MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
美食とスパも揃う、名門カジノリゾート 「ソウル・ウォーカーヒル」一泊二日の旅【PR】

美食とスパも揃う、名門カジノリゾート 「ソウル・ウォーカーヒル」一泊二日の旅【PR】

羽田空港からおよそ2時間で行ける都市、ソウル。街中で買い物やエステ、美食にいそしむのも悪くはないが、ゆったりとした時間が流れるシティリゾートで過ごしてみてはいかがだろう。半世紀にわたって愛されてきた名門カジノリゾートの魅力を紹介したい。 (文/大山次郎)

美食にカジノ 非日常感漂うシティリゾートで優雅な週末を

思い立ったら、今度の週末にGO!

▲名門としての品格と上質な雰囲気を兼ね備えた「パラダイスカジノ・ウォーカーヒル」は、1968年より続く政府公認の名門カジノ。初心者でも気軽に楽しめるカジュアルさがうれしい

今度の週末、どこに行こうか。国内旅行もいいけれど、もう少し刺激的で優雅な旅をしてみた
い――そんな方におすすめしたいのが、ソウルだ。

ソウルといえば焼肉などのグルメ、女性なら買い物やエステを思い浮かべる人も多いだろうが、いつもと違う非日常感を求めるなら、ソウル中心街からほど近い“ウォーカーヒル”がいい。
そこには、カジノや美食、スパなどを愉しめるシティリゾート「ウォーカーヒルホテル&リゾート」があるからだ。

週末の朝、羽田空港を出発すれば、およそ2時間でソウルに到着。ソウルの中心街から車を東に走らせると、緑豊かな峨嵯山(アチャサン)が見えてくる。その麓にある小高い丘がウォーカーヒルだ。

眼下にはソウルのシンボルである漢江(ハンガン)が悠然と流れ、目の前にはソウル市街の美しい風景が目に飛び込んでくる。中心街の喧騒から離れたせいか、時間の流れも穏やかに感じる。

▲ウォーカーヒルから見えるソウル市街の美しい夜景

スパでリラックスした後は美食とカジノで贅沢な一夜を

ホテルに到着したら、まずはスパでリフレッシュ。午後はウォーカーヒルを散策したり、バーでお酒を愉しんだり。夕暮れ時を迎えたら、炭火焼肉などを提供するレストランで美味に舌鼓。なんとも贅沢なひと時だ。

▲漢江(ハンガン)を眺めながら足湯を楽しめる「SKYYARD」(「ビスタ・ウォーカーヒル」4F)

▲「ウォーカーヒルホテル&リゾート」には韓国宮廷料理をはじめ、数多くのレストランが揃う。写真は炭火焼カルビ専門店「明月館」


夜が更けてきたら、ソウルの旅のハイライトとして政府公認の名門カジノ「パラダイスカジノ・ウォーカーヒル」に足を運んでみたい。ラグジュアリーな雰囲気が漂うフロアには、ルーレットやバカラなど多彩なテーブルゲームがズラリ。格式ばったドレスコードはなく、スマートカジュアルでOKなのもうれしい。

さらに初心者でもすぐにゲームを楽しめるよう、スタッフのサービスも行き届いている。いつもより少しだけドレスアップして、ルーレットやブラックジャックで運試しするのはまさに非日常の愉しさだ。

さらにゲーム中は飲食のすべてが無料で、料理の数々をビュッフェ形式で堪能できる。

週末の二日間で非日常感を気軽に味わえる「パラダイスカジノ・ウォーカーヒル」。その優雅な刺激を、パートナーとともに体験してみてはいかがだろうか。

▲「パラダイスカジノ・ウォーカーヒル」には、ルーレットやブラックジャック、ポーカー、バカラなど多彩なボードゲームが揃っている。ゲームの遊び方も日本語版パンフレットや動画で確認でき、日本語が話せるディーラーも。ふらっと立ち寄ってもすぐにプレイできる

▲「グランド・ウォーカーヒル」のエントランス

[お問い合わせ先] 株式会社パラダイスインターナショナル 


[お問い合わせ先] 株式会社パラダイスインターナショナル 
TEL03-5114-6680 info@paradiseinternational.co.jp

お問合せ 03-5114-6680
2019年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
927views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
19331views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt