MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
池袋にある路地裏の名店!プリプリの新鮮ホルモンからあふれ出すウマさに悶絶!

池袋にある路地裏の名店!プリプリの新鮮ホルモンからあふれ出すウマさに悶絶!

路地裏の名店とは、まさにこの店のこと。『ホルモン焼 柳』は超新鮮な国産ホルモンをウリに、20年間営業を続けてきた。

ホルモン焼 柳(最寄駅:池袋駅)

プリプリの新鮮ホルモンからあふれ出すウマさに悶絶!

素材の質もさることながら味つけも見事で、白味噌とコチュジャンをベースにした自家製のタレにひと晩漬け込み、しっかり味をなじませている。最後にドカンと盛ったニンニクのパンチ力も抜群! ロースターに乗せ、プックリふくらんだ身を頬張れば、コリッとした皮の食感と共に広がる脂のウマさに圧倒される。

シマホルモン
626円

もうもうと立ち上る炎と煙が食欲をガンガン刺激! コリコリとした小気味良い食感は新鮮さの証だ

シマホルモン
626円

たっぷりのニンニクと和えてからロースターへGo! 強烈なパンチでビールが止まらないウマさ

小腸
626円

丁寧に掃除して臭みは一切なし。大量の脂が口中で弾けるように広がっていく。店の実力を物語る、イチオシのひと皿だ

ガツ刺し
626円

茹でたガツと野菜をピリ辛ダレで和え、さっぱりとした味わい

お店からの一言

店主 柳澤菊雄さん

「平日は深夜まで営業!気軽に寄ってって」

ホルモン焼 柳の店舗情報

[住所]東京都豊島区池袋2-71-3 [TEL]03-5951-6787 [営業時間]18時半~翌2時(翌1時LO)、日・祝18時半~24時(23時LO) [休日]月 [席]計12席/喫煙可/予約可(少人数のみ)/カード不可/サなし、お通し代324円別 [交通アクセス]地下鉄有楽町線ほか池袋駅C6出口から徒歩6分

電話番号 03-5951-6787
2018年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
精肉店で10年働いた経験を持つ店主が厳選するホルモンを、多彩な料理で提供。良いもののみを仕入れるため欠品もあるが、本当に旨いものが並ぶ。
[もつやき ばん]のグルメ記事と写真のページ。レモンサワー初心者におすすめしたい“発祥の店”である。60年代、そのスタイルとネーミングはこの店がまだ中目黒にあったときに確立した。[交通アクセス]東急東横線祐天寺駅東口から徒歩6分
[焼肉ホルモン龍の巣]のグルメ記事と写真のページ。肉屋直営の強みを生かし、全国から仕入れたホルモンをすぐさま店舗へ直送。丁寧に下処理した鮮度抜群のホルモンをリーズナブルな価格で提供する。[交通アクセス]地下鉄副都心線ほか新宿三丁目駅C6出口から徒歩1分
[炭火家 おだづもっこ]のグルメ記事と写真のページ。気仙沼出身の店主が切り盛りする居酒屋。炭火でふっくら焼き上げた串焼きをはじめ、メニューが充実。[交通アクセス]JR中央線高円寺駅北口から徒歩5分
京都の人気店[ホルモン千葉]が2016年7月9日に東京渋谷に初上陸。斜めに置かれた特製の鉄板でスタッフが焼き上げるカウンタースタイル。[交通アクセス]はJR山手線ほか渋谷駅ハチ公口から徒歩約10分
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
甘じょっぱいタレに浸かったエビの天ぷらは、ご飯と海苔との相性がバツグン。ご飯とおかずがひと口サイズで一度につまめるため、数あるお弁当の中でもとにかく食べやすい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt