MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】自家製の皮に包まれた「シュウマイ」王道ど真ん中の旨さ|HALE WILLOWS(中華料理/日本橋)

【閉店】自家製の皮に包まれた「シュウマイ」王道ど真ん中の旨さ|HALE WILLOWS(中華料理/日本橋)

 自家製の薄くて柔らかい皮に包まれてしっとり蒸され、なんともいい香り。中にはギュッとやわらかな肉が詰まって、噛み締めれば甘みすら覚えるやさしい味。

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】自家製の皮に包まれた「シュウマイ」王道ど真ん中の旨さ|HALE WILLOWS(中華料理/日本橋)の画像をチェック! navigate_next

【閉店】HALE WILLOWS(旧店名:日本橋 大勝軒)(最寄駅:小伝馬町駅)

おー、シュウマイ!と言いたくなる王道ど真ん中の旨さだ。「皮は薄く伸ばして、肉は赤身だけじゃ硬いから、バラ肉を入れたほうが旨いんだよ」とは、シェフの楢山泰男さん。かつて日本橋人形町にあった大勝軒総本店で料理長を務め、その後、人形町『大勝軒』、銀座『日本橋よし町』と引き継いできた味だ。その味が今年3月『日本橋大勝軒』として復活。喜んでいるファンも多いはず。ビールには揚焼売もたまりませんぜ。

焼売(5個)
450円

豚肉と玉ネギ。シンプルな材料の餡は、やさしい味で旨みたっぷり。ランチの焼売(8個、ライス・スープ付で900円)も大人気

揚焼売(5個)
500円

蟹肉炒飯(カニメシ)
1210円

タラバとズワイがドーンと入り、やさしくも贅沢な味。はらはらと口溶けもよし

【閉店】HALE WILLOWS(旧店名:日本橋 大勝軒)

[住所]東京都中央区日本橋本町3-9-11 [TEL]03-6661-2580 [営業時間]11時15分~14時、17時~21時(土はランチなし)※ランチタイム有  [休日]日・祝 [席]カウンター4席、テーブル16席 計20席/全席禁煙/夜のみ予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄日比谷線小伝馬町駅3番出口から徒歩3分

電話番号 03-6661-2580
2017年8号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
『ゴルゴ13』などのヒット作で知られる漫画家のさいとう・たかをさんが9月24日、膵臓がんのため亡くなりました。84歳でした。さいとうさんが生前好んで食べたという絶品の「酢豚」を、月刊誌『おとなの週末』(2018年9月号)でも取り上げていました。お店の人に聞くと、「よく来られていました。最近はコロナなので、お持ち帰りがメインでした」といいます。当時の記事を再掲します。
日本発祥と言われる冷やし中華だが、本場の味が集まる横浜中華街でも夏の定番としてすっかり定着。よだれ鶏をのせる、刀削麺を使うなどバリエーションも様々。中でも「美味!」と唸らされた三ツ星店を紹介!
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
ランチタイムは行列、ディナータイムは連日満席。そんな人気店の看板メニューのひとつがこの「焼きめし」。
台湾の人気炒飯店『民生炒飯』の味に惚れ込んだ日本人スタッフが現地で修業をし、本場の味を習得。店主に認められ、国外初出店を果たした。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル