MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
撮り鉄の「食」の思い出(26) 富良野線 美瑛で雄大な丘の風景を堪能/2003年~2017年

撮り鉄の「食」の思い出(26) 富良野線 美瑛で雄大な丘の風景を堪能/2003年~2017年

夏といえば北海道!  それも雄大な風景がいいですよね。 今回は、北海道の中央部を走る富良野線です。 この線も大好きな路線で、数えてはいないですが、たぶん過去の撮影日数BEST3に入ると思います。 路線自体の風景も素晴らしいですし、周辺には雄大な景色が広がっているのも魅力です……。

perm_media 《画像ギャラリー》撮り鉄の「食」の思い出(26) 富良野線 美瑛で雄大な丘の風景を堪能/2003年~2017年の画像をチェック! navigate_next

富良野線 美瑛で雄大な丘の風景を堪能/2003年~2017年


夏といえば北海道! 

それも雄大な風景がいいですよね。

[北海道に行ったら、やっぱり雄大な風景を見たい(2013年撮影)]



今回は、北海道の中央部を走る富良野線です。

この線も大好きな路線で、数えてはいないですが、たぶん過去の撮影日数BEST3に入ると思います。

路線自体の風景も素晴らしいですし、周辺には雄大な景色が広がっているのも魅力です。

富良野線にはディーゼルカーの普通列車のほか、夏の間はトロッコ列車“富良野・美瑛ノロッコ号も走ります。

数年前までは、年に数回このトロッコ列車をSLが牽引していました。

[数年前まで走っていたSLふらのびえい号(2003年撮影)]




ちなみに、写真に写っているSLのC11 207は、現在栃木県に貸し出されていて、東武鉄道の今市~鬼怒川温泉間を“SL大樹”として走っています。


富良野線の旅は、旭川から始まります。

まず、旭川駅では駅弁を購入。

数ある駅弁から“蝦夷わっぱミックス”をセレクトしました。

イクラ、ウニ、カニ、ホタテ……北海道の海鮮がこれでもかと乗っています。


[北海道の海鮮たっぷり!蝦夷わっぱミックス弁当(2015年撮影)]



お手軽で、味付けも良くて楽しめます。

走り始めた普通列車の中、車窓を眺めながら食べるのが最高ですね。

[白い花のソバ畑と富良野線の普通列車(2015年撮影)]




旭川の街並みを離れると、だんだんと広い風景が見えてきます。

夏の初めには、田んぼの緑に混じって、白い畑が広がります。

ソバ畑です。

本州では9月ごろに咲くソバの花も、北海道では7月の花。

だいぶ季節か違います。



[ディーゼルカーが美瑛駅に近づく(2016年撮影)]


そして、丘の風景が見え始めると下車駅の美瑛です。

[美瑛駅のホームには花も咲いている(2006年撮影)]




美瑛駅は石造りの駅舎、たくさんの観光客を迎えます。

[石造りの美瑛駅(2006年撮影)]



さて、美瑛に着いたら広い地域に点在する絶景を見て回りたいのですが、列車で着いた場合は、これが意外と難しい……。

美瑛の観光バス“美遊ツアー”やレンタサイクルで廻るのが一般的ですが、駅レンタカーがおススメです。

というのも、やっぱり広すぎなほど広いです。

レンタサイクルでは、走っても走っても目的地に着かない感じです。

もちろん体力に自信のある方は、北の大地の風を感じながら楽しんでくださいね。

[タバコのCMで有名になったセブンスターの丘(2015年撮影)]


[十勝の山並みが美しい千代田の丘(2015年撮影)]



最近になって、美瑛で有名になった絶景が“白金青い池”です。

パソコン(Mac)の壁紙になったことで赤丸急上昇の人気、特に外国人観光客から火が着きました。

けっこう昔から美瑛はうろうろしていたのですが、つい先日まで存在を知りませんでした……。

美瑛駅から車で20分ほどのところにある“白金青い池“、初めて行ってみました。

広くはないのですが、エメラルドグリーンに輝く湖面と立ち枯れた木が幻想的で、美しい場所でした。

[人気が急上昇した“白金青い池”(2015年撮影)]



もちろん鉄道撮影も忘れません。

丘と鉄道の風景、やはりダイナミックです。

撮影ポイントとして知られる通称“すり鉢”では、ジェットコースターのようにアップダウンして走る列車も見られます。

[通称“すり鉢”を走る列車(2005年撮影)]



いろいろと鉄道風景を撮影して、夕方には丘に戻ります。

一日の終わりは、朱に染まった風景の撮影で締めくくりました。


[絶景と鉄道風景で、一日楽しめる美瑛(2013年撮影)]



次回は、富良野のラベンダーです。







佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
佐々倉実@おとなの週末

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

関連するキーワード
関連記事
現在、過去を含めて、いちばん好きな鉄道車両は?と聞かれたら、私は即答します。 「日本最大でけた外れの迫力のC62型蒸気機関車(以下C62)」。 これにつきます。 その巨大さと、天をつくような煙、昔レコードで聞いたジェット音にもたとえられる迫力の音に酔いしれました……。
函館本線は函館駅と旭川駅を結ぶ路線です。 この路線の、長万部(おしゃまんべ)駅から小樽駅の間は、通称「山線」と呼ばれていて、名前の通り峠を越えながら山中を走る山岳路線。 この山線の撮影中によく立ち寄るお店で“きのこ王国”があります。 店内は、その名の通りきのこだらけです……。
秋といえばフルーツ。 さすがにフルーツ大国の信州。JRのホームにも、実のなる駅があるんです。ものすごくおいしそうなのですが、ホームの果実を食べるわけにもいきません。  そこで昨年取材で訪れた、信州の鉄道とアルピコ交通撮影時に出会ったフルーツのお話です。
前回は北海道の大地を走り抜けたザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)の走行と、公開のときに撮影した車内を見ていただきました。 今回は2018年に行われた試乗会の様子です。 実際に旅をして、豪華な食事を出していただきました。
今回は、いつもよりずっと贅沢! 豪華列車のお話です。 2020年夏、鉄道ファンの間で大きな話題になったのが、北海道を走るザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)です。 通常は横浜駅から伊豆急行線の伊豆下田駅までを8両編成で走るレストラン列車ですが、この夏は北海道の大地を駆け抜けました……。
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル