MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
シニフィアン シニフィエ(パン/三軒茶屋)ーグルメ取材記事と写真

シニフィアン シニフィエ(パン/三軒茶屋)ーグルメ取材記事と写真

シニフィアン シニフィエ(パン/三軒茶屋)のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。数々の名店でシェフ・ブーランジェを務めた志賀勝栄シェフの店『シニフィアン シニフィエ 世田谷本店』。定番商品の小麦の配合などを見直し、より美味しさを極めた味を提案している。[住所]東京都世田谷区下馬2-43-11 1階

perm_media 《画像ギャラリー》シニフィアン シニフィエ(パン/三軒茶屋)ーグルメ取材記事と写真の画像をチェック! navigate_next

シニフィアン シニフィエ 世田谷本店(最寄駅:三軒茶屋駅・池尻大橋駅)

名店で腕を磨いたシェフが配合を見直しリニューアル!

例えば人気の「パンドミ」は湯種製法を取り入れ、さらにもっちりとした食感に。材料も製法も吟味された、新たな味わいを確かめて。

40時間発酵バゲット
1本540円

国産小麦など4種の粉をブレンドし約11℃で40時間発酵。奥深い甘みがある

パン オ ヴァン
1/2 2052円

赤ワインで仕込んだ生地にナッツとドライフルーツがたっぷり。スライスして赤ワインやチーズと一緒に

パン ド ミ
1/2 594円

白米のようにモチモチに仕上げた食パン

シニフィアン シニフィエ 世田谷本店の店舗情報

■『シニフィアン シニフィエ 世田谷本店』
[住所]東京都世田谷区下馬2-43-11 1階
[TEL]03-3422-0030
[営業時間]11時~18時(季節で変更あり)
[休日]不定休/予約可
[交通アクセス]東急田園都市線ほか三軒茶屋駅・池尻大橋駅から徒歩15分

電話番号 03-3422-0030
2018年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
北海道では秋が収穫どきな小豆。そんな、今まさに旬!な小豆を使った「あんパン」と「あんバター」から、厳選された逸品をご紹介します。昔ながらのあんパン派の『おとなの週末』ライター池田と、今どきのあんバター派の編集・戎によるあんこバトルも開戦?
芸能界イチのパン好き女優・木南晴夏さん。好きが高じて2020年3月に自身初となる著書『キナミトパンノホン』を上梓しました。東京を中心に関東のパン屋さんから9カテゴリ全48軒が登場しています。その中から、オンラインショップでも買える5軒を厳選。木南さん本人のおすすめポイントと共にご紹介します。
入り口に書かれた「焼きたてパン。昭和25年創業。昔風の作り方です」のコピーに心惹かれるレトロなお店に、懐かしい面持ちのパンが並ぶ。
毎日の朝食や食卓に欠かせない身近なものから、リッチな高級系まで出揃っていて、最近ますます「食パン」が面白くなっています。東京のパン屋さんのなかでもコレ! と、おと週取材班が太鼓判を押す逸品を、厳選してご紹介。おすすめの食べ方も掲載です!
食品や日用品などさまざまな商品が並ぶコストコは、パンの種類も充実しています。その中で見つけたのが新商品の「国産ミルクブレッド」。白くてふわふわした見た目から、あの名作アニメに登場した「白パン」を思い出します。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル