MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
庭のホテル 東京「グリル&バー 流」のホテルランチ|リッチな魚介の旨みのランチセット(水道橋)

庭のホテル 東京「グリル&バー 流」のホテルランチ|リッチな魚介の旨みのランチセット(水道橋)

中庭の緑を望めるレストランがあるのは、JR水道橋駅からほど近い静かな路地の一角だ。 ここで頂けるのが車エビ、貝類、白身魚と季節の野菜の具だくさんブイヤベース。

perm_media 《画像ギャラリー》庭のホテル 東京「グリル&バー 流」のホテルランチ|リッチな魚介の旨みのランチセット(水道橋)の画像をチェック! navigate_next

庭のホテル 東京「グリル&バー 流」(最寄駅:水道橋駅)

リッチな魚介の旨みを思う存分に味わえる

まずはスープを味わってもらうために、マルセイユ風に別添えで提供。魚介、ペルノー酒で香り付けされ、焼かれたエビの旨みがぎゅっと凝縮されたスープは、極薄のカリカリのバゲットを浸したり、ルイユ(※)を溶かしながら最後の一滴まで楽しみたい。 珍しい野菜が並ぶサラダブッフェがつき、平日は別料金のデザートが土・日・祝はセットに。優雅でお得感も満載のランチだ。※ニンニクとサフランのピュレに茹でたジャガイモやオリーブオイルを入れた、ブイヤベースには欠かせないソース

ウィークエンドランチセット 流特製ブイヤベース マルセイユ風 サラダブッフェ、プティスープ、パン(お替わり自由)、ブイヤベース、デザート、コーヒーもしくは紅茶
¥3000

ブイヤベースは具だくさん。旬の野菜も楽しめる。バゲットはフランス直輸入の生地を店で焼き上げたもの

生産者から直接仕入れたみずみずしい野菜が並ぶ、サラダブッフェ。葉物だけでも5~6種類、トマトは3~4種、計20種ほどの野菜が並ぶ

自家製ドレッシングは3種。なかでも人気なのは、中央のグリーンのハーブドレッシングだ

デザートは旬や流行、気候を加味して週替り。写真は洋梨のシャルロットのマンゴーシャーベット添え

お店からの一言

料理長 木内昭博さん

「日常のなかのちょっとした贅沢をどうぞ」

庭のホテル 東京「グリル&バー 流」

[住所]東京都千代田区三崎町1-1-16 [TEL]03-3293-1141 [営業時間]朝食(ブッフェ)6時半~10時(9時半LO)、ランチ11時半~15時(14時LO、コースは13時半LO)、ティータイム14時~17時半、ディナー17時半~22時半(21時半LO)、以降はバータイム~23時(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]なし [席]70席、個室20席 全席禁煙/カード可/サ10% [交通アクセス]JR総武線水道橋駅東口から徒歩3分

電話番号 03-3293-1141
2017年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
スイーツボックスを持ち帰れば、おうちがアフタヌーンティーを愉しむラウンジに!? 紅茶と一緒にぜひ。
天空散歩に満足したら、日本最高所のホテル、『ホテル千畳敷』のレストランへ。メニューボードの前に立つと思わず迷ってしまう。
「雲の上の居酒屋」を堪能したら、バスターミナルの上に建つホテル立山の『ティーラウンジりんどう』へ。名物の「黒部ダムシフォン」を注文すると、生クリームが波を打ちながら流れ出た高さ10センチほどの巨大なシフォンが出てきた。
外の緑が美しく、優雅で品のあるラウンジでは、大きなソファが置かれくつろげる。ここでは、ホテル自慢のアフタヌーンティーセットを予約したい。
渋谷駅近くの『セルリアンタワー東急ホテル』にある利便性の高さにプラスして、3種の味が楽しめる前菜、肉か魚から選べるメインディッシュ、パスタとボリュームが魅力のランチを提供。使う素材は旬を意識しているためどれも新鮮で、日本ブランドにもこだわる。
最新記事
ゲンコツと背ガラ、豚足で炊く豚骨100%のスープは、近年稀に見るこってり度。どろりと濃厚、あえてざらつきを残してワイルドに仕立てているが、豚骨臭は皆無で驚くほどクセがない。
スープと同じくラーメンの味を左右する麺。自家製麺の店も増えているが、今回は業界を代表する 3つの製麺所に注目。『おとなの週末』ライター肥田木が取材しました。それぞれの麺作りの姿勢は……いやあ、こうも奥深いものとは。感動を呼ぶ(?)麺物語。今回は浅草開化楼!
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
get_app
ダウンロードする
キャンセル