MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
横浜中華街で言わずと知れた水餃子の名店「山東2号店」皮・餡・タレ全てがウマい!

横浜中華街で言わずと知れた水餃子の名店「山東2号店」皮・餡・タレ全てがウマい!

 言わずと知れた水餃子の有名店。創業30年以上経つ今も皮から手作りし、国産豚肉とニラをたっぷり入れた餡を丁寧に包んで仕上げる。

山東 2号店(最寄駅:元町・中華街駅)

味の決め手は、何種類もの薬味を使った秘伝のタレ。タレにつけた水餃子の上にココナッツをのせて食べるのがこの店の流儀だ。ジューシーな餡とモチモチの皮、そこに幾重にも折重なる複雑な旨みのタレが相まって、その旨さは感涙モノ。シャキシャキした豆苗、XO醤を利かせたエビなど、お酒が欲しくなる料理も目白押し。

水餃子(10ヶ)
700円

やや大ぶりの水餃子は食べ応え抜群。餃子はほかに焼餃子(8ヶ)800円、セロリの水餃子(10ヶ)800円など。平日ランチは、水餃子(5ヶ)にスープやおしんこ、杏仁豆腐などがついて700円のメニューもある

海老とXO醤の炒め
1500円

プリプリのエビにXO醤のコクが加わり、たまらぬ美味しさ。野菜もたっぷり入ってこの値段は、かなりリーズナブル

豆苗の炒め
1500円

シャキシャキした歯応えと絶妙の塩加減で人気の一品。注文後にサッと出てくるので、スターターに最適だ

お店からの一言

マスター 温 協橲さん

「水餃子をはじめ中国家庭料理が味わえます」

山東 2号店の店舗情報

[住所]神奈川県横浜市中区山下町150-3 [TEL]045-212-1198 [営業時間]11時~翌1時(24時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]全93席/分煙/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]みなとみらい線元町・中華街駅2番出口から徒歩7分

電話番号 045-212-1198
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
昭和の頃は、水餃子といえばスープにとぷんと餃子が浮いていた。同店の水餃子はまさに懐かしいそのスタイル。
戦前に生花店から始まり、戦後は甘味処、そして今では街の人々に愛される食事処となった。定食や丼物に洋食と幅広いメニューのなかでも、いちばん人気がこのタンメン。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
お店のオープンまで、オーナーの大釜和也さんと竹浪洋和さんのふたりで1年間食べ歩き、さらに1年間毎日餃子を試作し、究極の餃子を目指した。皮はミリ単位で厚みを変え、焼く油も厳選し、挽き肉は部位や挽き具合、混ぜ合わせる温度や湿度にもこだわったという。
中華食堂といった風情の『かかん』は、贅沢な中華ではなく、日常に食べてもらえる店にしたかったという。ランチの圧倒的な人気は冷めないように鉄鍋で出す、グツグツ煮えた麻婆豆腐。
スイーツ好きにとって垂涎の的である名パティスリー。ガトーフレーズの外見はまさに王道だが、シンプルだからこそ、オーナーシェフ・和泉光一さんのこだわりを体感できる。
毎朝りんごの皮むきから丁寧に仕込まれるそれは、りんごの命を享受するような豊かな風味の逸品!
カウンター酒場の名物なら煮込みがテッパンだ。この店のそれは串スタイル。
名物の「づけあなちらし」は、マグロのヅケとふっくら炊かれた穴子が豪快にのったちらし。驚くのがシャリの下に、エビ、イカ、サーモン、イクラ、数の子など数々の具材が隠されていること。
昭和24年の創業以来、変わらぬ味を守り続ける老舗。合挽き、玉ネギ、ニラからなる餡を小ぶりの三角形に包み、パリッと焼き上げる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt