MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
【閉店】メンチケン|異なる素材が5種類! 魅惑のメンチカツ専門店(メンチカツ/神田)

【閉店】メンチケン|異なる素材が5種類! 魅惑のメンチカツ専門店(メンチカツ/神田)

「安心・安全」にこだわり、ほとんどの食材で国内産を使用するメンチカツ専門店。1番人気の看板商品は和牛100%メンチ 380円。メンチケン[交]JR中央線など神田駅南口から徒歩4分 ※ランチタイム有

【閉店】メンチケン(最寄駅:神田駅)

夜は、和食店とイタリアンで修業を積んだ店主による一品料理が並ぶ。 メンチカツは、細かめに挽いた肉をしっかりと練っており、素材の旨みが凝縮。粗めの生パン粉を使用するが、コーン油で軽やかに揚げられているので、何個でも食べたくなってしまう。 店主がひとりで調理するため、メンチが揚がるまでは時間を少し要することもあるので、タパスなどを先に頼むのがオススメ。ランチは、米切れで早仕舞いする日もあるため要注意。

和牛100%メンチ
380円

北海道産和牛の旨みが堪能できるメンチは、塩・コショウをベースとしたシンプルな味付けで1番人気の看板商品。添えられたホースラディッシュの香りがますます食欲をそそる

じゃぶ漬けメンチカツ丼(特製正油ダレ)
780円※スープ・キャベツ付き

メンチは150gと食べ応え充分のボリューム。メンチの味わいを引き出すため、甘みと酸味が一体化したタレにくぐらせる。クセになる味わいに女性客でもペロリと完食するそう

メンチケンサラダ
600円

生のホウレンソウがたっぷりで、秘伝のタレで炒めた挽き肉が全体の味わいをまとめている

もち豚とハーブのメンチ
380円

オレガノやフェンネルなどの風味が生き、ブランデーがほんのり香る。店主曰く「ソーセージのつもりで作った」という一品。粒マスタードが添えられている

地鶏のメンチ ゆずコショー風味
380円

しっとりとした地鶏に、自家製柚子胡椒がピリリとアクセントになっている。鶏肉の甘みとのコントラストに、一度食べるとヤミつきになる。自家製柚子胡椒付き

ラム肉のメンチ
380円

ラムの香りがしっかりと生きているメンチ。自家製のミントソースをつけると、ラム肉特有のクセがなくなりながらも肉の旨みだけが残るという不思議なバランスが魅力だ

100%エビメンチ
380円

芝エビのプリンとした食感を残し、つなぎにもエビを使用した正真正銘のエビ100%。ネギ、ショウガとナンプラーの香りがあと引く2番人気。和辛子とマヨネーズを添えて

メンチケン

東京都千代田区神田紺屋町6 紳洋ビル1階 ☎03-3527-1566 [営]11時半〜14時LO、17時半〜22時半(22時LO) [休]土・日・祝 [席]カウンター8席、2名×1卓 計10席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし [交]JR中央線など神田駅南口から徒歩4分

電話番号 03-3527-1566
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
カウンターで揚げたてが提供される天婦羅ランチが1500円。銀座の中心地とは思えない手頃な価格は、「小さい店舗で、多くの人に来ていただけるよう席の間隔を狭くしたり、市場に通って安くていい魚を探したりしているから」という二代目店主の奥村仁さん。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
明太子の名店、福岡の『やまや』が営む天ぷら店。全席に揚げたてが運ばれる博多スタイルを踏襲し、東京ではあまり見かけない鶏肉の天ぷらが食べられる。
明るく丁寧な接客が評判の天ぷら屋。加藤料理長のモットーは「料理を作るのは、幸せを作るのと同じこと」。
「てんぷら 山の上」で評判の“天ばら”(かき揚げをほぐし、ご飯と和えたもの)を海苔巻きにしたこの逸品は、銀座店のみで購入可能。かき揚げの具材はホタテ、車エビ、季節の野菜。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
長い玉子焼きを、キューブ状にカットして食べやすくした商品。ほんのりささやかな甘みの中に、風味豊かな青海苔が混ぜ込まれ、後味はさっぱり爽やか。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt