MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
観光名所「喜多院」近く、老舗「東屋」の絶品のうな重|東屋(うなぎ/川越)

観光名所「喜多院」近く、老舗「東屋」の絶品のうな重|東屋(うなぎ/川越)

観光名所「喜多院」近くにある、明治元年創業の老舗「東屋(あずまや)」。炭で焼き上げるうなぎは、外側はパリッと香ばしく、中はふっくら。

perm_media 《画像ギャラリー》観光名所「喜多院」近く、老舗「東屋」の絶品のうな重|東屋(うなぎ/川越)の画像をチェック! navigate_next

東屋(最寄駅:本川越駅)

歴史を感じる和室で味わう絶品のうな重

キリリとした辛口のタレがうなぎの甘みを際立たす。うなぎ料理の他にも、どじょうやなまず料理も用意。広々とした和室で、中庭を臨みながらゆったり食事ができるのもうれしい。仕込みに限りがあるため予約は必須。

うな重
3400円

醤油を利かせたタレがうなぎのコクを繊細に舌に伝える

柳川鍋(大)
1200円

たっぷりのゴボウを加えて、どじょうの風味を引き立てる

うざく
800円

脂ののったうなぎとキュウリが相性抜群

東屋

[住所]埼玉県川越市西小仙波町1-16-1
[TEL]049-222-0757 [営業時間]11時半~15時(14時LO)、17時半~21時(19時半LO)※ランチタイム有 
[休日]木
[アクセス]西武新宿線本川越駅東口から徒歩13分※要予約

電話番号 049-222-0757
2017年9号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「若い頃から東京に支店を出すのが夢だった」と話すのが、浜松で最古のうなぎ屋『中川屋』の4代目である村越武さん。本店を息子に任せ、昨年それを実現させた。
うな重、蒲焼き、白焼き……。うなぎ料理といえば、このあたりが定番ですが、和食の枠を外れたうなぎ料理はないのだろうか。ということで、探したところ中国料理店を中心に発見! 中華なうなぎ料理をご覧あれ。
かつて、手賀沼で獲れたうなぎは江戸にまで運ばれ贈答品として珍重されたのだとか。その湖畔に位置する我孫子市は、今も数多くの店があるうなぎ処だ。
近年オープンした都内のうなぎ店を調査した結果、自信をもっておすすめできる三ツ星店を4軒ご紹介。老舗の支店や、関東や関西から東京初進出を果たしたお店まで粒揃いです。土用丑の日に合わせて、ぜひご賞味ください!
『おとなの週末』はもちろん、ミシュランにも掲載された名古屋を代表するうなぎ店『炭焼 うな富士』。2021年3月にオープンした『天白別邸』は、築104年の古民家をリノベーションした趣あるお店。ゆったり、のんびりと食事ができる話題の最新店へ伺いました。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル