時 ※ランチタイム有  [休日]日・祝 [席]カウンター9席、テーブル27席、計36席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄銀座線上野広小路駅A1出口から徒歩3分

電話番号 03-3832-7605
2017年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ソフトクリームには、静岡県産の本山茶の玉露をほうじて粉末状にし、練り込んでいる。そのため、ほうじ茶の香ばしさが生きている。
作り手から直接買い付けた紅茶に特化し、紅茶の普及に貢献してきた「ジークレフ」。だからこそ「他にはない紅茶スイーツを提案したい」と、喫茶オープン時から新メニューの開発に取り組んできた。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt