MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
蒲田ガード下「イタリア本場の味」に出合える名店|七丁目のひつじ(イタリアン/蒲田)

蒲田ガード下「イタリア本場の味」に出合える名店|七丁目のひつじ(イタリアン/蒲田)

 わずか7席の小さな店で、これほど本格的なイタリアンに出合えるなんて! 誰もが驚く味を生み出すのはイタリアで3年半修業した渡辺シェフ。

perm_media 《画像ギャラリー》蒲田ガード下「イタリア本場の味」に出合える名店|七丁目のひつじ(イタリアン/蒲田)の画像をチェック! navigate_next

七丁目のひつじ(最寄駅:蒲田駅)

銀座や六本木などの店で活躍した名料理人で、今年1月にリニューアルしたこの店を任された。店名通り羊肉を使ったメニューやパスタが評判だが、材料さえあればどんな料理にも応じてくれる気風の良さも人気の秘密だ。付け合わせひとつ取っても手間を惜しまない姿勢に脱帽。本場の味をガード下で味わえる贅沢を噛み締めて。

ひつじのオーブン焼き、カルパッチョ
2000円、1000円

粒マスタード、香草、パン粉をのせた羊肉のオーブン焼きは余熱で火を通すと肉がふっくら柔らかく仕上がる。写真のカルパッチョはスズキ。イチゴとバジルのソースが鮮やか

七丁目のひつじ

[住所]東京都大田区西蒲田7-70-1
[TEL]03-5703-0033
[営業時間]18時~23時(22時LO)
[休日]不定休
[座席]カウンター7席 計7席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし、チャージ(パン食べ放題)500円別
[アクセス]JR京浜東北線ほか蒲田駅西口から徒歩3分

電話番号 03-5703-0033
2017年8月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
歴史や文化の繋がりを重んじるイタリア・トリノで修業した経験から、「日本の伝統食材、鯨肉も自分のスタイルで次世代に伝えたい」と積極的に取り入れているシェフの門脇さん。今回考えてくれた料理もご覧の通リのセンスの良さだ。
ショーケースの中には、ティラミスはもちろん、モンテビアンコやカンノーリなどのイタリアの伝統菓子、伝統をベースにモデファイされたオリジナルのケーキも並ぶ。
「ラッテリア ベベ カマクラ」は、鎌倉駅近くの路地の奥にある古民家レストラン。チーズ工房を併設し、出来たてチーズとともに、店内の専用窯で焼くナポリピザを味わえる店だ。
神泉の人気店『オルランド』の兄弟店として今年オープンしたばかり。本店より少しカジュアルに楽しめるカウンターだけの空間だ。
一見、喫茶店のような趣だが、実は豊富な料理が楽しめるイタリアンレストラン。人気の鶏肉のグラタンは、ベシャメルソース、フォン・ブランという鶏ガラのダシや白ワイン、さらに大山地鶏の旨みが一体となった、やさしくもコクのある味わいだ。
最新記事
日本在住のロンドンっ子たちの間で話題になっているお店が表参道にオープン。その名は『リナストアズ』。ロンドンのソーホー地区で1944年に創業し、今もなお人気を誇るイタリアンデリカテッセン&レストランです。英国外初の出店となる1号店に伺いました。
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル