MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
珈琲 西武|思わず歓声が出るプリン・ア・ラ・モード!平皿の上に繰り広げられた百花繚乱の世界(カフェ/新宿三丁目)

珈琲 西武|思わず歓声が出るプリン・ア・ラ・モード!平皿の上に繰り広げられた百花繚乱の世界(カフェ/新宿三丁目)

昭和39年創業。広々としたフロアと赤いビロードの椅子。昨今の純喫茶ブームもあり、週末はもとより、ときには平日も並ばないと入れない人気店だ。珈琲 西武[交]JR山手線ほか新宿駅、地下鉄新宿三丁目駅から徒歩約3分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》珈琲 西武|思わず歓声が出るプリン・ア・ラ・モード!平皿の上に繰り広げられた百花繚乱の世界(カフェ/新宿三丁目)の画像をチェック! navigate_next

珈琲 西武(最寄駅:新宿駅)

“写メ欲そそる”、“SNSにアップしたくなる”このプリン・ア・ラ・モードやトールサイズのパフェは昭和を知らない若い世代の間でも話題。しかし味は繊細で、プリンも生クリームも自家製にこだわっている。

プリン・ア・ラ・モード
1100円

見事なりんごの飾り切り、そして衝撃的なアイスクリームコーンのささり具合!

「新宿特製オムライス」
900円

自家製デミグラスソースを使った「新宿特製オムライス」も人気。

珈琲 西武

■『珈琲 西武』
[住所]東京都新宿区新宿3-34-9 メトロビル2・3階
[TEL]03-3354-1441
[営業時間]2階・7時半~23時半(日曜日・祝日~23時)、3階・12時~23時半(土曜日・日曜日・祝日:11時~、日曜日・祝日~23時)
[休日]無休
[アクセス]新宿駅徒歩3分

電話番号 03-3354-1441
2016年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昭和50年創業の喫茶店で提供されるコーヒーゼリーは、見た目からして唯一無二の逸品。コーヒーゼリーに使うのは、深煎りのモカフレンチ。
本格的な水出しコーヒーから作られた香り高い一品から、トッピングにこだわったものまで、東京でいただける個性豊かなコーヒーゼリーの逸品を紹介します。
デニムの着物を着たバリスタのいる和モダンな空間で、エスプレッソを楽しめる。豆は石川県金沢市にある人気カフェ『SUNNY BELL COFFEE』にオリジナルブレンドをオーダー。
グラッセとは、フランス料理の用語で、冷やすの意。「カフェオレ グラッセ」はアイス・カフェオレを指すが、断然、この方が洒落た響きだ。
最新記事
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
コロナ禍のステイホームで、家で食事をする時間が増えましたね。ですが、マンネリになりがち。そして晩酌のお酒も……。そこで日本人には馴染みが薄い「シェリー」に注目。それに合うタパス(スペイン風つまみ)を「カルディ」の商品を使って考えてみました。
持ち帰り専門の「ちよだ鮨」が手がけている立ち喰い寿司屋で、握りたての新鮮な生ウニや活貝、江戸前の各種ネタをお手頃価格で味わえる。シャリは精米したての米を使用し、店内で炊き上げている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル