MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
BOLT(フレンチ/牛込神楽坂)

BOLT(フレンチ/牛込神楽坂)

笑っちゃうほどトリュフ山盛りのトーストに度肝を抜かれたかと思えば、これまたウニどっさりの野菜ムースの旨さに絶句。とそこへ酒場の定番、ハムカツだ。

perm_media 《画像ギャラリー》BOLT(フレンチ/牛込神楽坂)の画像をチェック! navigate_next

BOLT(最寄駅:牛込神楽坂駅)

地元が歓喜に沸いた仲田流フレンチ誕生

もうこれは異次元体験。つまりは居酒屋文化をリスペクトしつつ、あくまでも落としどころは真っ当なフレンチというスタイルなのだ。それがそんじょそこらの味じゃないのは日本の名店やフランスの星付き店などでキャリアを積んだ仲田さんだからこそ。カウンター席だけの仲田劇場、感動をアナタの舌で。

サマートリュフのチーズトースト、モルタデッラ ハムカツ
2300円、950 円

チーズトーストはラクレットとポテトを乗せたパンの上にサマートリュフを惜しげもなく

カリフラワームースと雲丹
1800円

メニューは季節により随時変わる。ムースは山形の農家から届いたカリフラワーを使用。ミョウバンをなるべく使わない上質なウニがたっぷり

油ぞーめん
800円

奄美大島の郷土料理からヒントを得た一品。イリコのダシとオリーブオイル、エシャロットの香りが見事にマッチ

ワインは約80種

お店からの一言

オーナーシェフ 仲田高広さん

「フレンチのフィルターを通して美味を発信していきたい」

BOLTの店舗情報

[住所]東京都新宿区箪笥町27 神楽坂佐藤ビル1階 [TEL]03-5579-8740 [営業時間]17時~24時 [休日]月、第2・4火 [席]カウンターのみ、全9席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、チャージ300円別 [交通アクセス]都営大江戸線牛込神楽坂駅A1出口から徒歩2分


電話番号 03-5579-8740

2018年9月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
市場では仔牛を産んだことのない未経産牛が最も価値が高いと言われている。が、果たしてそれは本物の旨さなのか? 
ミシュランで三ツ星を獲得し続ける名店の味を肩肘張らない雰囲気の中いただける。最大の魅力は旬の素材の美味しさをシンプルな調理法で引き出した料理たち。
「冬には温かい料理を何か用意しておきたいですね」という料理長横山さん。「仔牛のクリーム煮込み」も毎年のように作るという。
皿のキャンバスに配した料理はまるでアート。なんて気取ってみたら店主の椿さん、「ただ収まりよくしてるだけです(笑)」とサラリ。
滋賀の食材をメインにしたビストロで、記憶に刻まれるひと皿に出合った。それが近江牛の炭火焼き。中心温度を45℃前後に保ちつつ、炭火に乗せて、休ませてを繰り返すこと3~4回。
最新記事
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
get_app
ダウンロードする
キャンセル