MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】風紋|作家たちが愛した新宿の文化遺産級バーは今も健在(バー/新宿三丁目)

【閉店】風紋|作家たちが愛した新宿の文化遺産級バーは今も健在(バー/新宿三丁目)

「昭和の文人たちが愛したバー」特集掲載店、新宿の外れにポツンとあるこの店は、開店して53年目。「一人の店主で50年続いたお店は新宿でも少ないんですって、ほほほ」と87歳になるマダム、林聖子さんは楽しそうに笑った。淡々とした風情の聖子さんは、太宰治の短編小説『メリークリスマス』のヒロイン、シズエ子のモデルだ。

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】風紋|作家たちが愛した新宿の文化遺産級バーは今も健在(バー/新宿三丁目)の画像をチェック! navigate_next

【閉店】風紋(最寄駅:新宿三丁目駅)

 新宿の外れにポツンとあるこの店は、開店して53年目。「一人の店主で50年続いたお店は新宿でも少ないんですって、ほほほ」と87歳になるマダム、林聖子さんは楽しそうに笑った。 淡々とした風情の聖子さんは、太宰治の短編小説『メリークリスマス』のヒロイン、シズエ子のモデルだ。聖子さんの母と太宰氏に親交があり、子供の頃から氏にかわいがられた。そんな縁からバーには多くの文人が通ったという。 常連の一人、檀一雄さんは、出版社での缶詰状態を抜け出しては息抜きにやってきた。「キッチンを乗っ取られちゃって」と聖子さん。料理上手な檀氏らしいエピソードが、なんとも微笑ましい。 ふらりとやって来る中上健二氏は、時おり新聞広告の裏に原稿を書いていたとか。 カウンターに座るとセピア色に焼けた漢字の品書きが目に飛び込んでくる。「ライ麦パン入荷しました」と書いてあるそうだが、まったく読めない。実は造語で、まだ日本では珍しい頃に福井県鯖江からライ麦パンを取り寄せていた名残りだとか。書いたのは塩田丸夫氏で、氏の茶目っ気ぶりが目に浮かぶ。次々と思い出を語る気取らない聖子さんとのおしゃべりが、懐かしい昭和の文壇世界を偲ばせる。

ウイスキーや焼酎など
一杯どれも500円

【閉店】風紋

東京都新宿区新宿5-15-2 池与ビルB1 ☎03-3354-6696 [営]18時~翌1時頃 [休]祝、年末年始 [席]カウンター8席、テーブル22席、計30席/全席喫煙可/カード不可/予約可/サなし、チャージ1500円 [交]地下鉄副都心線ほか新宿三丁目駅E1出口から徒歩1分

電話番号 03-3354-6696
2016年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
コロナ禍のステイホームで、家で食事をする時間が増えましたね。ですが、マンネリになりがち。そして晩酌のお酒も……。そこで日本人には馴染みが薄い「シェリー」に注目。それに合うタパス(スペイン風つまみ)を「カルディ」の商品を使って考えてみました。
ジャパニーズモルトをメインに据えたバーだ。店主・高橋さんが国産にこだわる理由は至ってシンプル。ここが日本だからだ。
この店に行くと決めれば、普段よりもちょっとだけおしゃれをしようと思う。キッチン一体型のカウンター席に座ると、センスのいいBGMに混じって食材を切る音、炒める音が心地よく響いてくる。
店主・谷嶋さんは早大理工学部から大学院に進んで高分子化学を修め、化粧品会社の研究所に勤めた後、ウイスキー愛が高じてバーを開いた異色のバーテンダー。そんな香りのプロが日本ウイスキーの最高峰として推すのが「サントリーウイスキー 響21年」だ。
ウイスキーの新しい可能性を探るカクテル、“ウイスクテイル”を広めているのが、店主の静谷さん。日本に9人しかいないマスター・オブ・ウイスキーのひとりだ。
最新記事
白砂糖、合成甘味料、保存料、添加物を一切使用しないチーズケーキ専門店。様々なフレーバーのチーズケーキが揃うが、まず味わってほしいのが「ドライフルーツ レアチーズケーキ」。
美味満載の発酵食品は、知識がなくとも普通に旨い。でもその効果や働きを少しでも知れば、虜になるほど興味津々になること間違いなしです!
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル