MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
西新宿で小籠包ランチ、本場に負けない小籠包に悶絶|西門食房(中華料理/西新宿)

西新宿で小籠包ランチ、本場に負けない小籠包に悶絶|西門食房(中華料理/西新宿)

西門食房(しーめんしょくぼう)/中華料理/西新宿|そ~っと箸でつまんで蒸したて熱々をパクリ。薄い皮の中から大量の肉汁が口いっぱいにあふれ出す!

perm_media 《画像ギャラリー》西新宿で小籠包ランチ、本場に負けない小籠包に悶絶|西門食房(中華料理/西新宿)の画像をチェック! navigate_next

西門食房(最寄駅:新宿駅)

本場に負けない小籠包に悶絶!お粥とセットでヘルシー気分に

 ここは台湾料理をメインとした中華で、看板を張るのが現地有名店のシェフから直伝された小籠包だ。肉汁の正体は豚の皮や鶏のモミジからとるコラーゲンで、濃厚な旨みがたっぷり。ランチは鶏ガラをひと晩じっくり煮込んだコク深いスープで、トロトロになるまで米を炊いた海鮮粥とのセットがイチオシ!

手作り小籠包セット
880円

セットには日替わりのおかずが付き、この日は干し豆腐の和え物。小籠包は中が透けて見えるほど薄い皮で、繊細な美味しさだ

魯肉飯セット
950円

特製醤油ダレで煮込んだ角切りの豚バラ肉でご飯が進む。肉まんなど点心3種類と日替わりのおかず2種も付く大満足の内容だ

お店からの一言

スタッフ ジューワン ホゥイ ニィンさん(左)
ワン ウェイ ジェさん(中)
チェン シンワンさん(右)

「台湾そのままの味を堪能できる料理を揃えています」

西門食房(シーメンショクボウ)

写真:西門食房(シーメンショクボウ)の店内

[住所]東京都新宿区西新宿7-11-16 新宿プラスワンビル2階 [TEL]03-3227-0120 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時半~23時(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]日 [席]テーブル3席×1卓、4席×4卓、5席×1卓 計24席/昼は全席禁煙、夜は分煙/夜のみ予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか新宿駅西口から徒歩5分

電話番号 03-3227-0120
2017年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
『ゴルゴ13』などのヒット作で知られる漫画家のさいとう・たかをさんが9月24日、膵臓がんのため亡くなりました。84歳でした。さいとうさんが生前好んで食べたという絶品の「酢豚」を、月刊誌『おとなの週末』(2018年9月号)でも取り上げていました。お店の人に聞くと、「よく来られていました。最近はコロナなので、お持ち帰りがメインでした」といいます。当時の記事を再掲します。
日本発祥と言われる冷やし中華だが、本場の味が集まる横浜中華街でも夏の定番としてすっかり定着。よだれ鶏をのせる、刀削麺を使うなどバリエーションも様々。中でも「美味!」と唸らされた三ツ星店を紹介!
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
ランチタイムは行列、ディナータイムは連日満席。そんな人気店の看板メニューのひとつがこの「焼きめし」。
台湾の人気炒飯店『民生炒飯』の味に惚れ込んだ日本人スタッフが現地で修業をし、本場の味を習得。店主に認められ、国外初出店を果たした。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル