MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
麺屋はちどり|鶏の旨みをシンプルに追求(ラーメン/板橋区役所前)

麺屋はちどり|鶏の旨みをシンプルに追求(ラーメン/板橋区役所前)

化学調味料に頼らず、天然の“旨み”を追求。看板メニューは「丸鶏ラーメン」。麺屋はちどり 都営三田線板橋区役所前駅A1番出口から徒歩4分 ※ランチタイム有

麺屋はちどり(最寄駅:板橋区役所前駅)

看板メニューの「丸鶏ラーメン」は、名古屋コーチンの丸鶏を軸に、大山どりの首付き胴ガラ、大量のモミジでダシをとった贅沢な内容だ。仕込みの最後に鶏節を入れて蒸らすことで、旨みがたっぷり詰まったスープに、フレッシュな鶏の香りをプラス。濃厚な風味が特長の名古屋コーチンの鶏油を丼で合わせ、重厚感のある鶏スープに仕立てている。足りない旨みはタレでカバー。天然醸造の醤油にカツオ節や昆布、シイタケなどのダシを合わせ、さらに厚みのある味を目指した。麺は、のど越しのよい細ストレート麺。全粒粉を練り込んでいるので、香りもよい。チャーシューは、無添加の醤油で香ばしく味付けたバラロールで、醤油の焦げたような風味が食欲をかき立てる。厚みもあり、食べ応えもなかなか。

丸鶏ラーメン
780円

スープの持ち上げがよい細麺を合わせている

にぼしラーメン(塩)
700円

煮干しスープと鶏スープを3:2の割合でブレンド

背脂にぼしラーメン
750円

丸鶏ラーメンの鶏スープに、カタクチイワシでとった煮干しスープとイワシ節を合わせて作る人気ラーメン。煮干しの風味が効いているが、背脂の甘みでマイルドに中和されているので食べやすい。麺は歯切れのよい流行のスタイル

麺屋はちどり

東京都板橋区板橋3-14-2 ☎03-6909-6646 [営]11時~14時半、17時半~21時※スープがなくなり次第閉店 [休]火 [席]カウンター5席、テーブル4人×2卓、小上がり4人×2卓 全21席 [交]都営三田線板橋区役所前駅A1番出口から徒歩4分

電話番号 03-6909-6646
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ほんのり黄色がかった中太ストレート麺が浸るのは、ガツンと濃厚な醤油スープ。京都の老舗『新福菜館』から届く基本のタレを、野菜、豚、鶏からじっくり取ったスープで割っている。
本郷三丁目の人気店『ねむ瑠』が手掛けるセカンドブランド。濃厚な“イカ煮干し”ラーメンで名を馳せる本店に対して、こちらは“カキ煮干し”ラーメンで注目を集めるが、店主の推しは “淡麗醤油”というから驚く。
シャキッと小気味いい野菜に、ゴツゴツとパワフルな縮れ麺。両者の相反する食感が、口の中で鮮やかに調和し引き立て合う。
桑名産ハマグリと宇和島直送の真鯛に、乾物からひいた和風ダシをあわせたトリプルスープ。そこに石臼挽き全粒粉をブレンドした自家製麺を浮かべた見事な一杯だ。
創業は大正8年。「ラーメンは昔からあって、みそラーメンは僕が中学のころから」と語るのは現ご主人。
ほんのり黄色がかった中太ストレート麺が浸るのは、ガツンと濃厚な醤油スープ。京都の老舗『新福菜館』から届く基本のタレを、野菜、豚、鶏からじっくり取ったスープで割っている。
餡はキャベツが中心、もやしをトッピングする「浜松餃子」、ニラ、ネギ、キャベツなど野菜をたっぷりと使う「宇都宮餃子」。餃子界の人気2トップのイチオシを厳選しました!撮影/鵜澤昭彦 スタイリング/中山暢子
美味しい牛肉が食べたい!と思ったら、どんな料理を想像するだろうか? 焼肉やステーキ、しゃぶしゃぶ……。一つ忘れてはいないか? すき焼きがあるではないか。 名古屋には旨いすき焼き、それも朝採れのクレソンをふんだんに使ったオシャレなすき焼きを食べさせてくれる店があると聞き、美食家の女友達、A子といっしょに行ってきた。
スイーツ好きの熱い支持を集める店だ。フレンチレストランやフランスのパティスリーで修業した店主が、仕入れ、製菓、サーブまで全てひとりで行う。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt