MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
[空想カフェ] 入谷駅に子供に戻れる秘密基地「喫茶店」

[空想カフェ] 入谷駅に子供に戻れる秘密基地「喫茶店」

[空想カフェ] のグルメ記事と写真。江戸時代、浅草寺の参道で売られていた民芸品がやがて玩具となり、さらに外貨獲得のための主な輸出品のひとつになっていった。浅草には玩具の街という顔もあったのである。大人が子供に戻れる秘密基地。そんな喫茶店も悪くない。[交通アクセス]地下鉄日比谷線入谷駅3番出口から徒歩8分

空想カフェ(最寄駅:入谷駅)

写真:何時間でも過ごせる懐かしく楽しき空間

江戸時代からの伝統とあの頃の楽しさを伝える

その歴史を今に伝えたいと、店主・神谷僚一さんが6年前に開いたのが、ここ『空想カフェ』だ。 奥の部屋には、ソフトビニール人形やブリキのおもちゃ、面子に塗り絵など、浅草が活気を呈していた60年代のものを中心としたコレクションが並ぶ。 ドーナツドリップで丁寧に淹れられたコーヒーを手に取る間もなく、奥の空間に足を踏み入れ、歓声をあげながら時を過ごす人も少なくないという。 大人が子供に戻れる秘密基地。そんな喫茶店も悪くない。

浅草黒(いつものコーヒー)
500円

コーヒーは土星をイメージしたオリジナルの器で供される。リングの上にはお茶請けのお菓子も

写真:ソフビはウルトラマンシリーズが中心

写真:壁一面に貼られた塗り絵。色が派手なのも60年代の特徴のひとつ

写真:フィリップ・スタルクの“トイ”というイスを置いた店内

空想カフェ

[住所]東京都台東区千束2-30-1 [TEL]03-3872-1166 [営業時間]11時~19時 ※ランチタイム有   [休日]火・水[席]カウンター3席、テーブル10席 計13席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄日比谷線入谷駅3番出口から徒歩8分

電話番号 03-3872-1166
2017年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ソフトクリームには、静岡県産の本山茶の玉露をほうじて粉末状にし、練り込んでいる。そのため、ほうじ茶の香ばしさが生きている。
作り手から直接買い付けた紅茶に特化し、紅茶の普及に貢献してきた「ジークレフ」。だからこそ「他にはない紅茶スイーツを提案したい」と、喫茶オープン時から新メニューの開発に取り組んできた。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt