MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ワイン食堂 旅する子ブタ|味は本格的だが、カジュアルな肩肘張らないフレンチビストロ(ビストロ/東京)

ワイン食堂 旅する子ブタ|味は本格的だが、カジュアルな肩肘張らないフレンチビストロ(ビストロ/東京)

ガブガブ飲んでガツガツ食べたい時にオススメなのがこちら。ボリューム満点の料理は、肉を得意としながらも、野菜類など素材の旨みをいかしたメニューにも定評あり。

perm_media 《画像ギャラリー》ワイン食堂 旅する子ブタ|味は本格的だが、カジュアルな肩肘張らないフレンチビストロ(ビストロ/東京)の画像をチェック! navigate_next

ワイン食堂 旅する子ブタ(最寄駅:東京駅)

味は本格的だが、カジュアルな肩肘張らないフレンチビストロ

意識しているのは、誰もが美味しいと感じる、日本人に合う味付け。例えば「トリッパ」。トマトベースにカイエンペッパーで辛みをプラスするさりげなさが絶妙。フランス産を中心に40種類以上揃えるワインとともに楽しみたい。週末は早い時間から席が埋まることが多いので、予約が確実。

イベリコ豚のやわらか蒸し煮
2400円

イベリコベジョータを燻製し、柔らかく煮込んだ逸品。深い味わいのフォンドボーと鼻腔をくすぐる燻香がたまらない。敷かれたマッシュポテトも主役級の美味しさ

トリッパとゴロゴロ野菜のトマト煮込み
980円

食べ応えのあるサイズに切られた野菜と、柔らかいハチノスがたっぷり。少しピリッとしていてお酒が進む

子ブタ特製 田舎風パテ
980円

間に挟まる白レバーがうれしいパテは、ベーコンで巻いて旨みをプラス。特製ジャムと合わせて。

ラ・ヴァーグ・ブルースパークリング
800円

珍しい青いスパークリングワインは、フルーティさとほろ苦さが同居する

お店からの一言

店長 大村泰寛さん

「ワインのイベントも実施していますお好みを見つけて」

ワイン食堂 旅する子ブタ

[住所]東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅八重洲中央口グランルーフフロント B1F [TEL]03-5220-3233 [営業時間]11時~15時(LO14時30分)、15時~23時(LO 食べ物22時、飲料22時30分) ※年末年始は短縮営業 ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]計40席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲地下中央改札口から徒歩5分

電話番号 03-5220-3233
2018年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
福岡市内で話題のエリア「渡辺通」にある『ビストロ・クワバラ』は、独自のメニュー構成であることに加え、看板猫がいることでも人気のお店です。そのメニューと、かわいい猫ちゃんに迫ります。
扉の向こうは、高井シェフによって繰り広げられる美味なる劇場だ。元は料亭で腕を振るった和食の職人で、ワインとの出合いをきっかけにフレンチにどっぷりハマってから十数年。
輝かんばかりの肉オーラ。見るからに旨そうだ。いやかなり旨い。正体はこの店の二大看板。出荷数が少ないため「幻の和牛」と称される宮崎県の尾崎牛とイタリア産高級牛のファッソーネピエモンテ牛。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル