MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
東京駅を象徴するカフェレストラン|GARDEN HOUSECAFE(カフェ/東京)

東京駅を象徴するカフェレストラン|GARDEN HOUSECAFE(カフェ/東京)

国産小麦の自家製パンを使ったサンドイッチやこだわりの食材を使用した料理を提供。朝食メニューからビオワインまで取り揃え、どの時間帯に訪れても満足度の高い店だ。

perm_media 《画像ギャラリー》東京駅を象徴するカフェレストラン|GARDEN HOUSECAFE(カフェ/東京)の画像をチェック! navigate_next

GARDEN HOUSECAFE(最寄駅:東京駅)

朝・昼・夜どの時間帯でも使える東京駅を象徴するカフェレストラン

たっぷりの野菜を使った「デリ盛り合わせ」は、食事にもおつまみにも抜群の一品。一見斬新ながら、ほっとする味わいの「ビーツのきんぴら」や大豆の旨みが濃厚なテンペなど、厳選素材を一捻りした料理に心も体も満たされる。併設のベーカリーは、自社のパンをはじめ、こだわりのベーカリー商品を並べるセレクトショップ。購入したパンはイートインも可能で、パン好きでなくても垂涎必至の空間だ。

5種類のデリ盛り合わせ
1000円

写真のテンペかフライドチキンを選択。爽やかな「オレンジキャロットラペ」、スパイシーな「ヒヨコ豆のフムス」などがのる。もちっとした自家製カンパーニュの酸味がまた料理に合う

バジルチキンサンドイッチ
850円

自家製フォッカッチャに柔らかな鶏ムネ肉をサンド。チリベースのスパイスと、大葉とバジルのジェノベーゼが絶妙

(朝)アボカドトースト、(朝)フロマージュ&ジャムトースト、豆乳パンプキンポタージュ
550円、450円、S400円

モーニングは11時半まで。ふわふわな角食パンを使った2品に幸福感があふれる。アボカドにはハーブを中心としたスパイスがのり、ヤミツキになる味わい。スープは濃厚だがシンプルな美味しさ

お店からの一言

シェフ 今村広和さん(左)、店長 山本賢吾さん(右)

「ビオワインに合うメニューの提供を予定しています」

GARDEN HOUSECAFE

[住所]東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅構内地下1階(改札外)(JR東京駅グランスタ丸の内) [TEL]03-6551-2677 [営業時間]7時~22時、日・連休最後の祝日7時~21時※1月1~3日9時~21時 ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]計60席/全席禁煙/予約不可/カード可/サなし [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅丸の内地下中央改札口から徒歩1分

電話番号 03-6551-2677
2018年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
鏡池の眺望がいいテラス付きカフェ。蕎麦好きも満足の味わい深い蕎麦粉のクレープが味わえる。
“浅草にあるブルックリンのカフェ”をイメージ。観光地から少し離れた場所のためか、地元客が多く、日常の延長にあるような気軽な雰囲気が何とも心地よい。
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
隅田川沿いに立つビルの2・3階がカフェ。店内からは川を行き交う水上バス、アサヒビールのビルの金色のオブジェ、その向こうに東京スカイツリーと、浅草の王道の景色が見渡せ、時間を忘れてくつろいでしまう。
最新記事
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「ホルモンしま田」。前回に引き続き、飲食店系Youtuber。肉のプロならではのレシピや実験・検証動画がすこぶる面白いという。チャンネル登録者数も急上昇です!
この連載では、20年ほど前、世界一周の旅の途中で体験した「へんな夜」について綴っています。ドレーク海峡編に続き、第2夜はルーマニアの民家で見た驚きのベッドルームについて前編・後編に分けてお届けします。
釧路の長昆布、原木シイタケ、枕崎産の本枯節を厚削りにし、約10時間かけて旨みを抽出したダシが味の肝。三輪素麺や小豆島のオリーブ素麺など各地のそうめんやオリジナリティ全開のフォーがいただけて、ダシ好き、麺好きの私は舌と心を鷲掴みにされてしまった。
あいがけのひと品から抜け出し、それだけですこぶる美味しいと、今、キーマカレーが人気上昇中だ。そこでキーマを味わうならここ!的な三ツ星店を集めてみました。個性あふれる味わいに悶絶必至です。
看板商品の「デミグラスソース」と、トマトの甘みと酸味のバランスが絶妙な「トマトソース」の2種のミートソースをメインに、四季ごとの季節限定メニューを展開する。味のベースとなる自家製フォンは、焼き上げた牛骨と野菜から旨みを抽出して凝縮。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル