MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】メンチケン|異なる素材が5種類! 魅惑のメンチカツ専門店(メンチカツ/神田)

【閉店】メンチケン|異なる素材が5種類! 魅惑のメンチカツ専門店(メンチカツ/神田)

「安心・安全」にこだわり、ほとんどの食材で国内産を使用するメンチカツ専門店。1番人気の看板商品は和牛100%メンチ 380円。メンチケン[交]JR中央線など神田駅南口から徒歩4分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】メンチケン|異なる素材が5種類! 魅惑のメンチカツ専門店(メンチカツ/神田)の画像をチェック! navigate_next

【閉店】メンチケン(最寄駅:神田駅)

夜は、和食店とイタリアンで修業を積んだ店主による一品料理が並ぶ。 メンチカツは、細かめに挽いた肉をしっかりと練っており、素材の旨みが凝縮。粗めの生パン粉を使用するが、コーン油で軽やかに揚げられているので、何個でも食べたくなってしまう。 店主がひとりで調理するため、メンチが揚がるまでは時間を少し要することもあるので、タパスなどを先に頼むのがオススメ。ランチは、米切れで早仕舞いする日もあるため要注意。

和牛100%メンチ
380円

北海道産和牛の旨みが堪能できるメンチは、塩・コショウをベースとしたシンプルな味付けで1番人気の看板商品。添えられたホースラディッシュの香りがますます食欲をそそる

じゃぶ漬けメンチカツ丼(特製正油ダレ)
780円※スープ・キャベツ付き

メンチは150gと食べ応え充分のボリューム。メンチの味わいを引き出すため、甘みと酸味が一体化したタレにくぐらせる。クセになる味わいに女性客でもペロリと完食するそう

メンチケンサラダ
600円

生のホウレンソウがたっぷりで、秘伝のタレで炒めた挽き肉が全体の味わいをまとめている

もち豚とハーブのメンチ
380円

オレガノやフェンネルなどの風味が生き、ブランデーがほんのり香る。店主曰く「ソーセージのつもりで作った」という一品。粒マスタードが添えられている

地鶏のメンチ ゆずコショー風味
380円

しっとりとした地鶏に、自家製柚子胡椒がピリリとアクセントになっている。鶏肉の甘みとのコントラストに、一度食べるとヤミつきになる。自家製柚子胡椒付き

ラム肉のメンチ
380円

ラムの香りがしっかりと生きているメンチ。自家製のミントソースをつけると、ラム肉特有のクセがなくなりながらも肉の旨みだけが残るという不思議なバランスが魅力だ

100%エビメンチ
380円

芝エビのプリンとした食感を残し、つなぎにもエビを使用した正真正銘のエビ100%。ネギ、ショウガとナンプラーの香りがあと引く2番人気。和辛子とマヨネーズを添えて

メンチケン

東京都千代田区神田紺屋町6 紳洋ビル1階 ☎03-3527-1566 [営]11時半〜14時LO、17時半〜22時半(22時LO) [休]土・日・祝 [席]カウンター8席、2名×1卓 計10席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし [交]JR中央線など神田駅南口から徒歩4分

電話番号 03-3527-1566
2016年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
コースの幕開けに差し出される活エビの、ピンッと開いた尾扇まで何と美麗なこと。飾り包丁でシャレた装いのナスはみずみずしさを内に秘め、捌きたての穴子は醤油、塩、天つゆの味の変化で楽しませる。
様々な飲食店が集まる博多に、初の専門店がオープン。それはアジフライ。お昼は定食一本という力の入れようで、実は早くも行列ができるほど人気を集めている。その秘密を探った。
創業130年以上の歴史におごることなく挑戦を惜しまない5代目の飯田さん。十数年前に考案した「かきあげあんかけ天丼」がじわじわ人気沸騰中だ。
「天ぷらは揚げ手の心が表れる」とは創業92年の看板を守る店主、鈴木さんのお言葉。刻々と変わる素材、衣、油の状態を把握し、常に同じ仕上がりになるよう仕事を施すのが先代からの教えだ。
最新記事
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「ホルモンしま田」。前回に引き続き、飲食店系Youtuber。肉のプロならではのレシピや実験・検証動画がすこぶる面白いという。チャンネル登録者数も急上昇です!
この連載では、20年ほど前、世界一周の旅の途中で体験した「へんな夜」について綴っています。ドレーク海峡編に続き、第2夜はルーマニアの民家で見た驚きのベッドルームについて前編・後編に分けてお届けします。
釧路の長昆布、原木シイタケ、枕崎産の本枯節を厚削りにし、約10時間かけて旨みを抽出したダシが味の肝。三輪素麺や小豆島のオリーブ素麺など各地のそうめんやオリジナリティ全開のフォーがいただけて、ダシ好き、麺好きの私は舌と心を鷲掴みにされてしまった。
あいがけのひと品から抜け出し、それだけですこぶる美味しいと、今、キーマカレーが人気上昇中だ。そこでキーマを味わうならここ!的な三ツ星店を集めてみました。個性あふれる味わいに悶絶必至です。
看板商品の「デミグラスソース」と、トマトの甘みと酸味のバランスが絶妙な「トマトソース」の2種のミートソースをメインに、四季ごとの季節限定メニューを展開する。味のベースとなる自家製フォンは、焼き上げた牛骨と野菜から旨みを抽出して凝縮。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル