MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
大阪ローカル穴場メシ情報[23] タイ料理のステイタスNOSMG!を貫く十三の穴場タイ料理店「Twochefs(トゥシェフズ)」

大阪ローカル穴場メシ情報[23] タイ料理のステイタスNOSMG!を貫く十三の穴場タイ料理店「Twochefs(トゥシェフズ)」

十三は東口から出て徒歩で約10分。歓楽街から離れた淀川区役所の目の前に、ひっそりと佇む名店を発見した。 タイ料理の「Twochefs(トゥシェフズ)」というお店で「NOMSG!」。いわゆる商品添加物や合成保存料などを使用しないという意味だ。

perm_media 《画像ギャラリー》大阪ローカル穴場メシ情報[23] タイ料理のステイタスNOSMG!を貫く十三の穴場タイ料理店「Twochefs(トゥシェフズ)」の画像をチェック! navigate_next

タイ料理のステイタスNOSMG!を貫く十三の穴場タイ料理店「Twochefs(トゥシェフズ)」


十三は東口から出て徒歩で約10分。

歓楽街から離れた淀川区役所の目の前に、ひっそりと佇む名店を発見した。

タイ料理の「Twochefs(トゥシェフズ)」というお店で「NOMSG!」。

いわゆる商品添加物や合成保存料などを使用しないという意味だ。


「タイではNOMSG!がステイタスになっています。
 昔はオーガニックが当たり前でしたが、近年はタイ料理も食品添加物を使用するお店が増えて、
 悲しいことに今ではステイタスになってしまった」(日本人オーナー)


オーナーが、青年海外協力隊を経てタイと交流を持つようになったのは約20年前のこと。

「ルーシーダットン」というタイヨガに興味を持って、免許を取得するため、タイには足繁く通っていたという。

それが今では、マリオットホテル出身のタイ人コックとともに、調理や接客まで切り盛り。

22時を過ぎても客入りは満席で、お客がひっきりなしにやって来る。

しかも、値段も手ごろ。

「春雨とシーフードのサラダ」は680円と安い。


タイの定番サラダのヤムウンセンは辛さ控えめで提供される。

もちろん、辛めにもオーダー可。



野菜はシャキシャキ。

ナンプラーの風味が実にイイ。

個人的には、タイ料理を食すには欠かせない料理である。

続いて注文した「カイヤッサイ」(680円)は女性に人気で、タイ唐辛子味噌で炒めた鶏ひき肉を卵焼きで包んだもの。


見た目もキュートなので、多くのお客さんが同メニューを注文していた。

「この店でいちばん好きな料理はココナッツスープ」とは、常連客。

「チキンのココナッツスープ」(900円)は、まろやかなココナッツの風味が食欲を倍増。


蓋をあけると、クリーム色というより白に近いスープがドーン。

蒸気とともに、ココナッツ風味が瞬く間に広がった。


タイハーブとココナッツミルクのスープは辛みが一切なく、生姜とレモングラスが甘みをさらに際立たせるアクセントとなっている。


おススメされただけあって、お酒を忘れてずっと飲んでしまうほどの旨さだった。

辛いものが苦手な人でもこの店のタイ料理なら、汗すらかかずに食べられるだろう。


Twochefs(トゥシェフズ)
[住所]大阪市淀川区十三東7丁目8-12
[TEL]06-6309-5554
[営業時間]11:30~14:30
      18:00~23:00
[定休日]月曜






加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
加藤慶@おとなの週末

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

関連するキーワード
関連記事
生野区の今里には無数の韓国料理店がある。 そのなかで、韓国人からも日本人からも最も評判が良いお店がココ「麦」だ。 驚嘆のレベルの海鮮チヂミや、女子にも人気のスンドゥブなど、韓国料理の醍醐味が味わえる店なのだ。
松阪牛で有名な三重県松阪市で、実は鶏焼肉がスタンダードで人気だという。 「松阪市に親族がいまして、そこで鶏焼肉を食べたらむちゃくちゃハマった。それで鶏焼肉専門にして朝から飲めるスタイルのスタンドを西成で始めたんです」 とは、「スタンド八とり」の店主工藤光一さん。オープンして1年半。西成ですでに有名店だ。
とにかく魚への鮮度にこだわる! 桶売りやイカの生簀まで店内に設置して、他所では出せない魚のクオリティを細部まで突き詰め、高知から関西に進出。破竹の勢いで店舗を増やしたのが「寅八商店」である。 こだわったこの新鮮な食材と、料理への情熱。こんな大変な時期でも「客数が増加した」と聞いて、まさしく納得の店なのだ。
2020年1月、尻無川のほとりに飲食店をメインとした複合施設「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」がオープン。徐々にではあるが、名が浸透して新名所として活気づき始めている。 このタグボート大正、1階フロアの大半はフードホールで、約10店舗の飲食店が出店し、食を楽しむ人たちにも人気なのだ。
地下鉄メトロの心斎橋駅を歓楽街とは反対側の北方向に歩いて約5分。 平日だとスーツ姿の人が行きかうオフィス街に、“挑戦的な価格”でランチを提供する焼肉店があるという。 それが、10月5日にオープンしたばかりのホルモン・焼肉座「ちからや心斎橋店」。 端的にいえば、とにかく肉が安くて旨い店。だからこそ、ランチもお手ごろ価格なのだ。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル