MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【池袋の居酒屋】おすすめ5軒!美味しい・旨い・人気のお店

【池袋の居酒屋】おすすめ5軒!美味しい・旨い・人気のお店

池袋でおすすめの居酒屋情報を、厳選して5店ピックアップしてまとめました。駅の東口と西口にエリアを分けて、各店のおすすめメニュー、お店の雰囲気、個室のありなし、駅からの徒歩での所要時間などを、写真とともにご紹介します。

perm_media 《画像ギャラリー》【池袋の居酒屋】おすすめ5軒!美味しい・旨い・人気のお店の画像をチェック! navigate_next

はじめに

池袋といえば、アクセスの主要地点であり、東京エリア、埼玉エリアからたくさんの人が集まる、常に賑やかなスポットですよね。会社や大学もたくさんあり、飲み会の場所としてもよく使われています。
安い、コスパが良い、料理が美味しいなど、各お店ごとに特徴があり、居酒屋激戦区と言えるでしょう。

そのたくさんの居酒屋の中から、人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが実際に足を運んで確かめ、イチオシと認めた5軒のお店をご紹介します!

池袋 居酒屋 地図

池袋の居酒屋情報を、まずは地図でご紹介します!

おすすめ居酒屋「西口エリア」

『萬屋松風』おしゃれだからデートにもぴったり

にぎやかな街並みのなかに、ひっそりと佇む古民家風の店構え。懐かしいような気分になる店内は、個室のような席となっていて落ち着く。

とにかく日本酒の品揃えが豊富!そして魚を中心としたお料理も絶品!
喧騒を離れて、デートなど大切な人と過ごしたいときにピッタリのお店です。

▲メニューの一例


【池袋駅からのアクセス】池袋駅 西口から徒歩2分
【営業時間】17時~23時半(23時L.O)
【休】無休
【個室】なし
【住所】東京都豊島区西池袋1-24-5
【TEL】03-3986-1047

『映像居酒屋 ロボ基地』“面白い居酒屋”の代表格!

「六神合体‼」「科学要塞 ムトロポリス」「飛べ!ゴッドバード・フラーイ」「ロボ基地 セントラルタワー」!
これらはすべて料理のメニュー名!
アニメファンにはたまらないネーミングセンスの良さに、テンションが上がること間違いなし!

もちろんドリンクメニューも「ゴッドアルファ」「ゴッドボイスレモンサワー」や「デロイア7」など、アイデアに満ち溢れている。

ロボットの世界観が徹底された店内への入り口は、アニメでよく見かけるような司令部につながっているかと思わせる通路を通っていく。

▲お店の入り口

先に紹介したメニューの中でも特におすすめしたい2品がある。
1つ目は、「六神合体‼」。6種類のつくねの盛り合わせで、!ガイアー、スフィンクス、ウラヌス、タイタン、シン、ラーをイメージしているという。

2つ目は「ロボ基地 セントラルタワー」。インパクト大の見た目で、注文したら盛り上がること必至!中央にはスライスされた厚切りのベーコンが直立!その下には、タンドリーチキン味のポテトがわんさか盛られていて、ボリューム満点!

リクエストしたロボットアニメの映像も見ることができ、ロボットアニメファンはもちろん、誰でも楽しめる仕掛けが一杯の、ここにしかないオモシロ居酒屋です。

▲「ロボ基地 セントラルタワー」

▲店内の様子


【池袋駅からのアクセス】池袋駅 西口から徒歩3分
【営業時間】16時~24時
【休】年末年始
【個室】なし
【住所】東京都豊島区西池袋1-10-15 3階
【TEL】03-5955-4644

『UOK』美味しい料理と旨い日本酒

カウンターのみのこじんまりとした小料理屋さん。ここで食べる、お酒によく合う「上質なつまみ」が、たまらなく美味しい!

例えば黒鯛と山芋やオクラで作る餡をいっしょに蒸し上げた「黒鯛のおくら蒸し梅肉餡かけ」。ランチでも提供される人気メニューの、溜まり醤油などでこっくりと仕上げた「豚の角煮・煮玉子・辛子」などの煮込み料理も絶品。

料理と合うように揃えられた日本酒と共に味わって欲しい。一人でも気軽に入りやすい雰囲気も◎。

▲メニューの一例

▲店内の様子


【池袋駅からのアクセス】池袋駅 西口から徒歩3分
【営業時間】12時〜15時(ランチ:売り切れ次第終了)、18時〜24時
【休】日曜日
【個室】なし
【住所】東京都豊島区西池袋1-32-8青木ビル1階奥
【TEL】080-9669-5473

おすすめ居酒屋「東口エリア」

『サンダーバード』焼き鳥店のポテサラが旨すぎる!

