MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
専門家も唸る!世田谷『ブーランジェリー ヌクムク』の食パンは必食の逸品

専門家も唸る!世田谷『ブーランジェリー ヌクムク』の食パンは必食の逸品

1階がパン屋、2階がアメリカンテイストあふれるカフェ。ハード系から惣菜パンまで約100種が並び、使うカスタードクリームやミートソースなどもすべて手作りを心がけている。

ブーランジェリー ヌクムク(最寄駅:三軒茶屋駅)

ぜひ試してほしいのが「世田谷モチモチ食パンスペシャル」。天然酵母、湯種製法、長時間発酵など数々の技術で完成させたそれは水分量が極めて多く、びっくりするほどもっちりしっとり。パン研究家も認めた味わいだ。

世田谷モチモチ食パンスペシャル
380円

何ともみずみずしい食感でインパクト大(写真は一部カット)

奥久慈卵のクリームパン
210円

濃厚な奥久慈卵を使った自家製カスタードはポテッとした口当たり。生地もふわふわで人気№1

ブーランジェリー ヌクムクの店舗情報

■『ブーランジェリー ヌクムク』
[住所]東京都世田谷区太子堂5-29-3
[TEL]03-6805-5411
[営業時間]8時~20時、カフェ8時半~18時(金曜日・土曜日:~20時)※ランチタイム有
[休日]月曜日・第1・3・5火曜日
[座席]計16席(カフェ)/全席禁煙/予約可
[アクセス]東急田園都市線ほか三軒茶屋駅北口から徒歩8分

電話番号 03-6805-5411
2018年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
埼玉で創業55年超の人気店が出店。代表の倉田氏が他店シェフと共同開発した個性的なパンや、シベリアのような昔ながらのパンを販売している。
サンドイッチやサラダボウルのほか、購入したパンも店内で食べられる。オリジナルブレンドコーヒー(378円)のほか、自然派ワインやクラフトビールなども。
レストラン『ドンピエール』の人気メニュー、カレーに特化した店舗だ。店内ではフレンチの技法を使ったカレーライスを、店頭ではテイクアウト用カレーパンを提供している。
自社のパンと共に都内の名ベーカリーの品を揃え、パンのセレクトショップとしても営業するベーカリーカフェ。パンマニア憧れの品が一同に集まるので、パン好きならば一度は足を運びたいと言われる店だ。
鎌倉・雪ノ下に本店があるドイツパンと洋菓子の店。長谷店はカフェがメインで、本店から1日2回届く焼きたてパンを使ったサンドイッチやケーキが味わえる。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
甘じょっぱいタレに浸かったエビの天ぷらは、ご飯と海苔との相性がバツグン。ご飯とおかずがひと口サイズで一度につまめるため、数あるお弁当の中でもとにかく食べやすい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt