MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
[江戸深川 鮨にしち(門前仲町)] おすすめ寿司のグルメ記事と写真

[江戸深川 鮨にしち(門前仲町)] おすすめ寿司のグルメ記事と写真

門前中町の寿司店「江戸深川 鮨にしち」のおすすめメニューのグルメ取材記事と写真のページ。艶やかな本マグロのトロ、江戸前の粋を感じる小肌に続き、イカ、サンマ、カスゴ、軽く昆布〆にした甘エビなど。タイミングよく1貫ずつ置かれる握りは、どれも姿が美しい。[交通アクセス]地下鉄東西線ほか門前仲町駅4番出口から徒歩2分

perm_media 《画像ギャラリー》[江戸深川 鮨にしち(門前仲町)] おすすめ寿司のグルメ記事と写真の画像をチェック! navigate_next

江戸深川 鮨にしち(最寄駅:門前仲町駅)

こだわりのシャリと旬の魚介が醸す典雅な江戸前鮨

手でそっと持ち上げ口に運ぶと、まず感じるのは魚介の香り。次いで旨みが広がり、シャリと渾然一体となって「ああ、美味しい」とため息をついてしまう。そんな寿司を食べさせてくれるこの店は2017年4月24日開店。カウンターに木曾檜を贅沢に使った洗練された空間で、ゆっくり落ち着ける。酒類も豊富で昼呑みにも最適だ。

おまかせにぎり
1800円

握り9貫に巻物、玉子、お椀が付く。内容は日替わりで、この日のネタはトロ、小肌、イカ、サンマ、カスゴ、甘エビ、赤貝、ヅケ、穴子。米酢と2種の赤酢を配合したシャリはまろやかだが、後味はスッキリ

カスゴ
500円

繊細な旨みのカスゴと上品な甘さのおぼろが好相性

バラちらし
1270円

10種類以上のネタが入り華やか。限定10食

お店からの一言

店主 稲垣 尚さん

「昼の寿司も夜と同じネタを使っています」

江戸深川 鮨にしちの店舗情報

[住所]東京都江東区牡丹1-14-6 [TEL]03-6458-5427 [営業時間]11時半~14時、17時~23時、土日17時~23時 ※ランチタイム有 [休日]水 [席]1階カウンター8席、2階 個室2室(4名+8名) 計20席/全席禁煙/予約可(ランチは4000円~)/カード可/夜のみサ10%別 [交通アクセス]地下鉄東西線ほか門前仲町駅4番出口から徒歩2分

電話番号 03-6458-5427
2017年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
昭和51年(1976)から続く、町の小さなお寿司屋さん。2代目店主の早川さんは、『銀座 久兵衛』で腕をふるっていたが、初代亡き後、地元のお客に説得されて実家を継ぐことになった。
艶やかなトロをはじめ、マグロ赤身、小肌、穴子、イクラ、タコ、車エビ……。シャリが見えないほどネタを敷き詰めたお重の豪華さに目を奪われる。
築地場外市場にあるカウンター5席ほどの小さなお店で、朝8時から開店する。マグロの仲卸業者による経営のため、マグロの希少部位も手頃な価格で味わえるのが魅力的。
東京駅と直結する「八重洲地下街」(以下、ヤエチカ)。2021年6月で開業57年を迎えた、東京を代表する地下街のひとつだが、今大きな変貌を遂げている。その中から、今回は2021年7月29日にオープンした『スシロー八重洲地下街店』をご紹介!
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル