MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
焼鶏 うぐいす(焼き鳥・鶏料理/神楽坂)

焼鶏 うぐいす(焼き鳥・鶏料理/神楽坂)

この店の真骨頂を知るならば、まずはコースを注文したい。和食で経験を積んだ店長が腕によりをかけた前菜や一品料理は、食材の滋味を引き出した繊細な味わい。

perm_media 《画像ギャラリー》焼鶏 うぐいす(焼き鳥・鶏料理/神楽坂)の画像をチェック! navigate_next

焼鶏 うぐいす(最寄駅:飯田橋駅)

前菜から食事まで感動続きの焼鳥コースお供はワインで決まり!

割烹さながらの出来映えだ。内容はその時々で変わるが、写真の「かぐらコース」では、とうもろこしのムースや真牡蠣のオイル漬けからはじまり、ヴィネグレットソースでいただく旬野菜のグリルに鶏のパテと、洋のテイストもたくみに取り入れている。約100種類も揃えるフランス産を中心としたワインとのペアリングを楽しむのもいいだろう。気分が充分盛り上がったところで登場するのがメインの焼鳥だ。肉質の柔らかな大山どりを紀州備長炭で炙れば、鮮度抜群の瑞々しい身からジューシーな肉汁があふれ出す。カウンター12席のみという店内の贅沢な設えも料理に華を添えてくれる。

かぐらコース
5616円

箸休めは北海道産フルーツトマトのお浸しで、食事は土鍋炊きの鶏山椒ご飯。鳥一品のパテは6種の部位を使い多重な旨みと食感を生んでいる

焼き鳥

比内地鶏のレバーや網脂で巻いて肉汁を閉じこめたつくね、スダチの皮を振ったセセリなど。梅シソ入りの大根おろしで食すのもいい

白レバーのムース
756円

上質な白レバーの豊かなコクを堪能できる

お店からの一言

店長 杉政 明さん

「2軒目でしたら、アラカルトでどうぞ!」

焼鶏 うぐいすの店舗情報

[住所]東京都新宿区神楽坂4-3-11 神楽坂つなしょうテラス3階 [TEL]03-6265-0759 [営業時間]17時~24時(23時LO) [休日]日・祝 [席]カウンターのみ、全12席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代540円別 [交通アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩3分


電話番号 03-6265-0759

2018年9月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
岩手県産みちのく鶏のみずみずしさを活かし、備長炭の遠赤効果で均等に加熱して、ジューシーに焼き上げた串が名物。肉の仕入れに強いこだわりがあり、近江牛のもつ鍋、宮崎産妻地鶏のたたきなども評判だ。
揚げたてを積んだ唐揚げの山。これぞパワフルランチ!と絶叫したくなるボリュームだ。それもこれも「界隈で働くビジネスマンはもちろん、体力勝負のガテン系の職人さんも、気取らずお腹いっぱい食べてほしい」という社長の粋な心意気ゆえ。
西日暮里にある鶏料理の名店「鳥のぶ」から独立して3年。もはや根岸を代表する居酒屋と言っていい。
有名店や老舗をはじめ、焼鳥店が山のようにある銀座でも、ここは通いたくなる店の筆頭格だ。まずはもちろん大将の熟練の技が光る串物を。
世は低糖質が花盛り。でも……、いやだからこそ、炭水化物という名の背徳の美味に、より心惹かれてしまうのだ(と思う)。
最新記事
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
みなさん、お正月におせちは召し上がっていますか? お重に詰まっているのは、一つひとつにその1年の幸せを込めた意味が付いた、日本の心であるお料理たち。大切に紡いでいきたい文化の一つです。そのおせち、デパートでは早くも来年の商品が予約開始。どうするか悩んでいる方、必読ですよ。
店主・本山さんが育った町名を冠した店のイチ押しは、郷里・北海道の白2種と赤1種をブレンドした味噌ラーメン。コクある甘みにラードで炒めたニンニクと玉ネギの香ばしさがふわり漂うスープは、濃厚そうな見た目とは裏腹に、実にやさしい味わいだ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。1970年代に「柳ジョージ&レイニーウッド」を結成し、「雨に泣いてる…」などのヒットで熱狂的な人気を誇ったロック歌手でギタリストの柳ジョージ(1948~2011年)の最終回。“夜聴き”にぴったりな世界の曲を集めた『レイト・ナイト・テイルズ』シリーズが人気です。海外の有名ミュージシャンが案内人となり、オススメの楽曲を選ぶコンピレーションアルバム。今回は、日本から柳ジョージの原点とも言うべき曲が収録されました。
get_app
ダウンロードする
キャンセル