MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
[焼肉ホルモン 青一] おすすめ料理のグルメ記事と写真(青山一丁目)

[焼肉ホルモン 青一] おすすめ料理のグルメ記事と写真(青山一丁目)

[焼肉ホルモン 青一(あおいち)] 炭火の上でジュウジュウと音を立てる霜降り肉を、湯気の上がるご飯と共に頬張るド直球のウマさに悶絶必至!A5ランク黒毛和牛のメス牛のみを使用する実力店が追求したのは、焼肉とご飯のマッチングだ。[交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか青山一丁目駅3番出口から徒歩3分

perm_media 《画像ギャラリー》[焼肉ホルモン 青一] おすすめ料理のグルメ記事と写真(青山一丁目)の画像をチェック! navigate_next

焼肉ホルモン 青一(最寄駅:青山一丁目駅)

西日本随一の産地から直送極上牛肉に負けない米の甘みと香り

 米は力強い牛肉の風味に負けぬよう、甘みも香りも豊かなミルキークイーンをチョイス。魚沼と並び称される名産地、丹波篠山の農家から取り寄せ、専用の土鍋で炊いている。 生産者の名前を冠したブランド牛「田村牛」を使った「特選盛り」も、ふっくら艶やかなご飯にあわせて味わいたい極上のひと皿だ。

土鍋ごはん
3合1944円

注文は2合(1296円)~。残ったら、チャンジャ、韓国海苔、昆布、梅のおにぎりにしてくれるので、家族へのお土産に

ごはんのお供はコレ!

炙りロース
2700円

繊細な脂の甘みと濃厚な旨みに思わず唸る!

卵黄をたっぷり絡めてすき焼き風にしていただく

青一特選3種盛り
3240円

A5黒毛和牛のなかでもひときわ上質な「田村牛」の盛り合わせで、力強いコクがありながら、脂はあっさりとした味わいが特長だ

お店からの一言

料理長 小山剛史さん

「希少部位も各種揃えてます!」

焼肉ホルモン 青一の店舗情報

[住所]東京都港区南青山1-3-6 [TEL]03-6455-4129 [営業時間]11時半~14時(13時半LO※平日のみ)、17時~23時半(22時40分LO)、日・祝16時~22時半(21時40分LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]30席/全席喫煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし[交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか青山一丁目駅3番出口から徒歩3分

電話番号 03-6455-4129
2017年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
好きな肉を好きな焼き加減で気軽に楽しむひとり焼肉。コロナ禍でますます需要が高まると共に人気も集めているという。入りづらい、いろいろ食べられない……実際に足を運ぶと、そんな 不安を吹き飛ばすかのようなパラダイスだった! ※取材は2020年2月に行っています。
和牛にこだわり続けて45年以上という老舗焼肉店が、江東区に初進出。もちろん、使用するのは市場にほぼ出回らない希少銘柄・増田牛をはじめ、全国から選りすぐった雌の黒毛和牛だ。
肉は自社の生肉卸から仕入れるため、質と鮮度はもちろん価格も魅力的。肉のプロフェッショナルである店主が、状態を見極め、その日最高の逸品を提供する“おまかせコース”でその実力を体感しよう。
歯を押し返す弾力ある肉をグッと噛み切れば赤身肉独特の芳醇な香り、肉汁が口に広がっていく。「むぅ、旨い」思わず声が漏れてしまう。
部位ごとの特性を生かし甘みや旨みを最大限に引き出した奥深さを堪能できるタン!
最新記事
「また食べたいと思ってもらえるものを。何度口にしても感動してもらえる味を」。そのためにフランス人シェフのサントスさんが徹底しているのが改良を重ねて作り上げたレシピと、全工程へのこだわりだ。
大手メーカーと違い、各ブルワリーの個性溢れるクラフトビール。飲んでみたいけど、ちょっと高い。では、何を飲めばいいのか? 本誌飲み比べ隊がスーパーやコンビニで買えるビールを薄張りグラスで都度洗浄して試飲しました!
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル