MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
沼津港 新宿本店(寿司/新宿)|名物の「生うに富士山盛り」

沼津港 新宿本店(寿司/新宿)|名物の「生うに富士山盛り」

「沼津港 新宿本店」では90円の皿からあるが、本日入荷のおすすめネタは一皿340円~520円(取材時)と少し豪華めの価格帯。ただし各ネタの大きさはとにかく威勢よし!

沼津港 新宿本店(最寄駅:新宿駅)

”天高くウニ肥ゆる”!?ネタの大きさに驚愕

名物の「富士山盛り」シリーズは、鮮度がよく見た目以上に舌が満足する(他に沼津港仕入れの生シラスと桜エビ、各420円がある)。とろけるようなネタの数々に、何皿でも手が伸びてしまう魅惑的な店だ。

生うに富士山盛り
1000円

これでもか、と富士山級に盛られたウニは、臭みが無くぺロっと完食できるはず

金目鯛
520円

高級魚の金目鯛も、豪快な厚さ。口いっぱいに頬張れる

生たこ
340円

吸盤付きの生タコは、繊細ながら風味豊かな味

活ツブ貝
520円

シャキッ、と立った活ツブ貝が新鮮さを物語る。冷凍ツブ貝が苦手な人こそぜひお試しを

沼津港 新宿本店

■『沼津港 新宿本店』
[住所]東京都新宿区新宿3-34-16 池田プラザビル1階
[TEL]03-5361-8228
[営業時間]11時~22時半LO
[休日]無休
[アクセス]JR山手線ほか新宿駅東南口から徒歩2分

電話番号 03-5361-8228
2017年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
蔵造りの町並みから少し入った、緑豊かな350坪の敷地内に、10席のみのカウンター席に、テーブル席、広々とした風情あふれる個室と3つの様式の客席を持つ。カウンター席では、お好み握りや写真のコースが注文できる。
銀座の老舗『新富寿し』で22年間修業した三橋さんが今年7月30日にオープンさせた店。まだ2ヵ月余りだが、伝統を受け継ぐ本格江戸前鮨の旨さと店主の気さくな人柄の良さで、口コミで人気が広がっている。
大手チェーン『元気寿司』が母体の回転寿司ブランド。高速レーンで寿司を届ける“回らない回転寿司”システムを使う。
本マグロの人気部位オールスターが丼に勢ぞろいとは何たる贅沢か。いわゆる有名産地に固執せず、高級店に負けない品質を確実に仕入れるのが店主の金里さんの信条だ。
一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。
店主の高崎さんには日本酒への愛が詰まっている。日本ワインを扱うのも、温度が上がっても美味しいことから「お燗に通じる」と思ったからとか。
全国にたくさんあるローカル私鉄、そのなかでもローカル指数一番!といえば銚子電鉄でしょう。 銚子駅から関東の東端の岬、犬吠埼(いぬぼうさき)の近くを通って終点の外川駅まで、全長6.4Kmの小さな路線。 決してラクではないといわれる銚子電鉄の経営難を支えているのが「おいしくて楽しいもの」……なんです。
調味料などのビンについている、樹脂キャップ。このキャップがなかなか外せないので、ゴミを捨てるときにいつも困っていたところで、ダイソーの『キャップはずし』を発見! 表示通り「スパッと外せる」なら便利やけん、さっそく使い心地を試してみたばい……。
蔵造りの町並みから少し入った、緑豊かな350坪の敷地内に、10席のみのカウンター席に、テーブル席、広々とした風情あふれる個室と3つの様式の客席を持つ。カウンター席では、お好み握りや写真のコースが注文できる。
皿によそられ出てきたときの興奮度は半端ない。魚介と野菜の色あざやかなルックス。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt