MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おっさん女子の吉祥寺パトロール(73) 吉祥寺は東京の北欧だ! だって『moi』があるから、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(73) 吉祥寺は東京の北欧だ! だって『moi』があるから、の件

吉祥寺には、北欧を代表するキャラ=ムーミンのスイーツ&ドリンク系テイクアウト専門店『Mスタンド』や、北欧ドーナッツの『A』、北欧レストラン『A』、そのほかに北欧系雑貨の店も多い。というワケで、大正通りの一部分は『北欧通り』とも言われているのであった! 

perm_media 《画像ギャラリー》おっさん女子の吉祥寺パトロール(73) 吉祥寺は東京の北欧だ! だって『moi』があるから、の件の画像をチェック! navigate_next

吉祥寺は東京の北欧だ! だって『moi』があるから、の件


吉祥寺は東京の北欧である。

ちなみに、おっさん女子の私が勝手に決めたことではありません……。

吉祥寺には、北欧を代表するキャラ=ムーミンのスイーツ&ドリンク系テイクアウト専門店『Mスタンド』や、北欧ドーナッツの『A』、北欧レストラン『A』、そのほか、北欧系雑貨の店も多い……。

というワケで、大正通りの一部分は『北欧通り』ともいわれているのであった! 

さらに不定期開催で、12月に『北欧WALK』というのがあって、吉祥寺にある北欧関連の店巡りをすると、ちょっと得しちゃうっていうイベントがあるのよ。

2017年12月は、けっこう大がかりにやっていたけど、毎年やっているワケではない……。

イラスト/スタジヲワンツー



そんなアバウトさにもなかなか好感をもっております(笑)。

今年はどうなのかしら? 

やるの? 

やらないの? 

あっ、やるみたいですよ。

12月8日~25日だよ。

楽しみだな。


しかし、『moi』があるから北欧、というのは私が勝手に決めました。

『moi』は、北欧通り(大正通りの一部)にある北欧カフェである。

2002年に荻窪にオープンして、2007年に、吉祥寺に移転してきたそう。

ところで、吉祥寺の北欧『moi』とは、どんな店なのか?


はっきり言って、私はガチでこの店に頻繁に出没している。

ホントに超お気に入りである。

正直、この連載で紹介したくないが、背に腹は変えられない。

一体、何の“背”で“腹”なのか、書いている自分としても不明ですが、とにかく好き過ぎて感情的になりそうなので、箇条書きで『moi』の素晴らしさをお伝えしましょう。


1:テーブルが広く安定感があるので、ここに来るとアナログ仕事がはかどる

2:平日はおひとり様が多く、お店が静かで、私の得意技“ぼんやり”も加速する

3:ポストカードや北欧雑貨を販売しているスペースのセンスが、さり気なくよい

4:自家製シナモンロールが美味しい(他の北欧系フードも美味しい)

5:『レイニーデイ』『エンペラーズブライド』など、フルーツアロマ系の北欧紅茶が美味しい。
  もちろんコーヒーもおいしい

6:季節の限定ドリンクも、シーズン中に5~6回は飲んでおきたい美味しさ

7:店主は、おそらくエッジが効いているお人柄だと思うが、接客は癒し系

8:お店のインテリアや照明が“超さりげなく”オシャレ

9:土日祝の昼間は混んでいるが、行列するとかそういう面倒くさいことはない

10:お店全体(インテリア、カトラリー、店主含む)にスッキリとした清潔感がある

11:『moi』という店名が好きだ(フィンランド語で「やあ!」とか「Hi!」みたいな意味)

12:お客さんが店を出る際の店主の“お気をつけて”というソフトな声かけがいい


一応、12項目あげてみたが、あと20項目くらい軽く作れそうだ。

とても小さなお店なんだけど、そこもいい!


この際だから、おっさん女子的エピソードも披露しちゃう!


2017年の12月25日のクリスマスの夕方に、私は『moi』で、ひとりお茶をしていた。

隣に座っていた女子大生2名(清楚系女子)が、「サークルに“ウェーイ”が増えて辞めちゃった」と話していた。

ちなみに“ウェーイ”とは、四六時中”ウェ~イ~~♪“とか言って、テンションが高い人々。

昔でいうところのイケイケ。

もしくはパリピですな。

さらにちなみのこの2人は、天文サークルと英語ディベイトサークル所属であった(思いっきり盗み聞き)。

しかも英語ディベイトサークルは、部長がウェーイになってしまい、なぜか合宿でテニスをやらなくてはいけなくて、すごく辛かったと言っていた(苦笑)。

あらら、英語もディベートもまったく関係ないなそりゃ、と思わず合いの手を入れそうになった私。

そんなおとなしめの若い女子2名、キラキラ★クリスマス的な盛り上がりもしておらず、「今日、吉祥寺で買い物をして、moiで○○ちゃんとお茶しているのが、私のクリスマスっていう感じ」

「私も!」とニコニコ語りあっており、おっさん女子は非常に心が温まったのである。


12月~年末年始、とりわけクリスマスシーズンの吉祥寺は、さすがにキラキラ★で、ウェーイ♪で、超人混み(@_@)で、店に入れず路頭に迷ったカップルがウロウロしているという雰囲気がそこかしこに充満……(連載22回参照)。

しかし『moi』は、比較的平常心なので、激しくおすすめである。

というか、『moi』は、年中、平常心という感じで、そこも好きだ! 

この時期に『moi』にクリスマス感があるとしたら、お店で販売しているポストカードにクリスマスっぽいものが増えている、ということくらいかなぁ(笑)。

あと、冬の限定ドリンク『ラム・バタースコッチ』もおすすめ。

雑に説明すると特製カフェオレ+バターにラム酒をプラスした大人の飲み物。

ラム酒は自分で量を調整するので、ドバドバ入れたい人(私です)は、濃いめにするがいい! 

しかしお酒はちょっと……、という人は1~2滴たらせばいいと思います。寒い冬にぴったりだ!

というワケで、12月に比較的、平常心で生活している人々は、息抜きに『moi』がおすすめだよ、っていうのが言いたいワケです。


伝わったかなぁ。

お店に入るとすぐに、北欧雑貨とポストカードが置いてあるスペースがあって、さらに奥に進むと喫茶スペースがある。もちろん雑貨を見るだけでもOK。

ステキすぎる白いカップ&ソーサー。シンプルなのに、さり気なくオシャレなデザイン。コーヒーの色とのコントラストも超キレイ。ちなみに紅茶の場合は、紅茶って透明感があってキレイな色なんだなぁ、とシミジミします。

自家製シナモンロール。ちなみにフィンランドでは10月4日はシナモンロールの日みたいです。


サーモンの北欧風タルタルサンド。パンにもこだわっている感があって、美味しいです。

moi
[住所]東京都武蔵野市吉祥寺本町2-28-3 グリーニイ吉祥寺1F
[営業時間]平日/ 11時30分〜19時(18時30分L.O.) 土日祝 /12時〜19時(18時30分L.O.)
[定休日]火曜(年末年始は定休日&営業時間の変更があります)
http://moicafe.hatenablog.com/





天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル