MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
琥珀|60年の時を刻む三島由紀夫も愛したここにしかないバー(バー/湯島)

琥珀|60年の時を刻む三島由紀夫も愛したここにしかないバー(バー/湯島)

「昭和の文人たちが愛したバー」特集掲載店、「琥珀」は作家・三島由紀夫が通ったバーとしても有名だ。東大や芸大も近いという場所柄か、どこか知的な華やぎらしきものも感じられる。[交]湯島駅2番出口から徒歩3分、上野広小路駅A3出口から徒歩3分

琥珀(最寄駅:湯島駅)

 オーセンティックとかクラシックとか、そういう言葉で語る必要がない、ここにしかないバーというのがある。それはおそらく時間と人が造るもので、ここ『琥珀』はそういったバーだ。 1955年開業。開業9年目に今の場所に移って以来、変わらずここにある。湯島の繁華街の喧騒からちょっと路地を入って扉を押せば、ぽっかりと落ち着いた空間が現れる。 ここは作家・三島由紀夫が通ったバーとしても有名だ。東大や芸大も近いという場所柄か、どこか知的な華やぎらしきものも感じられる。 三島がよく飲んだというのはジントニック。ボディビルをやった後、その仲間たちと大勢で訪れる、賑やかで楽しい酒だったという。「僕はまだ学生でしたね」 とは、マスターの木村文比古氏。三島をはじめ作家連中には、創業者で明治生まれのママのファンも多かったというが、木村さんはそのご子息。そして今は皆、このベテランバーテンダーに会いに来る。 いつも変わらぬブレることのない所作で、すっと差し出されるマティーニ。ドライなのだが、甘くどこかやさしい一杯は人柄か。ファンは数多い。 氏が厳選して買い付け、ここで時を経てきたボトルも素晴らしい。60年前のものから、デッドストックも数々。「昔のウイスキーは造りが違うんだよ」――なんて話に耳を傾けながら本日も一杯。『琥珀』は変わることなく、時を刻み続けている。

ジントニック
1500円

三島由紀夫が好んだジントニック。そのスタイルは今も変わらない

カルヴァドス
1500円

アンフォラのようなポットに寝かされ、繊細でしなやかな味わいを見せるカルヴァドス

琥珀

[住所]東京都文京区湯島3-44-1 [TEL]03-3831-3913 [営業時間]18時~24時 [休日]日・祝(年末休12/31〜1/3) [席]カウンター9席、10名×1卓、計19席/禁煙席なし/カード可/予約可/チャージ1000円 [交通アクセス]地下鉄千代田線湯島駅2番出口から徒歩3分、銀座線上野広小路駅A3出口から徒歩3分

電話番号 03-3831-3913
2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
天然水の強炭酸ソーダと溶けにくい特製氷で作った、冴えた飲み口のハイボールがなんと30種類以上! 
シードルとウイスキーを愛する店主・藤井さんが2015年に開いたバー。午後3時から営業しているのも魅力で、シードルはグラスでも楽しめるほか、料理も充実。
バックバーに並ぶのは山椒、コーヒー、ラベンダーなどを漬け込んだ約50種の自家製リキュール。これをベースにソーダやトニックウォーター、はたまたリクエストに応えて、とフレキシブルに飲ませてくれる。
飲み屋街のど真ん中にありながら、スタイリッシュな雰囲気が魅力的。ここで飲むべきは、常時10種類以上揃う季節のフルーツを使ったカクテルだ。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
甘じょっぱいタレに浸かったエビの天ぷらは、ご飯と海苔との相性がバツグン。ご飯とおかずがひと口サイズで一度につまめるため、数あるお弁当の中でもとにかく食べやすい。
近年、さまざまな味付けのサバ缶が増えているが、洋風サバ缶の代表格といえば「トマト味」。 なんとなく「トマト系サバ缶って、想像のつく味……」というイメージがあるけれど、昨年、そんな既成概念を覆す、とんでもない商品がデビューした。 それが、千葉県銚子に位置する「信田缶詰」の「BISTORO缶 美味しいトマトとさば」だ。
ふらっと立ち寄ったお店で心がときめく瞬間がこれまで何度かある。 「ホテルの1階にこんなお店ができたんや。立ち飲み屋で日本酒も豊富そうやし、変わったお店やな……」 こう感じた店が、今回紹介する「ぽん酒マニア」。 確かオープン初日、もしくは翌日だったはずだ……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt