MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
【閉店】箱寿司|創業およそ50年東京では稀な大阪寿司専門店(寿司/新宿)

【閉店】箱寿司|創業およそ50年東京では稀な大阪寿司専門店(寿司/新宿)

 軽く〆た魚と酢飯を箱に詰めて作る押し寿司は関西が本場で、別名は大阪寿司。東京で出す店は珍しいが、ここは大阪出身の店主が営む専門店だ。

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】箱寿司|創業およそ50年東京では稀な大阪寿司専門店(寿司/新宿)の画像をチェック! navigate_next

【閉店】箱寿司(最寄駅:新宿駅)

定番の穴子などの押し寿司、握りや棒寿司に加えて季節限定メニューもあり、春はさくら寿司が登場する。イートインも人気だが、新宿駅の地下街という場所柄、手土産に買って行く人も多い。

さくら寿司
1050円※期間限定

酢飯に梅酢を利かせたピンクの寿司は5月末までの春限定メニュー。タネはサヨリ、小鯛、エビなど5種類で上に薄い昆布をのせる

盛り合わせ
1375円

小鯛のバッテラと棒寿司の豪華な盛り合わせ。品書きには通年あるが、何といっても春は身が柔らかく小鯛が最も美味しい季節。鯛の棒寿司もここならでは

お店からの一言

店長 生沼陽介さん

「旬のお寿司もいろいろありますよ」

箱寿司の店舗情報

[住所]東京都新宿区西新宿1-1-3 小田急エース南館 [TEL]03-3343-3801 [営業時間]8時半~22時※ランチタイム有 [休日]無休[席]計12席/全席禁煙/持ち帰りは予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]JR、小田急線ほか新宿駅直結

電話番号 03-3343-3801
2018年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
夜はつまんで飲んで1人約2万円の高級店。それが、お昼はほぼ同じネタの寿司が2500円からという、とびきりお値打ちの1軒がここ。
『磯はな 神田店』が『はし本』として高級感ある店としてリニューアルしたのが2年前。その味、人気は依然と変わらず、ランチの評判も上々だ。
小田原の寿司店でも抜きん出た名店。買参権を持つ店主が競り落とした地魚を活きたまま店に運び、〆て血抜き。
50年以上の歴史がある町の寿司屋の3号店で、駅近の立地。夜は握りのおまかせコースのみだが、昼は同じネタをばらちらしでよりリーズナブルに楽しめる。
厚削りの本枯節をじっくり煮出したダシに、醤油のまろやかな風味が立つかえし。どっしりとした風合いのつゆは、これぞ江戸蕎麦と言わんばかりの伝統的な味わいだ。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
ラーメン。中でも醤油ラーメンは日本人にとって原点の味だ。様々なラーメンに携わり、最終的に「醤油だ!」と戻ってくる店主も少なくない。今回はその醤油に特化。研ぎ澄まされた進化系から、昔ながらの懐かし系まで、唸る一杯の三ツ星店を集めました。ほか、東京の「コの字酒場」、自宅で温泉気分に浸れる「入浴剤」も特集しています!
1057views 本誌紹介
道を究めた一流の料理人と、日本を代表する美容業界社長という、異業種の組み合わせで語り合う本企画。第3回目となる今回は、天ぷら界随一の理論派でもある近藤文夫さんをフォーカス。対する高級化粧品会社社長・小林章一さん、実は“天ぷらNG”の前情報もあり、ビジネス談義以外も見所満載。 果たしてふたりの会話の行方は如何に、そして小林社長は天ぷら開眼なるか!?
233views まとめ記事

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル