MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ジュールヴェルヌコーヒー(珈琲店/高円寺)

ジュールヴェルヌコーヒー(珈琲店/高円寺)

2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。

perm_media 《画像ギャラリー》ジュールヴェルヌコーヒー(珈琲店/高円寺)の画像をチェック! navigate_next

ジュールヴェルヌコーヒー(最寄駅:高円寺駅)

その東端にある「ジュールヴェルヌコーヒー」では、自家焙煎のコーヒー豆を販売し、併設のカフェで、焙煎されたばかりのコーヒーとスイーツを提供している。
 スペシャルティグレード(明確な生産履歴と産地特有の香味を持つコーヒー豆)を中心にした上質な生豆と、店主・小山さんの焙煎技術から生み出されるコーヒーは、コクや奥行きと、すっきりした飲み口を両立させたもの。キレのよい後味が印象に残る、飲みやすいコーヒーだ。
 使われている焙煎機はオランダ製「GIESEN」の6㎏釜。
「豆に与える時間当たりの熱量、空気の流れるスピードや圧を自在に調整できて、コントロールできる幅がすごく大きいんです」と、小山さんは惚れ込む。
 焙煎度の違う3種のブレンドに加え、5種のシングルオリジンを提供。もちろん、シングルオリジンも、豆の個性が活かされる焙煎度合でそれぞれローストされている。産地に思いを馳せるもよし、自分好みの味を探すもよし。多彩なコーヒーを楽しみたい。

時間に関する新説ブレンド
600円

中深煎りのブレンド。苦・甘・コクのバランスが◎

エチオピアイルガチェフGI(コールドブリュー)、フルーツサンド
600円、700円

すっきりと爽やかな水出しアイスコーヒー。甘さ控えめなフルーツサンドと

タンザニアAA
600円

高地産生豆の特徴を活かして深煎りに。シャープな苦みと控えめな酸味

ブレンドは3種あり、各200g/1400円~。シングルオリジンはエチオピアイルガチョフGI、グァテマラアンティグアなど約7種があり、各200g/1300円~で販売

お店からの一言

店主 小山彰一さん

「コーヒー豆(200g)購入で、コーヒー1杯サービスします!」

ジュールヴェルヌコーヒーの店舗情報

[住所]東京都杉並区高円寺北4-2-24 アールリエット高円寺A106 [TEL]03-5356-9810 [営業時間]11時半~19時 ※ランチタイム有 [休日]月(臨時休業あり) [席]カウンターあり 全14席/禁煙/予約不可/カード不可 [交通アクセス]JR中央線高円寺駅北口から徒歩8分 ※ドリンクはテイクアウト可


電話番号 03-5356-9810

2018年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
本格的な水出しコーヒーから作られた香り高い一品から、トッピングにこだわったものまで、東京でいただける個性豊かなコーヒーゼリーの逸品を紹介します。
デニムの着物を着たバリスタのいる和モダンな空間で、エスプレッソを楽しめる。豆は石川県金沢市にある人気カフェ『SUNNY BELL COFFEE』にオリジナルブレンドをオーダー。
グラッセとは、フランス料理の用語で、冷やすの意。「カフェオレ グラッセ」はアイス・カフェオレを指すが、断然、この方が洒落た響きだ。
店頭の焙煎機で自家焙煎された、オススメのコーヒー豆が壁際に10種類ほど。極力環境にやさしい栽培で、丁寧に収穫された豆を、肩肘張らずに扱っている。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。様々なYouTuberがいますが、今回紹介する方はおっさんサラリーマン! その名も大西 祐次郎。ダジャレを炸裂しつつも、実は料理を美味しそ〜うに撮る実力者なのです。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
お小遣いの少ない飲み助にとって、家呑み用ツマミとして自由に買えるナンバー1は駄菓子なのではないか! とはいえ、そのまま食べるのも大人としていかがなものか!! ライター・カーツさとうが駄菓子を使った一品料理を考案。レシピ、動画付きでお届けします。
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル