MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
卵重ねづけの独特の衣が味わい深い「丸八」のとんかつ(とんかつ/大井町)

卵重ねづけの独特の衣が味わい深い「丸八」のとんかつ(とんかつ/大井町)

おとなの週末「ご馳走とんかつ厳選7店」に選ばれたおすすめの1店舗!大井町のとんかつ丸八 支店(まるはちとんかつ)は昭和の人情食堂の趣きがある。上質なラードを使い、低温から揚げ始めて高温で仕上げるとんかつは、衣が特徴。是非おすすめしたい![交]JR京浜東北線、東急大井町線ほか大井町駅西口から徒歩約4分 ※ランチタイム有

とんかつ丸八 支店(最寄駅:大井町駅)

夫婦で切り盛りする温かな雰囲気と、抜群の量と質で長年愛されている。上質なラードを使い、低温から揚げ始めて高温で仕上げるとんかつは、衣が特徴。片面だけ卵を二度づけし、上の衣は黄身を抱えてふんわり厚めに、底は薄くサクサク食感に仕上げ、上下で衣の厚さを変えているのだ。これがジューシーな豚肉と絶妙なハーモニーを醸し出す。ロースかつはもちろん、他にも生姜焼きやコロッケなど、ご飯をかき込みたくなるメニューが揃っている。

上ロースかつ定食
1650円

ダイナミックな盛りに誰もが歓声を上げるひと皿。卵の甘みが加わった独特の衣は味わい深く、優しい口当たり。ややもっちりとした食感と相まって、肉がより柔らかく感じられる。女将さんが独自調合したフルーティなソースと辛子で食すのが抜群に合う。山盛りのご飯は2杯までおかわり無料。豚汁とお新香も付く

ポークソテー定食
1650円

肉も分量も「上ロースかつ」と同じ。肉は柔らかくほどけ、皿からこぼれんばかりの風味豊かなデミグラスソースとたっぷりの玉ねぎにも食欲をそそられる

とんかつ丸八 支店

[住所]東京都品川区南品川6-11-28 [TEL]03-3471-5689 [営業時間]11時~14時、17時~21時 [休日]月 [座席]1階:カウンター8席、2階:座敷テーブル4席×4卓 計24席/全席禁煙/貸し切りのみ予約可/カード不可/サなし [アクセス]JR京浜東北線、東急大井町線ほか大井町駅西口から徒歩約4分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3471-5689
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「成蔵 (ナリクラ)」の「シャ豚ブリアンかつ」はヒレでおすすめは1頭から約3人分しか取れない真ん中の希少部位を使う。[交]JR線ほか高田馬場駅戸山口から徒歩2分 ※ランチタイム有
早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。
2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。
銀座の路地にある小さなビルの階段を降りると、天井がやや低く、どこか懐かしい雰囲気のお店に到着。厨房真ん中の真鍮製の鍋では、注文のたびに衣をまとったカツやエビが入れられ、ジュワ~ッと心地よい音が響く。
『かつ吉』(水道橋)|骨董に囲まれた広い古民家のような内装の、創業56年を迎える老舗とんかつ屋が出す「替わりカツ丼」は、まるで和風ビビンパのような趣き。150℃前後の低温でじっくりと揚げたカツを醬油ベースの特製ダレにくぐらせ、上からとろろをかけている。
新型コロナウィルス蔓延防止の自粛中は、毎日掃除の日々(笑)。 そうしたら、BBQ以外では使ったことがないスキレットが出てきました! お店は閉まっているので、自宅でスキレット使ってためしてみま~す~。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt