MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
日本酒を純米から大吟醸までワンコインで飲める!|日本酒専門店 采(バー/三軒茶屋)

日本酒を純米から大吟醸までワンコインで飲める!|日本酒専門店 采(バー/三軒茶屋)

「日本酒専門店 采」に置いてある日本酒は約60種類と多岐にわたるが、純米から大吟醸までどれを選んでもコップ1杯(約半合)500円。量販店ではなかなか手に入りにくい酒が全国各地から集まっている。

日本酒専門店 采(最寄駅:三軒茶屋駅)

ツウな日本酒を純米から大吟醸までワンコインで楽しめる

何を飲もうか目移りするが、酒の味わいに合わせた銘柄案内が店内の黒板に書いてあるので参考にすると◎。肴は手作りの惣菜から刺身、肉、野菜、珍味までほぼ何でもそろう。自分の気分にとことん合わせた酒と肴の組み合わせに出合える店だ。

お1人様来店限定おつまみ盛り
800円

6種の肴がワンプレートで楽しめるおつまみ盛りは、お1人様で来店客用の限定メニューとはいえ、かなりしっかりとしたボリューム。これ一品と酒だけ飲んで帰るお客も多いとか

鴨ロースたたき
600円

シンプルなようでいてひと手間かかった、味わい深い肴が並ぶ

夏野菜のトマト煮
450円

お通しのお粥
300円

入ってすぐに出される定番お通しのお粥。1軒目でもハシゴのあとの来店でも、ほんのり温かい汁気で胃が優しく落ち着く。鶏出汁がベースだが、味やトッピングは日替わり

日本酒専門店 采

写真:日本酒専門店 采の外観

[住所]東京都世田谷区三軒茶屋2-13-19 1階 [TEL]03-6453-4511 [営業時間]18時~翌3時(2時LO) [休日]日・第一月(ほか不定休日あり) [席]カウンター12席、テーブル(立ち席)21席 計33席/全席禁煙/予約不可/カード可/お通し代300円別 [交通アクセス]東急田園都市線三軒茶屋駅世田谷通り口より徒歩1分

電話番号 03-6453-4511
2017年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
カウンター7席のナチュラルワインバー。店をひとりで切り盛りする女性店主は元パティシエール。
天然水の強炭酸ソーダと溶けにくい特製氷で作った、冴えた飲み口のハイボールがなんと30種類以上! 
シードルとウイスキーを愛する店主・藤井さんが2015年に開いたバー。午後3時から営業しているのも魅力で、シードルはグラスでも楽しめるほか、料理も充実。
バックバーに並ぶのは山椒、コーヒー、ラベンダーなどを漬け込んだ約50種の自家製リキュール。これをベースにソーダやトニックウォーター、はたまたリクエストに応えて、とフレキシブルに飲ませてくれる。
飲み屋街のど真ん中にありながら、スタイリッシュな雰囲気が魅力的。ここで飲むべきは、常時10種類以上揃う季節のフルーツを使ったカクテルだ。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt