MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ジュールヴェルヌコーヒー(珈琲店/高円寺)

ジュールヴェルヌコーヒー(珈琲店/高円寺)

2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。

perm_media 《画像ギャラリー》ジュールヴェルヌコーヒー(珈琲店/高円寺)の画像をチェック! navigate_next

ジュールヴェルヌコーヒー(最寄駅:高円寺駅)

その東端にある「ジュールヴェルヌコーヒー」では、自家焙煎のコーヒー豆を販売し、併設のカフェで、焙煎されたばかりのコーヒーとスイーツを提供している。
 スペシャルティグレード(明確な生産履歴と産地特有の香味を持つコーヒー豆)を中心にした上質な生豆と、店主・小山さんの焙煎技術から生み出されるコーヒーは、コクや奥行きと、すっきりした飲み口を両立させたもの。キレのよい後味が印象に残る、飲みやすいコーヒーだ。
 使われている焙煎機はオランダ製「GIESEN」の6㎏釜。
「豆に与える時間当たりの熱量、空気の流れるスピードや圧を自在に調整できて、コントロールできる幅がすごく大きいんです」と、小山さんは惚れ込む。
 焙煎度の違う3種のブレンドに加え、5種のシングルオリジンを提供。もちろん、シングルオリジンも、豆の個性が活かされる焙煎度合でそれぞれローストされている。産地に思いを馳せるもよし、自分好みの味を探すもよし。多彩なコーヒーを楽しみたい。

時間に関する新説ブレンド
600円

中深煎りのブレンド。苦・甘・コクのバランスが◎

エチオピアイルガチェフGI(コールドブリュー)、フルーツサンド
600円、700円

すっきりと爽やかな水出しアイスコーヒー。甘さ控えめなフルーツサンドと

タンザニアAA
600円

高地産生豆の特徴を活かして深煎りに。シャープな苦みと控えめな酸味

ブレンドは3種あり、各200g/1400円~。シングルオリジンはエチオピアイルガチョフGI、グァテマラアンティグアなど約7種があり、各200g/1300円~で販売

お店からの一言

店主 小山彰一さん

「コーヒー豆(200g)購入で、コーヒー1杯サービスします!」

ジュールヴェルヌコーヒーの店舗情報

[住所]東京都杉並区高円寺北4-2-24 アールリエット高円寺A106 [TEL]03-5356-9810 [営業時間]11時半~19時 ※ランチタイム有 [休日]月(臨時休業あり) [席]カウンターあり 全14席/禁煙/予約不可/カード不可 [交通アクセス]JR中央線高円寺駅北口から徒歩8分 ※ドリンクはテイクアウト可


電話番号 03-5356-9810

2018年7月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昭和50年創業の喫茶店で提供されるコーヒーゼリーは、見た目からして唯一無二の逸品。コーヒーゼリーに使うのは、深煎りのモカフレンチ。
本格的な水出しコーヒーから作られた香り高い一品から、トッピングにこだわったものまで、東京でいただける個性豊かなコーヒーゼリーの逸品を紹介します。
デニムの着物を着たバリスタのいる和モダンな空間で、エスプレッソを楽しめる。豆は石川県金沢市にある人気カフェ『SUNNY BELL COFFEE』にオリジナルブレンドをオーダー。
グラッセとは、フランス料理の用語で、冷やすの意。「カフェオレ グラッセ」はアイス・カフェオレを指すが、断然、この方が洒落た響きだ。
最新記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。
「江戸っ子は屋台で寿司をつまんだ後、帰り際に暖簾で手を拭いて店を後にしたそうです。なので暖簾の汚れっぷりが、旨い店の判断基準だったとか」。と、話してくれたのは『挙母鮨』の星野店長。
get_app
ダウンロードする
キャンセル