MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ジュールヴェルヌコーヒー(珈琲店/高円寺)

ジュールヴェルヌコーヒー(珈琲店/高円寺)

2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。

ジュールヴェルヌコーヒー(最寄駅:高円寺駅)

その東端にある「ジュールヴェルヌコーヒー」では、自家焙煎のコーヒー豆を販売し、併設のカフェで、焙煎されたばかりのコーヒーとスイーツを提供している。
 スペシャルティグレード(明確な生産履歴と産地特有の香味を持つコーヒー豆)を中心にした上質な生豆と、店主・小山さんの焙煎技術から生み出されるコーヒーは、コクや奥行きと、すっきりした飲み口を両立させたもの。キレのよい後味が印象に残る、飲みやすいコーヒーだ。
 使われている焙煎機はオランダ製「GIESEN」の6㎏釜。
「豆に与える時間当たりの熱量、空気の流れるスピードや圧を自在に調整できて、コントロールできる幅がすごく大きいんです」と、小山さんは惚れ込む。
 焙煎度の違う3種のブレンドに加え、5種のシングルオリジンを提供。もちろん、シングルオリジンも、豆の個性が活かされる焙煎度合でそれぞれローストされている。産地に思いを馳せるもよし、自分好みの味を探すもよし。多彩なコーヒーを楽しみたい。

時間に関する新説ブレンド
600円

中深煎りのブレンド。苦・甘・コクのバランスが◎

エチオピアイルガチェフGI(コールドブリュー)、フルーツサンド
600円、700円

すっきりと爽やかな水出しアイスコーヒー。甘さ控えめなフルーツサンドと

タンザニアAA
600円

高地産生豆の特徴を活かして深煎りに。シャープな苦みと控えめな酸味

ブレンドは3種あり、各200g/1400円~。シングルオリジンはエチオピアイルガチョフGI、グァテマラアンティグアなど約7種があり、各200g/1300円~で販売

お店からの一言

店主 小山彰一さん

「コーヒー豆(200g)購入で、コーヒー1杯サービスします!」

ジュールヴェルヌコーヒーの店舗情報

[住所]東京都杉並区高円寺北4-2-24 アールリエット高円寺A106 [TEL]03-5356-9810 [営業時間]11時半~19時 ※ランチタイム有 [休日]月(臨時休業あり) [席]カウンターあり 全14席/禁煙/予約不可/カード不可 [交通アクセス]JR中央線高円寺駅北口から徒歩8分 ※ドリンクはテイクアウト可


電話番号 03-5356-9810

2018年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
コーヒー豆の旨みを凝縮したエスプレッソを、アイスで飲むなら? 薄めて冷やしたアメリカーノもいいが、トニックと合わせるのも涼やかだ。
近隣のコーヒー好きはもちろん、最近では外国人観光客も訪れる注目のロースタリーカフェ。コーヒーゼリーには、店で最も深煎りの「ウマヤブレンド」をウォータードリップで抽出したものを使用。
ひと口で、グラス半分を飲み干してしまった。「本日のコーヒー アイス ルワンダ」はフレッシュな酸味と栗に似た甘さでグイグイいける。
鬼子母神参道に位置する落ち着いた佇まいの喫茶店は、手塚治虫とゆかりのある建物・並木ハウス別館を改装したもの。コーヒーゼリーは香りとコクのバランスがいいコロンビアと、香りの強いジャワロブスタを独自ブレンド。
名物の分厚いホットケーキと並び、密かにファンが多いのがパフェ。なかでも旬のフルーツの美味しさにこだわった季節のパフェは格別。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt