MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
【閉店】箱寿司|創業およそ50年東京では稀な大阪寿司専門店(寿司/新宿)

【閉店】箱寿司|創業およそ50年東京では稀な大阪寿司専門店(寿司/新宿)

 軽く〆た魚と酢飯を箱に詰めて作る押し寿司は関西が本場で、別名は大阪寿司。東京で出す店は珍しいが、ここは大阪出身の店主が営む専門店だ。

【閉店】箱寿司(最寄駅:新宿駅)

定番の穴子などの押し寿司、握りや棒寿司に加えて季節限定メニューもあり、春はさくら寿司が登場する。イートインも人気だが、新宿駅の地下街という場所柄、手土産に買って行く人も多い。

さくら寿司
1050円※期間限定

酢飯に梅酢を利かせたピンクの寿司は5月末までの春限定メニュー。タネはサヨリ、小鯛、エビなど5種類で上に薄い昆布をのせる

盛り合わせ
1375円

小鯛のバッテラと棒寿司の豪華な盛り合わせ。品書きには通年あるが、何といっても春は身が柔らかく小鯛が最も美味しい季節。鯛の棒寿司もここならでは

お店からの一言

店長 生沼陽介さん

「旬のお寿司もいろいろありますよ」

箱寿司の店舗情報

[住所]東京都新宿区西新宿1-1-3 小田急エース南館 [TEL]03-3343-3801 [営業時間]8時半~22時※ランチタイム有 [休日]無休[席]計12席/全席禁煙/持ち帰りは予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]JR、小田急線ほか新宿駅直結

電話番号 03-3343-3801
2018年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
渋谷でこの寿司屋を知っていたらきっと鼻が高いはず。代官山で40年愛された店が昨年移転。
店に入って最初に目につくのが、マグロの部位を示した黒板。そう、ここではまずマグロを味わうべし。
三崎のマグロ問屋直営ならではの逸品が、天然物のインドマグロを使った握り「まぐろ三昧」。赤身、中トロ、大トロ、炙り、ネギトロと、まさに三昧。
開業は約35年前というが、『貴乃』の屋号は約10年前から。浅草の前は銀座の名店で修業をした店主が握る寿司は、しっかりと仕事がされた江戸前だ。
料理はつまみと握りを織り交ぜたコースのみ。これが実に楽しい。
雰囲気やサービスはビストロのように気取らず、それでいて料理は手間を惜しまず丁寧にソースを作りあげ、季節の食材の美味しさを存分に引き出している。パリの星付きレストランでも修業した中井シェフの赤ワイン煮は、ピュアでクリアなソースが特長的。
まずその店名に目を奪われる。“おっさん”こと店主の長岡作茂さんは、西麻布の人気鉄板焼き店で店主を務めた後、この店を開店。
焼酎とワインは一切無しの日本酒に的を絞った居酒屋だ。爽酒、薫酒、醇酒、熟成酒とタイプ別に揃えた銘柄が約40種。
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt