MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】風紋|作家たちが愛した新宿の文化遺産級バーは今も健在(バー/新宿三丁目)

【閉店】風紋|作家たちが愛した新宿の文化遺産級バーは今も健在(バー/新宿三丁目)

「昭和の文人たちが愛したバー」特集掲載店、新宿の外れにポツンとあるこの店は、開店して53年目。「一人の店主で50年続いたお店は新宿でも少ないんですって、ほほほ」と87歳になるマダム、林聖子さんは楽しそうに笑った。淡々とした風情の聖子さんは、太宰治の短編小説『メリークリスマス』のヒロイン、シズエ子のモデルだ。

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】風紋|作家たちが愛した新宿の文化遺産級バーは今も健在(バー/新宿三丁目)の画像をチェック! navigate_next

【閉店】風紋(最寄駅:新宿三丁目駅)

 新宿の外れにポツンとあるこの店は、開店して53年目。「一人の店主で50年続いたお店は新宿でも少ないんですって、ほほほ」と87歳になるマダム、林聖子さんは楽しそうに笑った。 淡々とした風情の聖子さんは、太宰治の短編小説『メリークリスマス』のヒロイン、シズエ子のモデルだ。聖子さんの母と太宰氏に親交があり、子供の頃から氏にかわいがられた。そんな縁からバーには多くの文人が通ったという。 常連の一人、檀一雄さんは、出版社での缶詰状態を抜け出しては息抜きにやってきた。「キッチンを乗っ取られちゃって」と聖子さん。料理上手な檀氏らしいエピソードが、なんとも微笑ましい。 ふらりとやって来る中上健二氏は、時おり新聞広告の裏に原稿を書いていたとか。 カウンターに座るとセピア色に焼けた漢字の品書きが目に飛び込んでくる。「ライ麦パン入荷しました」と書いてあるそうだが、まったく読めない。実は造語で、まだ日本では珍しい頃に福井県鯖江からライ麦パンを取り寄せていた名残りだとか。書いたのは塩田丸夫氏で、氏の茶目っ気ぶりが目に浮かぶ。次々と思い出を語る気取らない聖子さんとのおしゃべりが、懐かしい昭和の文壇世界を偲ばせる。

ウイスキーや焼酎など
一杯どれも500円

【閉店】風紋

東京都新宿区新宿5-15-2 池与ビルB1 ☎03-3354-6696 [営]18時~翌1時頃 [休]祝、年末年始 [席]カウンター8席、テーブル22席、計30席/全席喫煙可/カード不可/予約可/サなし、チャージ1500円 [交]地下鉄副都心線ほか新宿三丁目駅E1出口から徒歩1分

電話番号 03-3354-6696
2016年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
カフェ&バーのチェーン店「PRONTO(プロント)」を展開するプロントコーポレーション(東京都港区)は6月21日から、プロントの新たな夜の業態「キッサカバ(喫茶酒場)」を本格的にスタートさせました。従来のプロントとどう違うのか。なぜ、いま業態を変えるのか。担当者に聞いてみました。
コロナ禍のステイホームで、家で食事をする時間が増えましたね。ですが、マンネリになりがち。そして晩酌のお酒も……。そこで日本人には馴染みが薄い「シェリー」に注目。それに合うタパス(スペイン風つまみ)を「カルディ」の商品を使って考えてみました。
ジャパニーズモルトをメインに据えたバーだ。店主・高橋さんが国産にこだわる理由は至ってシンプル。ここが日本だからだ。
この店に行くと決めれば、普段よりもちょっとだけおしゃれをしようと思う。キッチン一体型のカウンター席に座ると、センスのいいBGMに混じって食材を切る音、炒める音が心地よく響いてくる。
最新記事
20年前、私はひたすら世界を旅をしていました。南米から中米の旅を終えて、メキシコから国境を越え、いよいよ自由の国アメリカへ。テキサス州ヒューストンまでの夜行バスと図書館で遭遇した驚きのルールをご紹介します。
ハワイ名物から、オリジナルフードまで味わえるレストラン「ザ・アイランド」 1号店が12月2日、東京・銀座にオープンしました。現地定番の味や創意工夫を凝らしたメニューはもちろんのこと、ホテルのロビーのような洗練された店内も大きな魅力です。ゆったりとした時間が流れる優雅な空間で料理をいただけば、慌ただしい師走にあっても、南国ハワイにいるような自分だけのくつろいだ時間を送ることができるでしょう。
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
get_app
ダウンロードする
キャンセル