MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
お取り寄せ試食レポート「ぎょうざの宝永」の「ぎょうざの宝永 餃子」を食べてみた!

お取り寄せ試食レポート「ぎょうざの宝永」の「ぎょうざの宝永 餃子」を食べてみた!

「スタミナフードをお取り寄せ」ランキング2位、「ぎょうざの宝永」の「ぎょうざの宝永 餃子」のお取り寄せ試食レポート。

perm_media 《画像ギャラリー》お取り寄せ試食レポート「ぎょうざの宝永」の「ぎょうざの宝永 餃子」を食べてみた!の画像をチェック! navigate_next

肉ダネとチーズのパンチの効いた味がやみつきに!

北海道産を中心に、厳選した国産食材を使用。ニラやニンニクをたっぷり入れた豚・鶏肉の肉ダネを、もちもち食感の厚皮で包んだ。焼き上がりのパリッとした皮を噛めば、肉汁がジュワッと溢れ出て、パンチのある旨みが口いっぱいに広がる。チーズ餃子も、その濃厚さがやみつきに。食べるほどに元気が湧いてくる餃子だ。

試食会での評価

「モッツァレラとチェダーの2種のチーズが入ったチーズ餃子は、まろやかな口当たりで美味」

「もちもちの皮とジューシーな具の相性が秀逸」

「ニンニクが強めだが、“これぞスタミナ!”という感じで、元気が出てくる(笑)」

商品規格

○名称:餃子
○価格¥ 3,980 (税別)送料込/¥ 4,298 (税込)送料込
○内容量:餃子20個×2袋、チーズ餃子15個×1袋
○原材料
豚肉、鶏肉、キャベツ、ニラ、にんにく、生姜、塩、胡椒、砂糖、調味料(アミノ酸等)、皮(小麦粉、発行調味液、塩、動物油、澱粉、乳酸NA、炭酸ca)

○配送形態:冷凍
○保存方法:冷凍
○賞味期限:冷凍3か月
○熨斗:可(弔事は不可)
○名入れ:可
○包装:可
○手提げ:可
○備考:冷凍のまま調理
○販売者:【株式会社宝永】〒068-0044 北海道岩見沢市北4条西8丁目2-13

※現在販売を中止しています※

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
おとなの週末 お取り寄せ倶楽部

グルメ専門誌「おとなの週末」のスタッフが全国各地から人気のグルメを実際に取り寄せて試食。味・外観・価格・サービス等厳しい審査を通過した商品だけを販売しています。

関連するキーワード
関連記事
魚屋の女将でもあり、オリジナリティあふれるメニュー開発で人気の料理家・栗原 友さん。その栗原さんが築地で営む、鮮魚とお惣菜の店「クリトモ商店」から、今回は厳選お取り寄せメニューをご紹介します!
実りの秋、柿や栗、リンゴにサツマイモなどが旬を迎える美味しい季節です。秋の訪れを感じると、こっくり奥深いスイーツが恋しくなりませんか?今回は、秋にぴったりのスイーツを厳選し、実食審査しました。
季節は秋ですが、まだまだ暑さが復活する日もありそうです。湿度や気温の高さに負けないよう、元気になれる食べ物をお取り寄せしませんか? 夏バテ対策や食欲のないときにオススメな逸品から、ガッツリと食べたいカレーや焼肉をご紹介!
コロナ禍もあってか、オンラインショップを開設した飲食店が増えています。そこで、なかなか行けない行列店や予約の取りづらい店の味をお取り寄せ。おうちであれば、すぐ食べられます。名店の味を気軽にお試しあれ。
まだまだ続きそうな猛暑。湿度や気温の高さに負けないよう、元気になれる食べ物をお取り寄せしませんか? 夏バテ対策や食欲のないときにオススメな逸品から、冷たい麺やうなぎをご紹介!
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル