MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
コラム
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
横浜中華街で言わずと知れた水餃子の名店「山東2号店」皮・餡・タレ全てがウマい!

横浜中華街で言わずと知れた水餃子の名店「山東2号店」皮・餡・タレ全てがウマい!

 言わずと知れた水餃子の有名店。創業30年以上経つ今も皮から手作りし、国産豚肉とニラをたっぷり入れた餡を丁寧に包んで仕上げる。

perm_media 《画像ギャラリー》横浜中華街で言わずと知れた水餃子の名店「山東2号店」皮・餡・タレ全てがウマい!の画像をチェック! navigate_next

山東 2号店(最寄駅:元町・中華街駅)

味の決め手は、何種類もの薬味を使った秘伝のタレ。タレにつけた水餃子の上にココナッツをのせて食べるのがこの店の流儀だ。ジューシーな餡とモチモチの皮、そこに幾重にも折重なる複雑な旨みのタレが相まって、その旨さは感涙モノ。シャキシャキした豆苗、XO醤を利かせたエビなど、お酒が欲しくなる料理も目白押し。

水餃子(10ヶ)
700円

やや大ぶりの水餃子は食べ応え抜群。餃子はほかに焼餃子(8ヶ)800円、セロリの水餃子(10ヶ)800円など。平日ランチは、水餃子(5ヶ)にスープやおしんこ、杏仁豆腐などがついて700円のメニューもある

海老とXO醤の炒め
1500円

プリプリのエビにXO醤のコクが加わり、たまらぬ美味しさ。野菜もたっぷり入ってこの値段は、かなりリーズナブル

豆苗の炒め
1500円

シャキシャキした歯応えと絶妙の塩加減で人気の一品。注文後にサッと出てくるので、スターターに最適だ

お店からの一言

マスター 温 協橲さん

「水餃子をはじめ中国家庭料理が味わえます」

山東 2号店の店舗情報

[住所]神奈川県横浜市中区山下町150-3 [TEL]045-212-1198 [営業時間]11時~翌1時(24時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]全93席/分煙/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]みなとみらい線元町・中華街駅2番出口から徒歩7分

電話番号 045-212-1198
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
『筑紫樓』といえばフカヒレ専門店の重鎮。行ってみたいけど、恵比寿本店や銀座店の煌びやかなイメージに及び腰……。
中華は家族みんなで囲める料理。ならばどんな世代にも親しみやすく、なおかつ体に優しい方がいい。
ここでは何をさておいてもまずコレ、見事な焼き色、ボリュミーな姿にそそられる通称“ジャンボ餃子”だ。本店は1949年創業の老舗だが、そこで当時から変わらない手作りで半世紀以上愛されてきた味。
山東省出身の現店主の祖父が店を開いたのが、1949年のこと。夜のメニューは、フカヒレやアワビなどの高級食材を使った一品から点心類まで幅広い。
東急世田谷線・三軒茶屋駅の程近く、ここだけ昭和にタイムスリップしたかのように佇む。1973年の創業ながら、入口の食品サンプルまで手入れが行き届き、店主夫妻の実直な人柄が伺える。
ホットスナックが充実しているコンビニで、驚きの新商品が登場しました。その名も「ファミチキバンズ」。2021年1月12日の発売以降、人気を博しているこちら。ファミチキを挟む専用バンズとのことだが、本当にそれでいいのか!? いろいろ挟んでみた。
オシャレな街・中目黒で見つけたちょっとクールな焼きとん屋……なのだけど、出てきた逸品は昭和の王道をいく煮込み。素朴な面持ちのジャガイモがごろりと入り、モツはむっちりふわふわ、やわらかくとろけていく。
「最近ラーメンはちょっと重くて……」そんな“おとな”世代にうれしい一杯を作るのが、オーナーの大谷さん。鶏、和風、海鮮の3種類のダシを合わせたトリプルスープは、分厚い旨みがありながらも軽やかな仕上がり。
ピークより少し落ちてきたかもしれないですが、まだまだ人気の漫画『鬼滅の刃』。鬼と聞いておと週編集部が思い浮かんだのは、あのお酒。少々強引かもしれませんが、あのお酒の本当に旨い飲み方を開発してみました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル