SNSで最新情報をチェック

俳優が趣味として料理をしたり、食べ歩きなどをすることは容易に想像できるが、実情はなかなか聞けないもの。当コラムでは、これまでのインタビューで明かされた俳優の好きな料理や料理のレシピなどを紹介する。第1回では、大ヒットスパイ映画『キングスマン』シリーズを手掛けたマシュー・ヴォーン監督の最新作『ARGYLLE/アーガイル』(2024年3月1日公開)に主演するヘンリー・カヴィルの得意料理をご紹介しよう。

スゴ腕エージェント“アーガイル”を演じるイケメンがヘンリー・カヴィル

ヘンリー・カヴィル(左)、デュア・リパ(中)、ジョン・シナ(右))/映画『ARGYLLE/アーガイル』より (C) Universal Pictures

『マン・オブ・スティール』(2013)でクラーク・ケント=スーパーマンを演じ大きくブレイクした英国出身のヘンリー・カヴィル。

これだけポピュラーなキャラクターを演じるとそのイメージがついて回り次のステップへの移行が難しい場合が多いのだが、彼はそのハードルを軽々とクリア。『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』(2018)等、さまざまな映画で大活躍している。

そんな彼の最新作が『ARGYLLE/アーガイル』。女流作家が書いたスパイ小説の主人公、スゴ腕エージェントの“アーガイル”を演じている。

監督は大ヒットした同じくスパイ映画『キングスマン』シリーズを手掛けたマシュー・ヴォーンなので一筋縄ではいないスパイアクションになっていて、まさに先がまったく読めない面白さ! カヴィルはカリカチュアされたスパイ像を楽しそうに演じている。

「ヘンリー・カヴィル」の得意料理レシピ

デュア・リパ(左)とエージェント“アーガイル”役のヘンリー・カヴィル(右)/映画『ARGYLLE/アーガイル』より (C) Universal Pictures

そんな彼に料理の話を訊いたのは、彼が主演したもう1本のスパイ映画『コードネームU.N.C.L.E.』(2015)のとき。
「もちろん、食べるのは大好きだよ(笑)。丁度、自宅を改築してWolfのオーブンレンジを入れたのでちゃんと料理を習いたいと思っている。ただ、仕事の都合でオンラインになると思うけれど。だから、次の機会にまた訊いてみてよ」

その1年後、『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)でインタビューしたときには約束通りレシピを教えてくれた。イギリスの伝統的家庭料理コテージパイのヘンリー流のレシピだ。

「マッシュポテトにチーズを入れ、牛ひき肉にはチリとガーリックを入れてスパイシーに仕上げる。これは思いのほか美味しく出来たけれど、今はまだまだ自分の味を探しているところだ」。

また、思い出の料理を尋ねると「僕が一番ほっとする料理は子どものころ、母がいつも作ってくれていたサラダだ。バジル、トマト、レッドオニオン、モッツァレラチーズをバルサミコビネガーとオリーブオイルで和えるだけのシンプルな料理なんだけど、本当に美味しかった。5人兄弟で争いながら食べていたよ(笑)」

ちなみにカヴィルは、ジェームズ・ボンド役のオーディションで最後までダニエル・クレイグと争い、「若すぎる」という理由で落とされた経験がある。そういうこともあってなのか本作でスパイ役は三度目。次回作も第二次大戦舞台のスパイアクションだという。現在、もっともスパイが似合う役者なのかもしれない。

次のページ
映画『ARGYLLE/アーガイル』の見どころと予告編...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

渡辺麻紀
渡辺麻紀

渡辺麻紀

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。5月15日発売の6月号では、「うまくてエモい!…