MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
キッチン さくらい|正統派洋食のエッセンスがひと皿に(洋食/御徒町)

キッチン さくらい|正統派洋食のエッセンスがひと皿に(洋食/御徒町)

キッチン さくらいは「厳選洋食さくらい」の姉妹店としてオープン。ハーフサイズのメニューが豊富に揃い、ハーフを頼んでいろいろ食べる客も多いそう。JR山手線ほか御徒町駅南口から徒歩1分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》キッチン さくらい|正統派洋食のエッセンスがひと皿に(洋食/御徒町)の画像をチェック! navigate_next

キッチン さくらい(最寄駅:御徒町駅)

「きちんとした洋食をカジュアル、リーズナブルに楽しんでもらいたい」という思いから、2010年10月『厳選洋食さくらい』の姉妹店としてオープン。 ハーフサイズのメニューが豊富に揃い、洋食の定番「オムライス」(1300円。ハーフ650円)や人気の「ナポリタン」(1000円。ハーフ500円)など。 
メンチカツは、サクッとした衣の食感、パテはナツメグがきいており、“肉”がしっかり、どっしりと感じられる逸品だ。

メンチカツ
1050円(ハーフサイズは525円)

炒め玉ねぎの甘み・コクと、生玉ねぎのシャキシャキ感が楽しめる。ウスターソースと温かいデミグラスソースが供されるのもポイント

特製デミグラスソースのタンシチュー
2600円

ベースとなるデミグラスソースは、料理により味付けを絶妙に変えているが、最も基本のものが味わえるのがシチュー類。柔らかなタンに頰がとろけるようだ

ビーフオムライス(トマトソース)
1300円

ポルチーニ茸とマッシュルーム、バターの芳醇な香りがたまらない。なかのご飯はデミグラスソースで仕上げている

キッチン さくらい

東京都台東区上野3-27-3 ハトヤビル3 6階 ☎03-6240-1648 [営]11時半〜15時(14時半LO)、17時半〜22時45分(22時LO)、土11時半〜22時45分(22時LO)、日11時半〜21時45分(21時LO) [休]無休 [席]カウンター12席、2席×3席、4名×2卓、8名用個室 計34席※15〜35名用の貸し切りスペース有/全席禁煙※テラス席は喫煙可/カード可/予約可/サなし [交]JR山手線ほか御徒町駅南口から徒歩1分

電話番号 03-6240-1648
2016年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
1977年開業のカジュアルイタリアン。一度聞いたら忘れられない店名は、オランダにある実在の地名である。
容姿端麗なカツは着飾った憧れのお姉さんといった風情か。遠山シェフの故郷、熊本の天草ポークを使い、瑞々しさをキープするためオーダー後に塊肉から切り出して調理する。
清潔な調理場とコックの働きを見て、「(これなら、うまいだろう)と、おもい、私は入って見たわけだが、期待は裏切られなかった。」と著書に記したのが池波正太郎。まさにその通り、何を食べてもたいそう旨いのである。
戦後まもなく屋台の飴屋からスタートし、洋食に転向しておよそ半世紀。大塚っ子に愛される味は気取らず変わらず健在だ。
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
最新記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。
「江戸っ子は屋台で寿司をつまんだ後、帰り際に暖簾で手を拭いて店を後にしたそうです。なので暖簾の汚れっぷりが、旨い店の判断基準だったとか」。と、話してくれたのは『挙母鮨』の星野店長。
get_app
ダウンロードする
キャンセル