SNSで最新情報をチェック

サッポロビールは、ヱビスビール発祥の地である恵比寿における醸造施設を伴ったヱビスのブランド体験拠点「YEBISU BREWERY TOKYO」が本日2024年4月3日にオープンした。前日の2日に開催された「YEBISU BREWERY TOKYO」グランドオープン記念イベントには、ブランドアンバサダーの山田裕貴さんが登壇。西野七瀬さんとの結婚を発表したという話題もあり、多くの報道陣が集まった。

35年ぶりに恵比寿の地でビール醸造を再開

左から「煙々」、「ヱビス ∞」、「ヱビス ∞ ブラック」、「Foggy ale 2024」の4種類のビールが提供される

サッポロビールは、ヱビスビール発祥の地である恵比寿における醸造施設を伴ったヱビスのブランド体験拠点「YEBISU BREWERY TOKYO(ヱビス ブルワリー トウキョウ)」を、2024年4月3日にオープンした。

1890年、日本麦酒醸造会社(現サッポロビール)は、今日のヱビスビールのルーツである「恵比寿ビール」の製造・販売を恵比寿の地で開始。1988年、工場の移転に伴い惜しまれながらも約100年におよぶビール製造の歴史に幕を下ろしている。

それから、35年ぶりに恵比寿の地で「YEBISU BREWERY TOKYO」としてビール醸造を再開させたのだ。

このブルワリーで通年販売するフラッグシップ商品の「ヱビス ∞(ヱビス インフィニティ)」「ヱビス ∞ ブラック(ヱビス インフィニティ ブラック)」には、35年以上前に恵比寿工場で使用したヱビス酵母を再選抜することで、復活させている。

また春夏の期間限定で「Foggy ale 2024(フォギーエール 2024)」も販売する。ビール開発を霧に形容したことを商品名の由来とした、2種のホップをドライホッピングしたことによるトロピカルな香りと、霧のようにかすんだ液色が特長的なビールだ。

オープン時に提供される4種類目のビールが「煙々(えんえん)」で数量限定の発売となる。吟味した燻製麦芽がもたらす、まるでウィスキーのような香ばしい香りで、上面発酵によって複層的な麦芽の香りを堪能できるビールだ。麦芽100%で一部燻製麦芽を使用して、さらにハラタウトラディションホップを一部使用している。

「YEBISU BREWERY TOKYO」グランドオープン記念イベントには山田裕貴さんが登場

サッポロビール・ブランドアンバサダーの山田裕貴さん

前日に行われた「YEBISU BREWERY TOKYO」グランドオープン記念イベントには、サッポロビール・ブランドアンバサダーの山田裕貴さんが登場した。

山田さんは「YEBISU BREWERY TOKYOが明日からオープンするということで、めちゃめちゃ楽しみです。こそっと遊びに来ようと思っています。みなさんも楽しんでいただけたら嬉しいです」とあいさつ。

また限定販売される「煙々」の仕込みを手伝ったことを明かし、「こんな経験なかなかできないのですが、出来上がったビールを飲むのが楽しみ」と語った。

プロのレクチャーを受けながら、ビール注ぎに挑戦する山田さん

またタップルームでおいしいビールの注ぎ方のレクチャーを受けながら、自らビール注ぎに挑戦した。「まだ俳優を目指していたころに、何度も何度もアルバイトでビールを注いていたので、いい注ぎ方ができると思います」と自信をのぞかせる。

とはいえ、目の前でプロの注ぎ方を見て、「めちゃくちゃきれいで、完璧ですね」と感心することしきりであった。

注がれたビールを楽しむ山田裕貴さん

サッポロビールは、ヱビスビールの2016年以来8年ぶりとなるリニューアルを行ったが、4月2日から山田裕貴さん出演のTVCM「ヱビスは何度でも完成する。」篇を全国で放映している。

今回のTVCMでは、この時代にできる最高のヱビスビールを目指し進化し続けるブランド姿勢を表現。劇場で完成した作品を鑑賞する山田さんがスクリーンの世界へと移り、グラスが立ち並ぶ“ビールの森”で完成を求めて歩み続ける。

ヱビスビールのTVCM「ヱビスは何度でも完成する。」篇が4月2日より放映されている

ようやく辿り着いたヱビスビールに手を伸ばす山田さんの「完成って一度きりじゃなくていいんだ。その方がいいじゃん。」というセリフと、より一層洗練されたヱビスビールを味わう山田さんの表情が話題のCMとなっている。

YEBISU BREWERY TOKYOの楽しみ方

YEBISU BREWERY TOKYO入り口

恵比寿ガーデンプレイス内に位置するYEBISU BREWERY TOKYOは入場無料。ところどころにかつて使用していた醸造釜や設備の一部などがちりばめられた、ヱビスならでは物語が感じられる上質な空間となっている。

ヱビスのルーツに親しめる「ミュージアムエリア」では、ヱビスの歴史物語に加え、街と共にあったヱビスの姿を過去写真とともに公開。街と共に歩み、130年以上続いてきた唯一無二のブランドルーツを旅するように楽しむことができる。

ミュージアムエリア

ビール醸造を行う「ブルワリーエリア」は、ドイツ製の醸造設備を採用。その釜の隣には「YEBISU BREWERY TOKYO」で醸造を担当するChief Experience Brewerのブリュワーズルームを配置。タイミングによってはChief Experience Brewerと実際に会話をしたり、アイディアが生み出される瞬間をみることができる。

実際にビールが楽しめる「タップルームエリア」では、通年で提供する「ヱビス ∞」「ヱビス ∞ ブラック」の他、期間限定や数量限定のヱビスを含む、オリジナリティあふれる多彩なヱビスを(オープン後に6種程度に増やす予定)提供する。

ビールは1杯1,100円(税込)~で、フィンガーフードなど軽食が1品400~800円程度で提供される。決済方法はオールキャッシュレスで、各種クレジットカード、電子マネー、コード決済(スマホ決済)が利用できる。現金には対応していない。

入場予約は不要だが、混雑状況によっては入場制限がかかる可能性があるとのこと。5月15日より館内のガイドツアー(1800円税込)が開催されるが、4月24日よりホームページでの予約開始予定している。

【YEBISU BREWERY TOKYO】営業時間  
平日:12時~20時 土日祝:11時~19時
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始

次のページ
山田裕貴さん登場のCM動画はこちら...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部 深田
おとなの週末Web編集部 深田

おとなの週末Web編集部 深田

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…