MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
渋谷 [魚料理 のじま] ランチのグルメ記事と写真

渋谷 [魚料理 のじま] ランチのグルメ記事と写真

魚料理 のじま(魚介・海鮮料理/渋谷)|渋谷で鮮魚店として創業して創業110年の魚料理店、1989年に現在のこの料理店を併設。モットーは冷凍物や養殖物を使わないこと。

perm_media 《画像ギャラリー》渋谷 [魚料理 のじま] ランチのグルメ記事と写真の画像をチェック! navigate_next

魚料理 のじま(最寄駅:渋谷駅)

この場所で創業110年!厳選魚のボリュームランチ。人気の海鮮丼は採算度外視の限定ランチ

そして毎朝築地へ直接足を運び、受け継がれた目利きで厳選した魚を提供することだ。 魚、小鉢類、味噌汁の内容は日替わり。魚を知り尽くした店主により、素材それぞれが持つ旨みや甘み、香りを引き出す、刺身、焼き、煮付け、丼を用意。近年は若い女性客も増加しているが、支持者の多くは男性だ。その理由は、高いコスパと定評のある盛りの良さ。毎日来る常連客も多いのだとか。人気の丼は採算度外視の1日約15食限定のサービスメニューなので、早い日には12時過ぎに売り切れることもある。

天然ぶり丼(味噌汁、浅漬け、小鉢2品付き)
1050円

脂のりの良いブリは大きくカットし、ワサビ醬油で軽く漬けにして旨みを凝縮。15切れほどがドーンと盛り付けられる。ボリュームたっぷりだが、ご飯の上に敷き詰められたゴマ、ノリ、青ネギの香り・食感とともに、ペロリと食べられるはず。ゴマは店で生から煎っている

アマダイの塩焼き定食 (ご飯、味噌汁、浅漬け、小鉢2品付き)
1000円

この日は立派なアマダイが尾頭付きで登場。絶妙な塩加減でアマダイの魅力を引き出す

お店からの一言

四代目 能嶌宏至さん(右)
三代目 能嶌外茂治さん(左)

「初代の言いつけ『いいものを出す』を守っています」

魚料理 のじま

[住所]東京都渋谷区渋谷3-15-9 並木橋ビル1階 [TEL]03-3400-6365 [営業時間]11時~14時LO、18時~22時頃LO、土11時~売り切れ次第終了 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]1階カウンター8席、2席×1卓 2階7席×2卓、8席×2卓 計40席/夜のみ全席喫煙可/夜のみカード可/夜のみ予約可/サなし、夜お通し432円別 [交通アクセス]JR埼京線など渋谷駅新南口から徒歩4分

電話番号 03-3400-6365
2017年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
いいマグロをリーズナブルに食べるなら、忘れちゃいけないのが居酒屋の「マグロブツ」。気軽に頼めるブツを肴にライター・カーツさとうと「おとなの週末」編集・武内が、旨い! 以外のマグロの魅力を考察してみました。
東京駅で魚料理が食べたくなったなら、脇目を振らず、この店に急ぐべし! 本マグロをはじめとした、とびきり新鮮で上質な刺身に、上品な風味がじんわり沁みた西京漬けと、主役級のおかず2種を盛り込んだ「奈可嶋膳」が待っている。
「美味しいサバを食べてほしい」という熱い思いから、日本各地よりその時々の最高のサバを入荷。刺身や焼き、カツなど、サバの特性に合わせて魅力を引き出した料理を提供しているサバ専門店。
「海外の漁師町にあるちょっとしたバル、酒場のイメージですね」と店長の三谷さんが言うように、肩肘張らず、立ち飲みでワイワイ貝料理を楽しめるのがいい。一番人気は、活貝ソテー。
最新記事
ゲンコツと背ガラ、豚足で炊く豚骨100%のスープは、近年稀に見るこってり度。どろりと濃厚、あえてざらつきを残してワイルドに仕立てているが、豚骨臭は皆無で驚くほどクセがない。
スープと同じくラーメンの味を左右する麺。自家製麺の店も増えているが、今回は業界を代表する 3つの製麺所に注目。『おとなの週末』ライター肥田木が取材しました。それぞれの麺作りの姿勢は……いやあ、こうも奥深いものとは。感動を呼ぶ(?)麺物語。今回は浅草開化楼!
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
get_app
ダウンロードする
キャンセル