「丸鶏自家解体」を掲げ、いつでもフレッシュな鶏料理を食べることができると人気のお店。

定番の「串焼き」はもちろん美味しいが、イチオシのメニューは「ポテトサラダ」。鶏むね肉を燻製したオリジナルチキンが入っていて、半熟に仕上がった味玉が添えられており、甘みが強いポテトと良く合う!舌触りのなめらかさにもうっとり。

ついついお酒が進みますよ!

▲特製ポテトサラダ 518円

▲店舗の外観


【池袋駅からのアクセス】池袋駅 東口から徒歩3分
【営業時間】17時~24時
【休】無休
【個室】なし
【住所】東京都豊島区南池袋1-13-21 和泉屋ビル地下1階
【TEL】03-5396-6833

『漢方和牛とかき小屋 四喜』池袋の海鮮居酒屋で牡蠣を喰らう!

海鮮の中でもとっておきの「牡蠣」が食べられることで評判のお店!

築70年以上の古民家は昭和情緒もあり、牡蠣小屋の雰囲気満載!個室はないが、フロアを貸しきることもできるので、大人数のパーティーにもぴったり。

料理はお店の名前のとおり、「牡蠣」と宮城県産のブランド牛「漢方和牛」の2つがメイン。

一番人気は牡蠣の「がんがん焼き」!新鮮な生の牡蠣、はまぐりなどをアルミ缶に入れて、バター・白ワインなどを加え、蒸し焼きにする。貝から出てくる旨みたっぷりの出汁と白ワインに蒸された牡蠣は、お店自慢の味で、極上の幸せを運んでくれること間違い無し!

数種類のハーブを配合した飼料を食べて育った「漢方牛のステーキ」や「漢方豚のスペアリブステーキ」は、柔らかく脂が甘い。
海鮮だけではなく必ずこちらのお肉たちも食べてほしい。

▲がんがん焼き 2,000円

▲店舗の外観


【池袋駅からのアクセス】池袋駅 東口から徒歩3分
【営業時間】17時~翌2時、月火日17時~24時
【休】無休
【個室】フロア貸切可能
【住所】東京都豊島区東池袋1-13-1
【TEL】03-6907-2209

おわりに

人気の「池袋」エリアの数多い居酒屋の中からおすすめのお店を紹介してきましたが、気になるお店はありましたか?

居酒屋は、1日の疲れを癒してくれる温かい存在だと思います。お気に入りのお店が見つかったら、さっそく出掛けて、ビールや日本酒とともに美味しい料理を食べて、リフレッシュしてくださいね!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
旨い酒と料理を堪能できる、魅力的なお店がたくさんある吉祥寺。ここではグルメライターが厳選したおすすめ店をご紹介します!新世代の注目店と昭和を感じる名店が揃った「ハーモニカ横丁」の体験記もあり!思わずはしご酒したくなるかも?!
東京都内の「居酒屋激戦区」の1つとして知られる上野。実際にグルメライターが調査したところ、確かにガード下や駅の周辺に、見逃せない安ウマ店をたくさん発見!その中でも特におすすめしたいお店の情報を、厳選してご紹介します!
品川の居酒屋を人気グルメ雑誌のライターが調査!実際に足を運んで、本当に美味い店を厳選しました。ゆったり出来る個室のあるお店やリーズナブルに楽しめる安くて美味しいお店、イチオシのおすすめ店などシーンに合わせてご紹介します!
門前仲町で、人気グルメ雑誌のライターが実際に足を運んで見つけた本当に美味しい居酒屋をご紹介します。リーズナブルに楽しめるお店や、こだわりが光るおすすめ店など朝まで飲みたくなる名店ばかり!ぜひチェックしてください!
神田でお酒を呑むなら絶対に外せない居酒屋情報をお届け!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に訪れて調査し、お酒も料理も本当に美味しく、こだわりのおもてなしがあったり、老舗の安心感があるなど、自信をもっておすすめできるお店ばかりです!
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル