MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
大阪ローカル 穴場メシ情報[4] 『GOENYA 天王寺』で、懐かしの赤玉パンチを飲んで河内産の鴨料理に舌鼓!

大阪ローカル 穴場メシ情報[4] 『GOENYA 天王寺』で、懐かしの赤玉パンチを飲んで河内産の鴨料理に舌鼓!

大阪でもっとも人気急上昇中の町といえば、いまは天王寺。シンボリックとなった「あべのハルカス」をはじめ、通天閣のある新世界も徒歩圏内だ。 今回、取材に訪れたのは、この天王寺の『GOENYA 天王寺』。名物は「河内産鴨のしゃぶしゃぶ」で、1人前はなんと780円とお値打ちのお店だ。

「GOENYA 天王寺」で、懐かしの赤玉パンチを飲んで河内産の鴨料理に舌鼓!


大阪でもっとも人気急上昇中の町といえば、いまは天王寺。

シンボリックとなった「あべのハルカス」をはじめ、通天閣のある新世界も徒歩圏内。

外国人観光客までごった返して、ごっつい賑わいやねん。


町の雰囲気をたとえると、梅田と難波のちょうど真ん中。

洗練された町並みと下町がうまくミックスされてコントラストがはっきり、年齢層がバラバラなのもオモシロイ……。



さて今回、20代から50代までの同業多種の仲間を連れて訪れたのは『GOENYA 天王寺』。

名物は「河内産鴨のしゃぶしゃぶ」(写真は4人前)で、1人前はなんと780円と、
とにかくお値打ちだ。




「2人前から承っています。お客様からは『何人前でも食べられる』と、よく言われます(笑)」
と店員氏。

大阪で鴨といえば河内産が定番中の定番で、昔から大阪の食文化に根付いている。

当然ながら、鮮度も抜群。

特製出汁との相性も絶品で、鴨の旨みが噛みしめるほどに拡がるのだ。




贅沢を極めた「河内産鴨プレミアム肉寿司3種盛り合わせ」(写真は2人前、1人前880円)も人気の逸品。

鴨の肉寿司に、うに、いくら、キャビアをのせたアンビリーバブルな創作寿司だ。


これらの料理にマッチするお酒も実に豊富で、飲み放題はなんと15分150円。

生ビールやハイボール、焼酎、ワインなどから選べてこの値段。

正直、「儲かりまっか!?」と心配になるレベルやわぁ。

そこで、懐かしさに浸って注文したのは赤玉パンチ(250円)。



こんなお酒を飲みだすと、昔話に花を咲かせて“昭和”の会話が尽きない。

平成の女子たちを尻目に、鴨料理のウンチクを垂れながらオジサンたちは夜な夜な語り合ったのであった……。


GOENYA 天王寺
[住所]大阪市阿倍野区阿倍野筋1-3-16
[TEL]06-6626-0084
[営業時間]11:00~24:00
[定休日]無





加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。


このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
近鉄今里駅を出て数分。いつも客席は満杯。賑わいを見せている寿司店がある。それが「阿波弁慶」だ。 店主の三好輝さんは、とにかく明るくてフレンドリー。著名人からも愛されるお店で有名。しかも、鶴橋の市場で仕入れたネタは抜群で、旨いと評判なのだ。
“シャッター通り”になっていた西成の飲み屋街を再生するのに、ひと役も二役も買った飲食店のムーブメントがあった。それこそがカラオケ居酒屋の登場である。 うまい酒を飲んで、おいしいつまみを食べ、そして歌う。 みんなが優しく出迎えてくれる、本当に気軽に寄れる居酒屋なのだ。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
ソウルミュージックバー「P-FUNK」のオーナー渡邉玲さんは、バーテンダーという顔以外にもこの町祇園では別の顔でも有名だ。 ダンサーという顔のほかに、ラジオDJやクラブディスコのイベントの司会など、その顔は多岐にわたる。 ムーディーな店内はソウルミュージックでフィーバー、ファンクな夜がやって来るのだ!
厚めにカットされているのに、柔らかくジューシーなことに驚かされるラムチョップ。生後4~6ヶ月のニュージーランド産ラムを、チルドの状態で約2ヶ月かけて船便で取り寄せ。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt