MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
蔦屋 本店|大正から続くロングセラー(菓子店/長野駅)

蔦屋 本店|大正から続くロングセラー(菓子店/長野駅)

大正5年に創業した老舗の菓子店。看板菓子は、創業当時から続く「真田十万石最中」で、香ばしい最中の中にすっきりとした甘さのつぶあんがぎっしり詰まっている。爽やかなしそ餡を城の形をした最中で挟んだ「海津慕城」140円も美味。

perm_media 《画像ギャラリー》蔦屋 本店|大正から続くロングセラー(菓子店/長野駅)の画像をチェック! navigate_next

蔦屋 本店

大正5年に創業した老舗の菓子店。看板菓子は、創業当時から続く「真田十万石最中」で、香ばしい最中の中にすっきりとした甘さのつぶあんがぎっしり詰まっている。爽やかなしそ餡を城の形をした最中で挟んだ「海津慕城」140円も美味。

「真田十万石最中」
1個・118円

「真田十万石」と書かれた裏側には、六文銭が描かれている。

蔦屋 本店

長野市松代町松代524 ☎026-278-2005 [営]8時~19時半 [休]無休

電話番号 026-278-2005
2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
昭和13年(1938)の創業から作り方は同じ。わずかな砂糖と塩だけで味付けし、サツマイモは潰して練ることで、あえて芋らしい粒々感を残している。
コーヒー味のメレンゲ、カシスのクリーム、細かく砕いたクルミ入りのタルト。それをイタリア産とフランス産の栗を使った濃厚なマロンクリームがつなぐ。
気さくで小気味よく話す、店主・小嶋さんの人柄ゆえか、遠くから足を運ぶ常連さんも多し。店は快活な雰囲気に溢れている。
厚削りの本枯節をじっくり煮出したダシに、醤油のまろやかな風味が立つかえし。どっしりとした風合いのつゆは、これぞ江戸蕎麦と言わんばかりの伝統的な味わいだ。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
ラーメン。中でも醤油ラーメンは日本人にとって原点の味だ。様々なラーメンに携わり、最終的に「醤油だ!」と戻ってくる店主も少なくない。今回はその醤油に特化。研ぎ澄まされた進化系から、昔ながらの懐かし系まで、唸る一杯の三ツ星店を集めました。ほか、東京の「コの字酒場」、自宅で温泉気分に浸れる「入浴剤」も特集しています!
1168views 本誌紹介

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル