MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
人気炭火焼き店×人気ベーカリの豪快サンドイッチ!「SHIGERU KITCHEN」(サンドイッチ/浅草橋)

人気炭火焼き店×人気ベーカリの豪快サンドイッチ!「SHIGERU KITCHEN」(サンドイッチ/浅草橋)

近所で働く人や住民が行き交う路地に漂う香ばしい匂い。焼鳥店?と思いきや、サンドイッチ専門店だった。

SHIGERU KITCHEN(最寄駅:浅草橋駅)

『鳥茂』のつくね×『ペリカン』の食パン=豪快わんぱくサンド

新宿で産声を挙げた初代の味を引き継いだ浅草橋の人気炭火焼き店『鳥茂』の鶏料理を、浅草の人気ベーカリー『ペリカン』の食パンで挟んだ“ザ・下町”なサンドを提供している。香りの正体は、つくねだ。 11月11日のオープンまで足掛け3年。『鳥茂』の次女で店主の原田久美子さんが、店の鶏料理で試作を重ねた結果、つくねがハマった。「ただフォトジェニックなものではない、食事として食べられるサンドを提供したい」という思いに合致。厚さが6cmあるボリューミーなものが完成した。テイクアウトはもちろんイートインも可能。浅草橋の新たな“町の顔”になりそうだ。

Torishige Tsukune Tare
980円

「ハンバーグのよう」と称されるこぶし大のつくねをサンド。水を一切使わず継ぎ足す『鳥茂』の秘伝のタレをかける。甘みを抑えた味が特徴だ

Torishige Tsukune Shio
980円

塩つくねと熟したトマトを使い、タレとは違ってサッパリとしたあと口に。全サンドに用いられる自家製タルタルが味の決め手だ

Chicken Salad with Curry Spices
980円

鶏ムネ肉と和えているのは、スパイスを利かせすぎず、クセを抑えたカレー。レーズンを入れることで辛さの中に程よい甘みを加えている

Tartar Salad with Avocado and Cattage
980円

まったりとしたアボカドに絡むのは、カッテージチーズ。レモンをしっかり入れて爽やかにしつつ、ニンニクでコクを引き出す

SHIGERU KITCHEN

■『SHIGERU KITCHEN』
[住所]東京都台東区柳橋1-32-8
[TEL]03-3866-9741
[営業時間]11時半~14時 、土曜日:11時半~23時
[休日]木曜日・日曜日
[アクセス]JR総武線ほか浅草橋駅東口から徒歩3分

電話番号 03-3866-9741
2018年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
恵比寿にベトナムで親しまれている料理「バインミー」の専門店「EBISU BANH MI BAKERY(エビス バインミー ベーカリー)」がオープンした。マネージャーの片岡享さんとスタッフのトゥンさんが、ベトナム北部にある老舗ベーカリー店で2週間住み込み、本場の製パン法を習得。
あふれそうなくらい具の詰まったサンドイッチ。常時15種ほどが販売されており、そのどれもが、ダシ、味噌、醤油などを使用し、どこか懐かしさを感じる味付けだ。
「なだ万」などで修業した主人の船生宜之さんが、以前、コース料理の〆として出していたもの。カツオと昆布のダシ巻き卵をはさみ、マヨネーズと合わせてホットサンド風に。
店頭に並ぶのは、全てたまごサンド!和風・洋風・変わりダネなど、そのバリエーションに驚く。
新宿・歌舞伎町界隈でリピーター続出なのが、卵焼きのカツがサンドされた斬新な『タマゴカツサンド』。タマゴカツの衣はサクサク、和風ダシがほんのり香る卵焼きはフワッとし、そのコントラストは未知なる食感。
暑さが増すと、つい手を伸ばしたくなるアイスクリーム。果物やミルクなど素材の良さを活かした逸品を集めました。どれも特別感のある味わいです。ご自宅でくつろぎながら楽しみませんか。ギフトとしてもおすすめです。
104views お取り寄せ
殻がついたままの蕎麦の実を挽きこむ「挽きぐるみ」で打つため、味わいや香りが豊かで歯応えを楽しめる出雲蕎麦。島根県奥出雲町とコラボしたこの店では、出雲蕎麦や仁多米など、島根県・奥出雲の食材や酒を堪能でき、その恵みに感謝したくなる。
 1970年創業のイタリアン。当時は、パスタをアルデンテで出すと「麺が固い!」と怒られた時代。
まず供されるシンプルな茶碗蒸しがあまりに美味しくて夢中で平らげてしまった。期待が高まったところで、にぎりを口にすると、シャリがふんわりとほどけた。
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt