MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
ボブズリブズ(バル/渋谷)|絶妙な味付けが光る至高のデカ盛り!特製リブ料理が評判。

ボブズリブズ(バル/渋谷)|絶妙な味付けが光る至高のデカ盛り!特製リブ料理が評判。

「ボブズリブズ」の店長兼総料理長・ボブさんのオリジナルレシピで仕上げる特製リブ料理が評判。イチオシは「1.5ポンド スパイシーバックリブ 」。約680gの大きな骨付き肉がドンと皿にのり、迫力満点!カジュアルなバルで、魅惑的な肉料理の数々をご堪能あれ。[交]JR山手線ほか渋谷駅東口から徒歩約5分、表参道駅より徒歩5分

ボブズリブズ(最寄駅:渋谷駅)

豪快にかぶりつけば、ケイジャンスパイスを効かせた肉の旨みが口中に広がり、まさに至福の味わいだ。

「スペアリブ オリジナルBBQソース」(2ピース1500円)は、4時間煮込んで味の染みたトロトロの肉が抜群の美味しさ。ナンプラーなどを使ったスパイシーな自家製BBQソースが食欲を誘い、ワインが進むことこの上ない。

カジュアルなバルで、魅惑的な肉料理の数々をご堪能あれ。

1.5ポンド スパイシーバックリブ 
2800円

その時の仕入れによりバックリブの大きさはさまざまだが、取材日は約30㎝のビッグサイズ。1人でペロリと平らげるツワモノもいるのだとか。どっしりしていながら優しい口当たりの肉専用の黒ワイン「カーニヴォ」(グラス800円、ボトル4800円)と合わせたい。1.5ポンドのバックリブは、「ハーブガーリックバター」もある

スペアリブ オリジナルBBQソース
(2ピース)1500円

肉厚でジューシーなスペアリブ。煮込んだあと、ひと晩冷まして余計な脂を取り除くことで、しっとりした状態になるのだとか。付け合わせの枝豆のガーリックバター炒めも絶品(季節で変更)

産直野菜 バーニャカウダ ラージ
1500円

パプリカやカブ、ヤングコーン、ミニトマトなど、鎌倉野菜や千葉県産の季節の野菜をたっぷり使用。リブなどの肉料理と一緒に、ぜひ注文を

[その他のメニュー]
スペアリブ アメリカンコーラ煮込み レギュラー(1本)800円、バックリブ はちみつ赤ワインソース レギュラー(1本)800円、フライドリブ ハーフ700円、季節の産直野菜 自家製ピクルス500円、自家製白レバーのパテ600円など

ボブズリブズ

東京都渋谷区渋谷2-11-14 ステージ青山1階 ☎03-5778-2229 [営]17時半~翌3時(翌2時半LO) [休]日※祝は不定休あり [席]カウンター5席、テーブル20席 計25席/禁煙席なし/予約可/カード可/お通し代1人300円 [交]JR山手線ほか渋谷駅東口から徒歩約5分、表参道駅より徒歩5分

電話番号 03-5778-2229
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
エチェガライとはマドリードにある通りの名前で、そこに店主の大森さんが好きなシェリー専門のバルがある。そんな現地の雰囲気で、シェリーと、それに合うスペイン料理を楽しむことができるのだ。
 1932年(昭和7年)創業の老舗酒問屋が営む小さなバルが、1年のブランクを経て先月リニューアルオープンした。つまみは生ハムに、チーズ、そしてタパスが少々。
ジビエが苦手な人ほど食べてほしいのがここのイノシシ肉。柔らかな肉と甘みたっぷりの脂が驚くほどの美味しさなのだ。
店主の今村さんが本場スペインで体感したバルの魅力をそのまま神楽坂で再現したような店だ。肉、魚、野菜と目移りする多彩なタパスは美味炸裂のオンパレード。
目の前で揚げる本格天ぷら、そして手の込んだ和食、その両方が同時に楽しめるバル……気になるでしょ?その注目の一軒がココ。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt