MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
琥珀|60年の時を刻む三島由紀夫も愛したここにしかないバー(バー/湯島)

琥珀|60年の時を刻む三島由紀夫も愛したここにしかないバー(バー/湯島)

「昭和の文人たちが愛したバー」特集掲載店、「琥珀」は作家・三島由紀夫が通ったバーとしても有名だ。東大や芸大も近いという場所柄か、どこか知的な華やぎらしきものも感じられる。[交]湯島駅2番出口から徒歩3分、上野広小路駅A3出口から徒歩3分

perm_media 《画像ギャラリー》琥珀|60年の時を刻む三島由紀夫も愛したここにしかないバー(バー/湯島)の画像をチェック! navigate_next

琥珀(最寄駅:湯島駅)

 オーセンティックとかクラシックとか、そういう言葉で語る必要がない、ここにしかないバーというのがある。それはおそらく時間と人が造るもので、ここ『琥珀』はそういったバーだ。 1955年開業。開業9年目に今の場所に移って以来、変わらずここにある。湯島の繁華街の喧騒からちょっと路地を入って扉を押せば、ぽっかりと落ち着いた空間が現れる。 ここは作家・三島由紀夫が通ったバーとしても有名だ。東大や芸大も近いという場所柄か、どこか知的な華やぎらしきものも感じられる。 三島がよく飲んだというのはジントニック。ボディビルをやった後、その仲間たちと大勢で訪れる、賑やかで楽しい酒だったという。「僕はまだ学生でしたね」 とは、マスターの木村文比古氏。三島をはじめ作家連中には、創業者で明治生まれのママのファンも多かったというが、木村さんはそのご子息。そして今は皆、このベテランバーテンダーに会いに来る。 いつも変わらぬブレることのない所作で、すっと差し出されるマティーニ。ドライなのだが、甘くどこかやさしい一杯は人柄か。ファンは数多い。 氏が厳選して買い付け、ここで時を経てきたボトルも素晴らしい。60年前のものから、デッドストックも数々。「昔のウイスキーは造りが違うんだよ」――なんて話に耳を傾けながら本日も一杯。『琥珀』は変わることなく、時を刻み続けている。

ジントニック
1500円

三島由紀夫が好んだジントニック。そのスタイルは今も変わらない

カルヴァドス
1500円

アンフォラのようなポットに寝かされ、繊細でしなやかな味わいを見せるカルヴァドス

琥珀

[住所]東京都文京区湯島3-44-1 [TEL]03-3831-3913 [営業時間]18時~24時 [休日]日・祝(年末休12/31〜1/3) [席]カウンター9席、10名×1卓、計19席/禁煙席なし/カード可/予約可/チャージ1000円 [交通アクセス]地下鉄千代田線湯島駅2番出口から徒歩3分、銀座線上野広小路駅A3出口から徒歩3分

電話番号 03-3831-3913
2016年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
カフェ&バーのチェーン店「PRONTO(プロント)」を展開するプロントコーポレーション(東京都港区)は6月21日から、プロントの新たな夜の業態「キッサカバ(喫茶酒場)」を本格的にスタートさせました。従来のプロントとどう違うのか。なぜ、いま業態を変えるのか。担当者に聞いてみました。
コロナ禍のステイホームで、家で食事をする時間が増えましたね。ですが、マンネリになりがち。そして晩酌のお酒も……。そこで日本人には馴染みが薄い「シェリー」に注目。それに合うタパス(スペイン風つまみ)を「カルディ」の商品を使って考えてみました。
ジャパニーズモルトをメインに据えたバーだ。店主・高橋さんが国産にこだわる理由は至ってシンプル。ここが日本だからだ。
この店に行くと決めれば、普段よりもちょっとだけおしゃれをしようと思う。キッチン一体型のカウンター席に座ると、センスのいいBGMに混じって食材を切る音、炒める音が心地よく響いてくる。
店主・谷嶋さんは早大理工学部から大学院に進んで高分子化学を修め、化粧品会社の研究所に勤めた後、ウイスキー愛が高じてバーを開いた異色のバーテンダー。そんな香りのプロが日本ウイスキーの最高峰として推すのが「サントリーウイスキー 響21年」だ。
最新記事
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル