MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
タンメンLOVE!タンメンと餃子の素晴らしき仲、東京都内厳選3選!

タンメンLOVE!タンメンと餃子の素晴らしき仲、東京都内厳選3選!

正直言って、かなり地味な存在の「タンメン」は、町中華好きのなかでも“実は隠れファンの多い”メニュー。その魅力を、最高の仲・餃子とともにご紹介します。

perm_media 《画像ギャラリー》タンメンLOVE!タンメンと餃子の素晴らしき仲、東京都内厳選3選!の画像をチェック! navigate_next

飯田橋、おけ以のタンメン

ニンニクが入らない澄んだスープに個性的な平打ち麺

 神保町で創業、今の地へ移り、延べ63年。「毎日食べられる味を」と生み出されたタンメンはニンニクを使わないスッキリした味わいながら、スープの旨みや野菜の美味しさが生きている。有名な羽根付き餃子は程よいサイズで皮のモチっとした部分とカリッとした部分が好対照。

写真:タンメン 680円、餃子 600円

店舗情報

[住所]東京都千代田区富士見2-12-16
[TEL]03-3261-3930 
[営業時間]11時半~13時50分LO、17時~20時50分LO ※ランチタイム有  
[休日]日・祝、第3月 
[席]カウンター8席、テーブル18席、計26席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし、お通し代なし 
[交通アクセス]JR中央・総武線飯田橋駅西口から徒歩3分

東中野、十番のタンメン

彩りのいい野菜をたっぷり味わうタンメン

 タンメンにどっさり盛られた野菜はニラ、ニンジン、白菜、タケノコ、きぬさや、キクラゲなどバラエティ豊か。創業61年、大きな五右衛門鍋で仕込むスープの淡い味わいは健在。ニンニクとニラが香る餃子と一緒に食べればまたそそる。

写真:タンメン 630円、餃子 370円

[住所]東京都中野区東中野3-7-26 [TEL]03-3371-0010 [営業時間]11時半~14時、17時~20時 ※ランチタイム有  [休日]水、第2・4木 [席]カウンター6席、テーブル16席、計22席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]JR総武線東中野駅西口から徒歩3分

日暮里、花家のタンメン

シャキシャキもやしが瑞々しい香り高いタンメン

 創業72年。当初は甘味屋だったことから甘味と中華が混在するこちら。ゴマ油の香り漂うタンメンは澄んだスープに自家製ストレート麺がよく合う。大きな餃子はかぶりつけばジュウッと肉汁がほとばしり、食欲を掻きたてる。

写真:タンメン 780円、餃子 560円

店舗情報

[住所]東京都荒川区西日暮里3-2-2 [TEL]03-3821-3293 [営業時間]10時半~20時 ※ランチタイム有  [休日]火 [席]テーブル48席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか日暮里駅西口から徒歩3分

主役じゃないけど忘れられない存在

 タンメンが好きだ。“じんわり”心に染みいる、淡い塩味や野菜の甘みが溶け込んだ優しいスープにもうメロメロだ。タンメンを食べ進むうち、単調になってきたらおもむろに用意しておいた餃子を頬張る。フレンチのコースでは口中をさっぱりさせるために口直しが出るが、いうなればこれは逆口直し。餃子が程よいアクセントとなって、タンメンの淡い味を高めてくれる。この鉄板の関係からかタンメンの名店は餃子も旨い。愛好家たちはこれをあたかもひとつのメニューのように、親しみを込めて「タンギョウ」と呼ぶ。

 しかしこれだけタンメンを愛しているのに、そういえば正面切って「タンメンが一番」とは言ったことがなかった。ふとなぜだろうと考えてみたが、それはたぶんタンメンが主役になり切れない庶民派だからか。たとえて言えば、いつも隣でニコニコしている幼馴染のあの子のような。そんなタンメンをずっと注文し続けて、いつか店から「タンメンさん」と陰で呼ばれてみたい。いやマジで(笑)。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
調理パンの王様的存在は何といってもカレーパンでしょう。揚げた生地のサクサクした食感に、ねっとりとした濃厚な具材の調和が食欲をそそります。 スパイシーな香り、食べた満足感……。「おとなの週末」が選ぶ東京都内で激ウマなカレーパンが食べられるお店はココだ!
寒さが身に染みる真冬は一杯のラーメンが恋しいもの。醤油に塩、味噌、とんこつ……。数あるジャンルの中から選ぶとしたら、この時期は辛さがじんわりとカラダを温めてくれる「担々麺」ではないでしょうか。名店が集う激戦区の東京から5店を紹介します!
道を究めた一流の料理人と、日本を代表する美容業界社長という、異業種の組み合わせで語り合う本企画。第3回目となる今回は、天ぷら界随一の理論派でもある近藤文夫さんをフォーカス。対する高級化粧品会社社長・小林章一さん、実は“天ぷらNG”の前情報もあり、ビジネス談義以外も見所満載。 果たしてふたりの会話の行方は如何に、そして小林社長は天ぷら開眼なるか!?
最新記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。
「江戸っ子は屋台で寿司をつまんだ後、帰り際に暖簾で手を拭いて店を後にしたそうです。なので暖簾の汚れっぷりが、旨い店の判断基準だったとか」。と、話してくれたのは『挙母鮨』の星野店長。
get_app
ダウンロードする
キャンセル