MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
BOLT(フレンチ/牛込神楽坂)

BOLT(フレンチ/牛込神楽坂)

笑っちゃうほどトリュフ山盛りのトーストに度肝を抜かれたかと思えば、これまたウニどっさりの野菜ムースの旨さに絶句。とそこへ酒場の定番、ハムカツだ。

BOLT(最寄駅:牛込神楽坂駅)

地元が歓喜に沸いた仲田流フレンチ誕生

もうこれは異次元体験。つまりは居酒屋文化をリスペクトしつつ、あくまでも落としどころは真っ当なフレンチというスタイルなのだ。それがそんじょそこらの味じゃないのは日本の名店やフランスの星付き店などでキャリアを積んだ仲田さんだからこそ。カウンター席だけの仲田劇場、感動をアナタの舌で。

サマートリュフのチーズトースト、モルタデッラ ハムカツ
2300円、950 円

チーズトーストはラクレットとポテトを乗せたパンの上にサマートリュフを惜しげもなく

カリフラワームースと雲丹
1800円

メニューは季節により随時変わる。ムースは山形の農家から届いたカリフラワーを使用。ミョウバンをなるべく使わない上質なウニがたっぷり

油ぞーめん
800円

奄美大島の郷土料理からヒントを得た一品。イリコのダシとオリーブオイル、エシャロットの香りが見事にマッチ

ワインは約80種

お店からの一言

オーナーシェフ 仲田高広さん

「フレンチのフィルターを通して美味を発信していきたい」

BOLTの店舗情報

[住所]東京都新宿区箪笥町27 神楽坂佐藤ビル1階 [TEL]03-5579-8740 [営業時間]17時~24時 [休日]月、第2・4火 [席]カウンターのみ、全9席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、チャージ300円別 [交通アクセス]都営大江戸線牛込神楽坂駅A1出口から徒歩2分


電話番号 03-5579-8740

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
滋賀の食材をメインにしたビストロで、記憶に刻まれるひと皿に出合った。それが近江牛の炭火焼き。中心温度を45℃前後に保ちつつ、炭火に乗せて、休ませてを繰り返すこと3~4回。
煮込み料理は地味かもしれない。けれど地道な仕込みの手間がかけられたその味には、真の美しさが宿るのだと思う。
ワインでお肉。言うまでもなくシアワセな組み合わせだが、それをリーズナブルに満喫してもらいたいという明快さがいい。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
 昨年11月に神田から神楽坂へ移転。フランスの一流レストランで腕を磨いた大谷大三郎シェフの伝統的かつオリジナリティあふれる料理が楽しめる。
 1970年創業のイタリアン。当時は、パスタをアルデンテで出すと「麺が固い!」と怒られた時代。
まず供されるシンプルな茶碗蒸しがあまりに美味しくて夢中で平らげてしまった。期待が高まったところで、にぎりを口にすると、シャリがふんわりとほどけた。
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。
夏本番を目前にした今。湿度や気温の高さに負けないよう、元気になれる食べ物をお取り寄せしませんか?夏バテ対策や食欲のないときにオススメな逸品揃いです!カレー、うなぎ、冷たい麺、ホルモンや肉、といった人気ジャンル別に、厳選してご紹介します!
202views お取り寄せ
江戸幕府第五代将軍・徳川綱吉に仕えた川越藩藩主・柳澤吉保による大名庭園。吉保自らが設計し、元禄15年(1702)に完成させた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt