MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
“自分時間”を堪能したいなら「無農薬 国産紅茶&癒しの空間」はいかが?

“自分時間”を堪能したいなら「無農薬 国産紅茶&癒しの空間」はいかが?

高円寺『サルトリイバラ喫茶室』|印象的なブリティッシュグリーンの壁の色、明治~昭和にかけて作られたデッドストックのカップ。男性ひとりで訪れても絵になる空間でいただけるのは、国内各地で作られた無農薬の国産紅茶(和紅茶)だ。

perm_media 《画像ギャラリー》“自分時間”を堪能したいなら「無農薬 国産紅茶&癒しの空間」はいかが? の画像をチェック! navigate_next

サルトリイバラ喫茶室(最寄駅:高円寺駅)

静謐な空間で個性豊かな国産紅茶と至福のひと時を

全般に軽やかな口あたりで、柔らかな味わいの国産紅茶。しかし、例えば「後藤さんの豊橋紅茶 あさつゆ」はミルクを思わせる香味がするように、茶葉の個性はバラエティに富む。食事やスイーツは、薬膳調理師の資格を持つ店主の中野さんが国産や無農薬の素材にこだわって作るもの。どれも紅茶と抜群の相性で体に優しく沁みる味わいだ。極上の国産紅茶と共にぜひ堪能してほしい。

愛知県・後藤さんの豊橋紅茶あさつゆ
750円

サラリとした飲み心地で、やさしい味わいの紅茶

薬膳仕立てのおこわと1杯茶セット
1180円

この日の「一杯茶」は沖縄・比嘉さんの羽地紅茶べにふうき。ふっくらと蒸されたおこわも絶品!

宮崎県・宮崎さんの五ヶ瀬紅茶 みなみさやか
800円

薔薇やジャスミンの香りが広がる「みなみさやか」。

国産ラム酒と黒糖の熟成ケーキ
540円

ケーキはラム酒がほどよく利いている

お店からの一言

店主 中野木綿子さん

「国産紅茶をぜひゆっくりと味わって下さい」

サルトリイバラ喫茶室の店舗情報

■『サルトリイバラ喫茶室』
[住所]東京都杉並区高円寺南3-46-2 2階
[TEL]03-6383-2826
[営業時間]12時~22時(21時15分LO)、日11時半~20時(19時45分LO)※ランチタイム有
[休日]水曜日(不定休あり)
[座席]カウンター6席、テーブル8席 計14席/全席禁煙/予約不可/カード不可
[アクセス]JR中央線高円寺駅南口から徒歩4分

電話番号 03-6383-2826
2018年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
築地市場駅から朝日新聞本社の表玄関から裏へ通り抜けると、新館(築地浜離宮ビル)が見えてくる。新聞社や市場で働く築地の人々に40年間、愛され続けている老舗で、開店時から変わらぬ味のナポリタンはファンも多い。
喫茶店で欠かせないフードメニューといえば、トーストやサンドなどのパンもの。朝はもちろん、昼でも、店によっては夜でも食べられる”がっつり系”をご紹介!
プリンアラモードやパフェ、オムライスにハンバーグ……昭和を感じさせる昔ながらの喫茶店でありながら、美味しい食事も多彩とあって、何を楽しむか迷ってしまう。が、ここに来たら、やっぱりこれ、ナポリタン!
何でもない風貌なのにやたらと人気を集めちゃうやつ、学生時代のクラスにもいませんでした?それがこの店のナポリタン。
使い込まれたカウンター。40~50回は出かけたという海外旅行で購入したお土産などが所狭しと飾られ、JBLのスピーカーから心地いい音圧でジャズが流れる。
最新記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。
「江戸っ子は屋台で寿司をつまんだ後、帰り際に暖簾で手を拭いて店を後にしたそうです。なので暖簾の汚れっぷりが、旨い店の判断基準だったとか」。と、話してくれたのは『挙母鮨』の星野店長。
get_app
ダウンロードする
キャンセル